CodeCamp(コードキャンプ)を受講する際に必要なパソコンを徹底解説

CodeCamp

こんにちは、リュウスケです。

今日はこんな疑問に答えます↓

プログラミングスクールのCodeCampを受講しようと思っているんだけど、CodeCampを受講する際に必要なパソコンについて詳しく知りたい。

リュウスケ
リュウスケ

この記事ではCodeCampを受講する際に必要なパソコンについて、CodeCampを受講しようと思っている人向けに解説していきます。

記事を最後まで読み終えることで、CodeCampを受講する際に必要なパソコンについて詳しく
知ることが可能。

CodeCampを受講する際に必要なパソコンについて詳しく知りたいと人は、ぜひ最後まで
お付き合いください。

 

1:CodeCampにパソコンの制限ってあるの?

答えから書くと、CodeCampにパソコンの制限は基本的には無いんですが、コースによって
パソコンの種類の関係で思うような学習ができない可能性があります。

1:基本的には無いですが微妙に制限がある場合があります

 

基本的にCodeCampを利用する際のパソコンは、WindowsかMacのOSが入っているもので
あれば問題ありません。

ただ、コースによってはパソコン種類の関係で思うような学習ができない可能性があるので、
その点は気を付けておいた方が良いですね。

 

まず、基本的に↓のコースはWindowsのパソコンでもMacのパソコンでも問題ないですし、
CodeCampのページを確認したところ、パソコンに関する記載は見当たりませんでした。

  • WEBマスターコース
  • Rubyマスターコース
  • デザインマスターコース
  • Javaマスターコース
  • プレミアムプラス
  • プレミアムコース

 

あと、これらのコースに加えて↓の2つの期間限定のコースも、上と同様パソコンに関しての
指定は無いようなので、

  • Pythonデータサイエンスコース
  • WordPressコース

 

基本的にはWindowsでもMacでも問題なく利用できる感じだと思います。

 

ただ、1点要注意なのがアプリマスターコースを利用する場合。

アプリマスターコースのページ内には特に記載されていませんでしたが、カリキュラムの中の
「iPhoneアプリの開発」をする際にはMacのパソコンが必要です。

リュウスケ
リュウスケ

その理由は、iPhoneアプリの開発をする際に利用する言語のSwiftを利用するためには開発環境のXcodeを使う必要があります。

ただ、このXcodeはMacOSのパソコンでないと使用することが出来ないので、Windowsの
パソコンではSwiftを使ったiPhoneアプリの開発をすることはできません。

なので、アプリマスターコースでiPhoneアプリの開発を学びたいと思っている場合は、Macの
パソコンを用意しておきましょう。

 

ただ、iPhoneアプリの開発ではなくAndroidアプリの開発を学ぶ目的でアプリマスターコースを
利用する場合はWindowsでも学習することが可能。

この点から、アプリマスターコース内のページには特に記載が無かったんだと思いますが、
iPhoneアプリの開発を学習したいと思っている場合は要注意です。

2:スマホでCodeCampは利用できないの?

 

この記事を読んでいる人の中には↓

パソコンを持っていないので、スマホだけでCodeCampを利用することってできるのかな?

 

と、思っている人もいるかなと。

ただ、答えから書くとスマホだけでCodeCampを利用することはできません。

実際に、CodeCampのページにも以下のように記載があります。

スマートフォンでレッスンを受講できますか。

スマートフォンでレッスンを予約したり、各種情報を確認いただくことは可能ですが、プログラミング自体をスマートフォンで行うことができませんので、パソコンを使用してご受講ください。

引用元→(https://codecamp.jp/faq)

 

こんな感じで、スマートフォンでレッスンの予約や各種情報を確認することはできるけど、
プログラミングをすることがスマホでやることが出来ないのが事実。

なので、CodeCampでプログラミングを学ぶ際にはパソコンが必要です。

 

そのため、パソコンを用意していない場合は事前に用意しておきましょう。

 

2:WindowsとMacのどっちを使えば良いですか?

答えから言うと、Macの方が良いとは思いますが、どっちでもそこまで変わりません。

結論:Macの方が良いかなと思います

 

見出しの通りなんですが、どっちが良いかと言われるとMacの方がオススメ。

理由は、Macの場合Swiftの開発ができる上に、MacのOSにWindowsのOSを入れることは
できても、WindowsのOSにMacを入れることはできないから。

 

なので、その点を考えるとWindowsよりもMacOSのパソコンを選ぶのが良いかなと。

リュウスケ
リュウスケ

ただ、Windowsでも問題なくプログラミングをやることはできるのでSwiftを使う予定のない限り、今持っているパソコンがWindowsだからと言って買い替えなくてもOK。

 

そのため、Windowsでも問題ないですしパソコンのスペックが低くてもTechAcademyが
出しているパソコンの条件をクリアしていれば問題ありません。

その点を考えるとパソコンのスペックであまり悩むのも良くないのが現実です。

 

で、次にMacとWindowsそれぞれのメリットデメリットを見ていきましょう。

Macのメリット・デメリット

 

では、Macのメリット・デメリットを見ていきます。

ここで紹介していくメリットに魅力を感じた人はMacのパソコンを使ってみるのが良いかと
思うので、ぜひチェックしてみてください。

 

まずはメリットから、以下のとおり↓

  • デザインが格好いい
  • Swiftの開発ができる
  • パソコンの性能が高い
  • Windowsをインストールできる
  • 選べる種類が少ないので優柔不断な人向け

 

次にデメリットを見ていきましょう。以下のとおり↓

  • 価格が高い
  • 選べる種類が少ないので、選択肢が多い人には物足りない可能性アリ
  • ゲームの開発にはあまり向いていない(Windowsの方が良い)

 

主に価格を無視してパソコンを選べる場合や、性能が高いパソコンを使いたいと思っている
場合はWindowsよりもMacを選ぶのがオススメ。

Macの方がWindowsでは開発できないSwiftの開発ができるので、プログラミングをやる上で
自由度が高いのが嬉しい点の1つですね♪

Windowsのメリット・デメリット

 

次にWindowsのメリット・デメリットを見ていきましょう。

ここで紹介するWindowsのメリットに魅力を感じた場合はWindowsを使ってみるのが良いかと
思うので、こっちも是非チェックしてください。

 

まずはメリットから、以下のとおり↓

  • Macに比べて価格が安い
  • 種類が多いので、沢山の選択肢の中から選べる
  • ゲームの開発に適している
  • 種類が多いので、オーバースペックになりづらい

 

次にデメリットは以下のとおり↓

  • デザインでMacに比べると劣る
  • Swiftの開発ができない
  • 選択肢が多いので優柔不断な人には不向き

 

Swiftを利用しない場合は、Windowsのパソコンを使うのもアリだと思います。

リュウスケ
リュウスケ

Windowsの方がMacと比べてパソコン自体の値段も安いことが多いのでパソコンにお金をあまりかけられない場合はWindowsを選ぶのが良いかなと。

 

かつ、種類もWindowsの方が多いので選択肢が多い方が良い人にも、Windowsがオススメ。

Windowsのパソコンのメリットデメリットに関しては以上です。

 

まとめ

以上がCodeCampを受講する際に必要なパソコンについての解説でした。

この記事が、CodeCampを受講する際に必要なパソコンについて詳しく知りたいと思っていた
人の参考になったら嬉しいです。

 

おわり。

タイトルとURLをコピーしました