【初心者向け】ブログの書き方の9つの手順を解説|100記事書きました

ブログ

こんにちは、リュウスケです。

今日はこんな疑問に答えます↓

少し前にブログを始めたんだけど、ブログを書く際の書き方の手順がわからなくて記事を書くのに時間が掛かっています...。実際の、ブロガーの人ってどんな手順でブログを書いているのか知りたいです。

リュウスケ
リュウスケ

この記事では、実際に100記事以上ブログを書いている筆者がブログを書いていく際の書き方の9つの手順を解説しつつ、ブログの書き方は人によって変わってくることに関して解説していきます。

 

記事を最後まで読み終えることで、ブログを100記事以上書いたボクがやっているブログを
書く際の手順を知ることが可能。

ブログの書き方の手順を知りたいと思っている人は是非最後までお付き合いください。

少し宣伝:これからブログを始めようと思っている人は→WordPressでブログアフィリエイトを始める方法を解説【中学生OK】の記事でブログの始め方を解説しているので、こっちも合わせてご覧ください。ブログを始める際に必要な情報は一通り記事を読めばOKです。

 

1:ボクがブログを書く際の手順は以下のとおりです

以下のとおり↓

  • 手順1:ネタを決める
  • 手順2:狙うキーワードを決める
  • 手順3:記事のタイトルを決める
  • 手順4:記事のパーマリンクを決める
  • 手順5:記事の見出しを決める
  • 手順6:記事の本文を書く
  • 手順7:記事のディスクリプションを書く
  • 手順8:記事内にアフィリエイトリンクを入れる
  • 手順9:記事内に挿入する画像を探す
  • 手順10:記事の装飾をする

 

1つずつ詳細な手順を解説していきます。

 

手順1:記事のネタを決める

 

まずは、ブログを書く際にはどんな内容の記事を書くのかネタを決めましょう。

基本的に「ブログを書こう!!」と思っても、記事のネタが決まっていないと見出しも本文も
書けないはずなので、まずは記事のネタを決めるのが大事です。

 

逆に言うと、「ネタが決まらない=記事を書けない」にも繋がるのでネタ切れすると本当に
大変で挫折しそうになることもあるので、ここは割と重要な点の1つ。

記事のネタを決める段階でつまづくことも初心者の頃には多いと思います。

 

で、例を出しておくとブログ関係のネタだとこんな感じですね↓

  • ブログを始めたいと思っている人向けに、ブログの始め方を記事にする
  • ブログで稼ぐ仕組みを知りたいと思っている人向けに、ブログで稼ぐ仕組みを記事にする
  • ブログで稼ぐ際にどのASPと契約すれば良いのか迷っている人向けにオススメASPを紹介する

 

こんな感じで、ネタを探すときはどんな人がどんな悩みを持っているのかを考えつつネタを
探していくのがオススメ。

リュウスケ
リュウスケ

その方が読者の悩みや不安、疑問に思っていることを解消できるような内容になるので、自然と質の高い読者目線の記事を書けるようになります。

 

どうせ記事を書くなら読者の役に立つ内容が良いですよね。

手順2:狙うキーワードを決める

 

書く記事のネタを決めたら狙うキーワードを決めましょう。

ブログ記事のネタを決めて記事を書いたとしても、ブログがGoogleなどの検索エンジンで
検索上位を獲得できないとほとんどアクセスが来なくて伸び悩みます。

 

まぁ、SNSで拡散された場合は例外ですが、それも安定したアクセスは見込みずらいですし、
収益を得るという面ではSEO対策は重要な点の1つ。

その中でも「キーワードの選定」←は重要で、キーワードを意識しないで記事を書いていると、
自分が書いた記事がGoogleで評価されない的なことにも繋がるので要注意。

 

で、キーワード選びの具体例として、ブログの始め方の記事だったらこんな感じ↓

  • ブログ 始め方
  • ブログ 開設方法

 

などのキーワードが狙えるはず。なので、こんな感じで自分が書く記事に関連したキーワードの
中で、どのキーワードを狙って記事を書くか決めましょう。

リュウスケ
リュウスケ

自分が書く予定の記事と似た記事が、どんなキーワードで書かれていることが多いのかを事前に調べてみるのもキーワード選定では割と重要です。

 

