CodeCamp(コードキャンプ)のアプリマスターコースの特徴や料金を解説

CodeCamp

こんにちは、リュウスケです。

今日はこんな疑問に答えます↓

プログラミングを学びたくてCodeCampのアプリマスターコースを利用しようか迷っています。で、アプリマスターコースの特徴や料金が気になっているので、教えてほしい。

リュウスケ
リュウスケ

この記事では、CodeCampのアプリマスターコースの特徴や料金を解説していきます。

記事を読むことで、CodeCampのアプリマスターコースの特徴や料金を知ることが可能。

CodeCampのアプリマスターコースの特徴や料金を知りたいと思っている人は、ぜひ最後まで
お付き合いください。

 

1:CodeCampの特徴

まずは、CodeCampがどんなプログラミングスクールなのか特徴を解説していきます。

ただ、特徴と言っても幅広いので今回は以下の4つに分けて紹介します。以下のとおり↓

  • 講師の質が高い
  • 学修形態
  • 卒業後もカリキュラムを見ることが可能
  • 無料体験レッスンを受講可能

 

では、順番に見ていきましょう♪

講師の質が高い

 

講師の質が高いのもCodeCampの特徴の一つに入ってきます。

CodeCampの講師は大手ITやベンチャー勤務、起業や独立を経験した人などの、経験豊富な
現役エンジニアが
講師になっています。

 

なので、実際にエンジニアとして活躍している人からプログラミングを学ぶことが出来るので、
これからプログラミングを学びたいと思っている初心者にとっては心強いはず。

リュウスケ
リュウスケ

かつ、CodeCampの講師は選考通過率は10%の採用試験に合格して採用されていることからも技術力などが非常に高いのもメリット。

当たり前ですが、講師の質が高いとプログラミングを学んでいく上で、身に付きやすいですし
質が高い講師から学べた方が良いかなと。

このことからもわかるように受験生のレッスン満足度は96.6%。満足度を見てもCodeCampの
講師の質が高い証拠ですね♪

学修形態

 

学修形態はオンラインに特化しているのがCodeCampの特徴です。

なので、わざわざ学習のために移動する必要が無いので、無駄なく学習することが可能。
教室型のスクールだと家から教室までわざわざ通う必要があって面倒ですよね。

 

ですが、オンライン形式の学習だとそうした移動時間は必要なく、家でプログラミングを
学習することができるので無駄がありません。

リュウスケ
リュウスケ

教室型スクールだと移動時間に使う時間も、オンラインだと不要なので、その時間をプログラミング学習に使うことができるのも嬉しい点の1つ。

 

かつ、特に今みたいにコロナが流行している状況の中ではオンラインで受講できるのは非常に
嬉しいメリットの1つです。

なお、オンライン学習の場合は良くも悪くも自由に学べます。なので、サボりがちになることもあったりするので、その点は注意が必要です。

卒業後もカリキュラムを見ることが可能

 

卒業した後でもカリキュラムを見ることが出来るのがCodeCampの特徴の一つ。

プログラミングをやっていると、どうしても難しい点や分からない点が出てくることは割と
よくあるので、そうした際にカリキュラムを見返すことが可能です。

 

なので、卒業した後にプログラミングをやっていく内に難しい点や、わからない部分が出ても
カリキュラムを見返すことで解決に繋げられるのが嬉しい点の1つ。

リュウスケ
リュウスケ

スクールによっては、卒業後カリキュラムを見返すことが出来ない場合もあるので、この点はCodeCampのメリットの1つと言っても良いかなと。

 

プログラミングスクールを卒業した後でも、できることなら学習のカリキュラムを見返すことが
出来た方が嬉しいですよね♪

実際、カリキュラムを読み返すことで学習内容を思い出すこともあると思うので。

無料体験レッスンを受講可能

 

ちなみに、CodeCampでは無料体験レッスンを受けることが可能になっています。

無料体験レッスンを受けることで、CodeCampの生の雰囲気を感じることが出来るので、
無料体験レッスンがあるのは嬉しい点の一つ

 

調べてみると、無料体験レッスンでは以下の内容を受けられるみたい↓

  • 自分に合った言語とは?
  • 初心者のための挫折しない学習の進め方
  • 独学より速く、挫折しないプログラミングの学習方法
  • 未経験からエンジニア転職・フリーランスとして活躍するには?

