ConoHaWING(コノハウイング)とロリポップを徹底比較←どっちが良い?

ブログ

こんにちは、リュウスケです。

今日はこんな疑問に答えます↓

ブログを始めようと思っているんだけど、レンタルサーバー選びでConoHa WINGとロリポップのどちらかを契約しようか迷っています。どっちを選んだ方が良いのかな?

リュウスケ
リュウスケ

この記事ではレンタルサーバーのConoHa WINGとロリポップの違いを12個の項目に分けて比較しながら解説していきます。

記事を最後まで読むことで、ConoHa WINGとロリポップのどっちが良いのか?や、それぞれの
サーバーの性能を知ることが可能です。

ConoHa WINGやロリポップが気になっている人はぜひ最後までお付き合いください。

 

1:ロリポップサーバーとConoHa WINGを比較

では、早速記事のタイトルにもあるようにロリポップサーバーとConoHa WINGの両サーバーの
どっちが優れているのかを分析していきます。

比較の対象は以下のとおり↓

  • サーバーの価格
  • WEBサーバーソフト
  • サーバーのストレージ
  • 転送量
  • FTPアカウント数
  • マルチドメイン(独自&サブ)
  • 無料SSL
  • 無料バックアップ
  • MySQL上限
  • WordPress簡単インストール
  • サポート体制
  • お試し期間

 

1つずつ順番に比較していきます。

※なお、この記事ではロリポップはスタンダートプラン、ConoHa WINGはベーシックプランを
ベースに比較します。

 

1:サーバーの価格

比較 ConoHa WING(ベーシックプラン) ロリポップ(スタンダートプラン)
サーバーの月額(税込み) 1320円(価格は1ヶ月最大) 550~660円
サーバーの初期費用 無料 1650円

 

サーバーの月額は基本的にロリポップの方が安めでConoHa WINGと倍の差があります

まぁ、初期費用が掛からないのがConoHa WINGの良さなので、その点ではConoHa WINGが
優秀ですがその後はロリポップの方に軍配が上がる感じ。

 

なので、安くサーバーを使いたいと思っている人はロリポップを選ぶのがオススメです。

 

2:WEBサーバーソフト

比較 ConoHa WING(ベーシックプラン) ロリポップ(スタンダートプラン)
WEBサーバーソフト Apache + NGINX Apache

 

WEBサーバーは一般的にApacheよりもNGINXの方が性能が上です

その点ではWEBサーバーソフトの性能でConoHa WINGの方が優位に立っていますね。
ですが、ConoHa WINGでもApacheが採用されているのでそこまで差は無いかもです。

 

3:サーバーのストレージ

比較 ConoHa WING(ベーシックプラン) ロリポップ(スタンダートプラン)
ストレージの種類 SSD SSD
ストレージ容量 300GB 150GB

 

ストレージの容量ではConoHa WINGの圧勝ですね。倍以上の差がついています。

まぁ、そもそもストレージの容量が150GB以上になることもほぼ無いのが現実ですが、容量が
多いに越したことは無いので多い方が良いですね。

 

4:転送量

比較 ConoHa WING(ベーシックプラン) ロリポップ(スタンダートプラン)
サーバーの転送量/月 18TB/月 5.6TB~6.2TB/月
〃/日 580GB~640GB/日 200GB/日

 

サーバーの転送量でもConoHa WINGの圧勝です。

serverの転送量が多いとアクセスが大量に来た時に安定した速度でサイトが表示されるので、
転送量は多いに越したことはありません。

実際、SEOの評価にもページの表示速度は関わってくるのでその点でも転送量は重要です

 

ConoHa WINGは転送量が圧倒的に多いレンタルサーバーとして有名なので、多少アクセスが
増えたぐらいでサーバーが落ちることはありません。

逆にロリポップサーバーは一気にアクセスが来た時などに落ちやすい話を聞くことがあるので、
少しその点では不安が残ります。

 

5:FTPアカウント数

比較 ConoHa WING(ベーシックプラン) ロリポップ(スタンダートプラン)
FTPアカウント数 無制限 1個

 

FTPアカウント数でもConoHa WINGがロリポップよりも優秀なことが分かります

 

ですが、FTPアカウントは1人でブログを運営する場合は1つしか使わないことが基本なので、
1人でブログを運営する場合はそこまで気にしないでOK。

ただ、複数人でブログを運営する場合はFTPアカウントが複数作れた方が何かと便利です。

 

6:マルチドメイン(独自&サブ)

比較 ConoHa WING(ベーシックプラン) ロリポップ(スタンダートプラン)
独自ドメイン 無制限 200個
サブドメイン 無制限 ドメインごとに500個

 

独自ドメイン、サブドメイン共に無制限のConoHa WINGに軍配が上がりますね

ただ、サブドメインを使う予定が無い場合や独自ドメインを大量に使う予定が無い人からすれば
どっちも大した差は無いのが現実。

 

特に独自ドメインは使っても7~8個ぐらいだと思うので。

 

7:無料SSL

比較 ConoHa WING(ベーシックプラン) ロリポップ(スタンダートプラン)
無料SSL設定対応 あり あり

 

無料のSSL設定はどちらのレンタルサーバーでも対応しています。

SSL設定は「http://」~始まるWEBアドレスを「https://」~に変更することで、接続を
保護してSEOやユーザーに信頼されるサイトにするためには重要な設定です。

 

ただ、どちらのサーバもすぐにSSL設定をすることが可能なのは大きなメリット。

 

8:無料バックアップ

比較 ConoHa WING(ベーシックプラン) ロリポップ(スタンダートプラン)
無料バックアップ あり 無し(有料で月330円)