キーワード選定は地味な作業ですが、ブログを伸ばしていく上では割と重要な部分なので、
ここを軽視するのはあまりオススメできません。

手順3:記事のタイトルを決める

 

記事で狙うキーワードが決まったら記事のタイトルを決めます。

記事のタイトルは、記事で狙うキーワードが決まっているのでタイトルの中にキーワードを
入れる感じで決めればそこまで難しくは無いかなと。

 

例えば狙ったキーワードが「ブログ 始め方」だとこんな感じ↓

  • ブログの始め方→WordPressを使ったブログの始め方を解説します【初心者向け】

 

こんな感じで、記事のタイトルの中に狙ったキーワードを含めるようにしましょう。

上の場合はタイトルの中に「ブログ 始め方」←の狙ったキーワードが入っているので、この
キーワードで検索した人に向けた感じのタイトルになっています。

 

記事のタイトルはGoogleの検索でMAX表示されるのが全角32文字なので、その32文字以内で
付けるようにするのがオススメ。

リュウスケ
リュウスケ

あと、記事のタイトルを見た人がクリックしたいと思うようなタイトルにできれば最高ですが、初心者の頃はそこまで気にしなくて良いかなと思っています。

 

あまり気にしすぎると記事が書けなくなる事にも繋がりかねないので「将来的には」的な感じで
覚えておくと良いですね。

手順4:記事のパーマリンクを決める

 

記事のタイトルを決めたら、次に記事のパーマリンクを設定しましょう。

記事のパーマリンクはブログのドメインの後に表示されるURLの一部のことで、この記事の
パーマリンクは「blog-procedure」←になっています。

 

デフォルトだと、たぶん「post-2683」みたいな感じのパーマリンクになっているはずですが、
このパーマリンクはあまり良くないんですよね...。

リュウスケ
リュウスケ

なぜなら、SEO面の関係でパーマリンクはデフォルトのものではなく、記事の内容に関連したパーマリンクの方が評価されやすいから。

 

なので、パーマリンクは記事に関連したものにするのがオススメ。具体的にはこんな感じ↓

  • ブログの始め方の記事→blogstart
  • ブログで稼ぐ方法の記事→blog-earn

 

みたいな感じです。パーマリンクは記事の内容のメインの部分を英語にしておけば、SEO面で
評価されやすいですし、パーマリンクも決まりやすいのでオススメ。

SEO面にもかかわってくる部分なのでパーマリンク設定は意識した方が良い点の1つです。

手順5:記事の見出しを決める

 

記事のタイトルを決めたら記事の見出しを決めていきましょう。

ブログを書く際に、いきなり本文から書くよりも見出しを用意しておいた方が、どの部分で
何に関してを書けば良いかが明確になるので記事を書きやすくなります。

 

特に、見出しを始めに決めておくことで記事内の話が脱線しずらくなるメリットもあるので、
その点でも本文を書く前に見出しを決めておくのが良いですね。

記事の型が決まるので読者もストレスなく記事を読めます。

 

見出しは基本的にはH2の大見出し、H3の中見出しをそれぞれ使っていきましょう。

主には記事の中で解説するテーマを2~3個用意して、そのテーマにH2の大見出しを付けて、
そのテーマに関する深掘りのH3の中見出しを1つのH2ごとに3~5個用意するのが良いかなと。

リュウスケ
リュウスケ

ただ、適切な見出しの数は記事の内容によっても変わってくるので一概に「○○個が正解」と言えないのが現実です。

 

いずれにせよ、見出しを先に設置することでブログを書く際に記事をスラスラ書けるメリットが
あるので見出しは本文を書く前に決めておくのがオススメ。

手順6:記事の本文を書く

 

記事の見出しを決めたら記事の本文を書いていきましょう。

ここがブログを書いていく上ではメインと言っても良い部分ですが、いきなりここから始めると
記事を書くのが本当に大変なのでタイトルや見出しを決めてから本文を書く感じです。

 

恐らく、ブログを1記事書く上で記事の本文を書くのが一番時間が掛かる部分だと思います。

リュウスケ
リュウスケ

ただ、最初に見出しを決めておくことで書くテーマが見出しで決まっているので、それぞれの見出しに書いてある部分に関連した本文を書いていけばOK。

逆に見出しが決まっていない場合は、何から書いていけば良いのかが分からなくなって本文を
書く際に行き詰ってしまう可能性があるんですよね...。

 