 

見た感じプログラミングを学習する上での基礎的な知識などを学ぶ感じですね。ただ、これらの
内容を無料で受けられるのはなかなかお得。

リュウスケ
リュウスケ

かつ、この無料体験レッスンを受けることで10000円割引のクーポンを貰うことが可能。なので、CodeCampが少しでも気になっているなら申し込んでみるのがオススメ。

 

クーポンが貰えるとお得にCodeCampを利用できるので良いですよね♪

2:アプリマスターコースの特徴

次に、アプリマスターコースの特徴を紹介していきます。

以下のとおり↓

  • アプリマスターコースの学習内容
  • アプリマスターコースで身に付くスキル
  • アプリマスターコースの料金
  • アプリマスターコースの向き・不向き
  • アプリマスターコースの口コミ

 

では、順番に見ていきましょう♪

1:アプリマスターコースの学習内容

 

まずは、アプリマスターコースの学習内容を解説していきます。

以下のとおり↓

  • Java
  • Android
  • Swift

 

こんな感じで、Androidアプリを開発する際に利用されている言語のJava。iPhoneアプリを
開発する際に利用される言語のSwiftを学びます。

かつ、Androidに関する基礎的な知識を学ぶことが可能な学習内容になっているのが特徴です。

リュウスケ
リュウスケ

アプリマスターコースは、1つのコースでAndroidアプリの開発の知識と、iPhoneアプリの開発の知識を身に付けられるので学習内容が充実しているのがメリット。

 

1つのコース内で、AndroidアプリとiPhoneアプリの知識を身に着けられるのでアプリ開発に
関して幅広く学ぶことが可能です。

なお、iPhoneアプリを開発する際に利用するSwiftは開発環境のXcodeがMacのパソコンのみでしか利用することができないので要注意。

 

iPhoneアプリの開発も学びたい場合はMacのパソコンを用意して学ぶようにしてください。

2:アプリマスターコースで身に付くスキル

 

次に、アプリマスターコースで身に付くスキルを紹介していきます。

以下のとおり↓

  • ニュースリーダーアプリ
  • Googleマップを利用した地図アプリ
  • カメラアプリ
  • シンプルなSNSアプリ

 

などなど、こんな感じでアプリマスターコースでは上の4つのサービスを開発しつつ学ぶ形に
なっているので、上のサービスを開発するスキルを身に付けることが可能。

かつ、さっき紹介した学習内容を学びつつ開発する形になので、当然上で挙げたJavaなどの
言語のスキルも身に付くのがメリット。

 

かつ、プログラミングを学習する上で、実際に何かを開発しつつ学ぶのは非常に効果的です。

リュウスケ
リュウスケ

なぜなら、そもそも論としてプログラミングは何かサービスを開発するための手段であって、目的では無いから。

その点を考えると、実際にサービス(目標)を開発しつつ手段としてプログラミングを学習できる
CodeCampの学習の質の高さがわかります。

開発に成功した場合は成果物が残りますし、自信にも繋がるので良いですよね♪

3:アプリマスターコースの料金

 

次に、多くの人が気になっているであろうアプリマスターコースの料金を紹介します。

料金は学習期間によって異なっていて以下のとおり↓

学習期間 2ヶ月 4ヶ月 6ヶ月
料金(税込) 165,000円 275,000円 330,000円
入会金(税込) 33,000円 33,000円 33,000円
受講期間 60日間 120日間 180日間
レッスン回数 20回 40回 60回
週当たりのレッスン時間の目安 2~3回/週×約4週×2ヶ月 2~3回/週×約4週×4ヶ月 2~3回/週×約4週×6ヶ月
週当たりの学習時間目安 20~25時間 10~15時間 5~10時間

 

こんな感じで、2ヶ月~6ヶ月の学習期間に分かれていますが、個人的には4ヶ月プランを
選んで
学修するのがオススメ。

リュウスケ
リュウスケ

なぜなら、単純に2ヶ月だと期間が短くて学習が詰め込み気味になって挫折してしまう可能性が出てきますし、かと言って6ヶ月だと少し期間が長くてダラダラしがちだから。

なので、その点を考えると両者の間を取って4ヶ月プランを選んで学習した方が、金額的にも
学習期間的にも丁度良いです。

そのため、これらを総合的に考えた結果繰り返しですが4ヶ月プランを選ぶのがオススメ。

 

ただ、金銭的に4ヶ月プランが厳しそうな場合は、後で解説するアプリマスターコースをお得に
利用する方法を合わせて読んでみるのが良いかと。

お得にアプリマスターコースを利用する方法を知ることが可能です。

4:アプリマスターコースの向き・不向き

 

次に、アプリマスターコースの向き・不向きを紹介していきます。

アプリマスターコースは、アプリの開発を学びたい人などには非常に適したコースですが、
学習したい内容によってはアプリマスターコースの良さが十分に発揮できないのも事実。

 

なので、ここで解説するアプリマスターコースの向き・不向きをチェックして、自分にとって
アプリマスターコースが向いているのかチェックするのがオススメ。

まずは、アプリマスターコースが向いている人の特徴から。以下のとおり↓

  • スマホアプリの開発を学びたい人
  • Javaを使ったAndroidアプリの開発を学びたい人
  • オリジナルアプリを開発したい人
  • アプリ開発エンジニアになりたい人
  • スマホアプリの開発を幅広く学びたい人

 