記事の本文では読者が見やすいような感じで、箇条書きにしたりボックスを使うなどの読者が
飽きないような工夫をしつつ書いていくのが良いかなと。

その方が、読んでいてストレスも感じにくいと思うのでオススメです。

手順7:記事のディスクリプションを書く

 

本文を書き終わったら記事のディスクリプション(抜粋文)を書いていきます。

記事のディスクリプションは、Googleなどの検索エンジンで検索結果に記事が表示された際の
記事のタイトルの下に表示される記事の抜粋文のことです。

 

ディスクリプションは読者が記事を読みたくなるような内容にするのが理想ですが始めの頃は↓

  • どんな人向けなのか?
  • 何に関する内容の記事なのか?
  • クリックを促す文

 

の3つを組み合わせたディスクリプションにするのがオススメ。

これだと、「○○な人向けに○○を解説します。○○を知りたい人は是非ご覧ください」的な
文章を作っていきやすいので良いですよね。

なお、Googleの検索エンジンで表示されるメタディスクリプションの文字数はMAX120文字前後なので、ブログ記事のメタディスクリプションも120文字前後で書いておくのがオススメです。

 

ディスクリプションが途切れているよりも綺麗に文字数が揃っている方が良いです。

その方が内容が途切れることが無いので読者から見て良い印象を持たれるはずなので。

手順8:記事内にアフィリエイトリンクを入れる

 

次に記事の中にアフィリエイトリンクを入れておきましょう。

この作業に関しては、アフィリエイトリンクを入れる必要のない記事の場合は飛ばしてもOKな
作業ですが、何らかの商品を紹介する場合は必要な作業の1つですね。

 

アフィリエイトリンクはASPの商品リンクのページから紹介する商品のアフィリエイトリンクを
コピーしてブログに張り付けましょう。

時間的には数分で完了する作業なのでそこまで難しくはありません。

 

アフィリエイトリンクを通じて商品が買われたり、何らかの無料体験などに申しまれるなどの
読者が何らかの行動を起こしたら自分に紹介報酬が入ります。

ブログを収益化しようと思っているなら基本的に必ず入ってくる作業の1つですね。

ちなみに、記事の中に内部リンクを入れる場合もこの場面でやっています。オススメ記事の紹介だったりリンク関係はこの段階で済ませる感じですね。

 

手順9:記事内に挿入する画像を探す

 

次に記事の中に挿入する画像を探しましょう。

画像はネット上で適当に探していると、著作権とかで犯罪になるのでフリーの画像素材サイトを
使って画像を用意するようにしましょう。

 

ちなみに、このブログで使っている画像のほとんどはCanvaからインストールした画像です。

ですがフリーの画像サイトはCanava以外にも↓

 

などなど、数多く種類があるのでそれらの画像を使うのが良いかなと。
記事を書いたら画像を(2~5枚ぐらい)をインストールして、記事の中に挿入すればOKです。

リュウスケ
リュウスケ

画像は基本的にH2見出しの下に入れる感じなので、基本的には1つの記事のH2見出しの数とアイキャッチの1枚をインストールする感じですね。

 

画像選びにこだわるタイプの人であれば、画像選びに30分ほど時間が掛かることもありますが、
そこまで画像選びにこだわらない場合は10分ぐらいで完了する作業です。

手順10:記事の装飾をする

 

最後に記事の装飾をしていきましょう。

記事の装飾は本文を書いていく段階でやっても良いんですが、ボクの場合は最後にやります。
で、その際に記事に誤字脱字が
無いかを確認しつつ記事の装飾をやっていく感じですね。

 

装飾がされていない記事だと、ワンパターンな感じで読者が飽きて離脱に繋がりかねないので、
できるだけ邪魔にならない範囲で装飾をしておくのがオススメ。

記事の装飾の具体例としてはこんな感じです↓

  • 文字を太字にする
  • アンダーラインマーカーを入れる

 

みたいな感じで、流し読みしてもわかりやすいように重要な部分を強調する感じです。

基本的にブログに来た読者は記事を流し読みすることが多いです。なので、ブログ記事内の
重要な部分を読者が見落とすことの無いように重要な部分は色を付けたり太字にするなどで
読者に優しい記事にしましょう。

 

簡単なまとめ

以上が、ボクがブログを書く際にやっているブログを書く際の手順でした。

もう一度まとめておくと以下のとおり↓

  • 手順1:ネタを決める
  • 手順2:狙うキーワードを決める
  • 手順3:記事のタイトルを決める
  • 手順4:記事のパーマリンクを決める
  • 手順5:記事の見出しを決める
  • 手順6:記事の本文を書く
  • 手順7:記事のディスクリプションを書く
  • 手順8:記事内にアフィリエイトリンクを入れる
  • 手順9:記事内に挿入する画像を探す
  • 手順10:記事の装飾をする

 

基本的にブログを書く際は記事の型が決まってた方が、作業がテンプレート化されるので、
効率よく書き進めることが可能です。

 

逆に言うと、ブログを書く際に記事を書く流れが決まっていないと、1記事書くのにもかなりの
時間が掛かるので記事を書く際の流れは決めておいた方が良いんですよね...。

リュウスケ
リュウスケ

そのため、ブログを書く際の流れが決まっていなくて、1記事書くのに時間が掛かっている人はこの記事で紹介した上の流れを使ってみるのが良いかなと。

 

ただ、この手順はボクがブログを書いていく上でやりやすいと思った流れなので、人によっては
やりづらく感じることもあるかもです。

その辺の最適な手順は人によって変わってくるのが現実なので、ここからはそれに関してを
少しですが深掘りしつつ解説していきます。

2:でも、手順は人それぞれ変わってくるのが現実

ここまで、ボクがブログを書いていく10の流れを解説してきました。

ですが、ブログを書く際の最適な手順は人によって変わってくるので、本来は人の手法を完全に
コピーするのではなく、自分に合った手法を選んで書いていくのがオススメ。

 

少し深掘りしていきますね。

自分に合った手順は人によって変わります。

 

まぁ、当たり前なんですがブログを書く際に効率よく書ける手順は人によって変わるのが現実。

なぜなら、人によって性格が違うのが当たり前なように、人によってブログを書く際の流れも
向き不向きがあって当然だから。

 

なので、この記事はボクがブログを書く際に効率よく書ける手順を紹介したまでで、この流れを
そのまま真似しても人によってはあまり効率よく書けないこともあります。

リュウスケ
リュウスケ

そのため、この記事で紹介したやり方が合わない人も多くいるでしょうし、逆にこの記事で書いたやり方がピッタリ合っているタイプの人もいるはず。

 

その点を考えると1つのブログに書いてあった「ブログを書く際の手順はこれが正しい!!」的な
感じで見るのはあまり良くない考え方ですよね...。

理由は、思考停止しているからです。

思考停止しないで自分に合った流れを選びましょう

 

なので、ブログを書く際の流れは他者のやり方をそのまま鵜吞みにするのではなく、自分で
いろいろ試行錯誤しつつ自分に合った流れを選ぶのが良いかと。

逆に言うと、他者のやり方を思考停止してやっていると、その手法が自分に合ってなかった際に
普通に作業効率が落ちるので良くないですよね...。

 

なので、本体はブログを書きつつ自分がどの順番で記事を書くと速く内容の濃い記事を書けるか
意識して試行錯誤しつつブログを書いていくのがオススメ。

そうすることで、自分に合ったブログを書く流れができてきます。

リュウスケ
リュウスケ

その、テンプレートとして他者の手法を使って中身をアレンジしつつ記事を書きましょう。テンプレートはこの記事でさっき紹介したので参考にしてみてください。

 

そもそも、思考停止していると今のまま現状維持でブログを書く感じになって、成長することが
見込めないので、やり方は試行錯誤しつつやるのが良いですね。

思考停止は厳禁です。

 

まとめ

以上がブログを書く際の9つの手順についてと、ブログを書く際の手順は人によって違うので、
1つの書く際の流れを鵜呑みにするのが良くない理由に関しての解説でした。

この記事が、ブログを書く際の手順を知りたかった人などの参考になったら嬉しいです。

 

おわり。

オススメ記事↓

WordPressでブログアフィリエイトを始める方法を解説【中学生OK】
WordPressでブログアフィリエイトを始めたい人向け。この記事ではWordPressでブログアフィリエイトを始める方法を中学生でもわかるように、できるだけわかりやすく解説していきます。WordPressでブログを始めたいと思っている人なら必読の内容です。
タイトルとURLをコピーしました