こんな感じで、コースの名前通りスマホアプリの開発を学びたい人や、オリジナルのアプリを
開発したい人に向いているのがアプリマスターコース。

かつ、アプリマスターコースではAndroidアプリとiPhoneアプリの開発の両方を学ぶことが
できるのでスマホアプリの開発を幅広く学びたい人にも向いていますね♪

 

次に、アプリマスターコースが向いていない人の特徴です。以下のとおり↓

  • スマホアプリの開発には、あまり興味がない人
  • WEBやAIなどアプリ以外の分野の開発を学びたい人

 

などなど、こんな感じでスマホアプリの開発には、あまり興味がない人にやWEBやAIなど
アプリ開発以外の分野の開発を学びたい人には不向き。

リュウスケ
リュウスケ

というか、そもそも論としてWEBなどを学びたい場合、それに適したコースがCodeCampにはあるので、あえてアプリマスターコースを選ぶメリットも薄いのが本音。

 

その方が、自分の学習ニーズに合った形でプログラミングを学べます。

なので、WEBなどの開発を学びたい場合はアプリマスターコースでは無く、WEBの開発を
学べるWEBマスターコースなどを選ぶのがオススメです。

5:アプリマスターコースの口コミ

 

最後に、アプリマスターコースの口コミを紹介していきます。

アプリマスターコースを利用するか迷っている人にとって、実際にアプリマスターコースを
使った人の生の口コミはとても参考になるはず。

 

では、見ていきましょう↓

 

※アプリマスターコースに関する口コミを調べたところ、この1つしか見つからなかったので、
後の口コミはCodeCampの全体的な口コミです。

 

 

 

 

 

3:アプリマスターコースの注意点

最後に、アプリマスターコースを利用する際の注意点を解説していきます。

以下の2点です↓

  • MacのPCを持っていないとSwiftを利用できない
  • Androidアプリを開発する際の言語はJava

 

では、順番に見ていきましょう♪

1:MacのPCを持っていないとSwiftを利用できない

 

記事内でも少し取り上げましたが、Swiftの開発に関してはMacのPCを持っていないと利用が
出来ないので要注意です。

なぜなら、Swiftを開発する際に利用される開発環境のXcodeはパソコンのOSがMacでないと
利用することが出来ないから。

 

開発環境が利用できないことは、プログラミング言語を学習する上では致命的なので、Macの
パソコンを持ってないとSwiftを学べない点は受講の前に知っておいた方が良いですね。

リュウスケ
リュウスケ

実際「iPhoneアプリの開発を学びたい」と思ってアプリマスターコースを利用したけど、パソコンがWindowsで思うように学べなかった...」的なことも起きかねないので要注意。

なので、iPhoneアプリの開発を学びたい場合でMacのパソコンを持っていない場合は事前に
Macのパソコンを用意しておきましょう。

そうでないと、Xcodeを利用することができず、iPhoneアプリの開発はほとんど学べません。

2:Androidアプリを開発する際の言語はJava

 

もう一点、アプリマスターコースを利用する際の注意点としてAndroidアプリを開発する際の
言語はJavaというのが挙げられます。

で、最近はAndroidアプリの開発でKotlinという言語が利用されることもあるんですよね...。

リュウスケ
リュウスケ

ただ、CodeCampではKotlinを使ったAndroidアプリ開発の学習には対応していません。

なので「Kotlinを使ったAndroidアプリ開発を学びたい」と思っている人にはCodeCampの
アプリマスターコースが向いているとは言えません。

なお、Kotlinを使ったAndroiidアプリの開発を学びたい場合は、別なプログラミングスクールのTechAcademyのAndroidアプリコースがオススメ。

 

Androidアプリコースに関しては↓の記事で解説しているので、気になった人は下の記事も
合わせて読んでみるのが良いかと。

404 NOT FOUND | ryusukeblog
このブログはブログやプログラミングに関することを中心に発信していくブログです。

 

別に、言語は関係なく「Androidアプリの開発を学びたい」場合は、そこまで気にしないで
OKですが「Kotlinを使ったAndroidアプリの開発を学びたい」場合は要注意です。

 

◆まとめ

以上が、CodeCampのアプリマスターコースの特徴や料金などの解説でした。

もし↓

少し気になっているけど、やっぱり申し込もうか迷うなぁ...。

と思っているなら、CodeCampの無料体験レッスンだけでも受けてみて、CodeCampの生の
雰囲気を感じてみるのが良いかと。

無料体験レッスンは、文字通り無料で受けられるのでお試し感覚で試してみましょう♪

リュウスケ
リュウスケ

特に、CodeCampは無料体験レッスンを受講することで10000円割引のクーポンを貰うことが出来るので、少しでも気になっているなら無料体験レッスンを受けるのがオススメ。

無料体験レッスンを受けて良かったと思えば申し込めばOKです。

 

おわり。

タイトルとURLをコピーしました