 

無料のバックアップはConoHa WINGのみ対応していて、ロリポップの場合はバックアップは
有料のオプションを契約する必要があります。

なので、データのバックアップをサーバー会社に取っておいてほしいと思っている人は
ConoHa WINGを使うのがオススメです。

 

9:MySQL上限

比較 ConoHa WING(ベーシックプラン) ロリポップ(スタンダートプラン)
MySQL上限 無制限 50個

 

次にデータベースのMySQLの上限数について。

ConoHa WINGもロリポップもデーターベースはMySQLが採用されていますが、上限数では
ConoHaWINGが無制限とロリポップを大きく上回っています

 

なので、MySQLを多く使いたい人はConoHa WINGを、そこまでMySQLを使う予定が無い人は
ロリポップをそれぞれ契約するのがオススメです。

 

10:WordPress簡単インストール

比較 ConoHa WING(ベーシックプラン) ロリポップ(スタンダートプラン)
WordPress簡単インストール あり あり

 

WordPressの簡単インストール機能はロリポップでもConoHa WINGでも対応しています。

このインストール機能を使わずに自力でWordPressをインストールしようと思うと半日ほど
時間が掛かることも普通にあるのでインストール機能が使えるのは大きなメリットです。

 

ロリポップの場合は確か1分でインストールできた記憶があります。

 

11:サポート体制

比較 ConoHa WING(ベーシックプラン) ロリポップ(スタンダートプラン)
サポートの比較 電話、メール、チャット 電話、メール、チャット

 

サポートはどちらも同じで、[電話,メール,チャット]の中から好きなものを選べる感じです

どちらのサーバーもサポートが充実していることで知られているのでサポート体制が万全な
サーバーを使いたい人は安心ですね。

 

12:お試し期間

比較 ConoHa WING(ベーシックプラン) ロリポップ(スタンダートプラン)
無料体験の有無 なし 7日間の無料体験あり

 

お試し期間があるのはロリポップのみで、ConoHa WINGには用意されていません。

なので、サーバーを使う前にお試しで数日使ってみたいと思っている人にとってはロリポップの
方を選んだ方が良いかなと。

 

サーバーは使ってみないとわからない点も多いので、この点はロリポップに軍配が上がります。

 

両者をまとめて比較

 

最後に両レンタルサーバーの比較をまとめました↓(○が付いている方が優位という意味)

比較 ConoHa WING(ベーシックプラン) ロリポップ(スタンダートプラン)
価格(税込み)
  • 月額(1ヶ月最大)|1320円
  • 初期費用|無料○
  • 月額|550円~650円○
  • 初期費用|1,650円
WEBサーバーソフト Apache+NGINX Apache

サーバーのストレージ

  • 種類|SSD
  • ストレージ容量|300GB○
  • 種類|SSD
  • ストレージ容量|150GB
サーバーの転送量
  • 18TB/月
  • 580GB~640GB/日○
  • 5.6TB~6.2TB/月
  • 200GB/日
FTPアカウント数 無制限 1個○
マルチドメイン(独自&サブ) 独自&サブ共に無制限○
  • 独自ドメイン:200個
  • サブドメインドメインごとに500個
無料SSL あり あり
無料バックアップ あり○ 無し(有料で月300円)
MySQL上限 無制限○ 50個
WordPress簡単インストール あり あり
サポート体制 電話、メール、チャット 電話、メール、チャット
無料体験 なし あり○

 

こうやって比較してみると○の数が多いのはConoHa WINGとわかります。

ただ、だからと言って一概にConoHa WINGが良いというわけでは無く、例えば無料で使える
期間が欲しいと思う人にはロリポップの方が良かったりすると思うので、「どっちが良いかは
人によって変わる」が答えだと思います。

 

なので、この2つの中でどの項目を重視するかで決めるのがオススメです。

 

2:ConoHa WINGの特徴

ConoHa WINGの特徴は高いサーバーの性能ではないかと思います。

実際に、他のレンタルサーバーからConoHa WINGにサーバーを移行したブロガーもいるぐらい
サーバーの性能が高いことで有名なのがConoHa WINGの特徴。

 

その分、料金が高くなるのがデメリットではありますが、初期費用が無料な上にWINGパックを
使うことで独自ドメインが無料で貰えるので、そこまで差はありません。

サーバーの性能だけで言うと日本のレンタルサーバーの中でもトップクラスの性能があるので、
サーバーの質を重視したい人にオススメのサーバーです。

 

ConoHa WINGの料金・プラン

 

ちなみに、ConoHa WINGのプランと料金体系には以下の2種類があります↓

  • 通常プラン
  • WINGパック

 

まずは通常プランの料金体系から、以下のとおり↓

性能 ベーシックプラン スタンダートプラン プレミアムプラン
月額(税込み) 1320円/月(1ヶ月最大) 2640円/月(1ヶ月最大) 5280円/月(1ヶ月最大)
容量(SSD) 250GB 350GB 450GB
転送量 18TB/月 24TB/月 30TB/月
独自ドメイン 無制限 無制限 無制限
サブドメイン 無制限 無制限 無制限
データベース 無制限 無制限 無制限
WEBサーバー Apache + nginx Apache + nginx Apache + nginx
電話サポート あり あり あり

 

こんな感じで、ConoHa WINGはプランによって変わる項目が容量と転送量、料金ぐらいで、
後はほとんど変わりません。

ですが、ブログを立ち上げるならベーシックプランのスペックがあれば十分。
問題なくブログを運営することが可能です。

 

次にWINGパック、なんですが通常プランとサーバーの性能は同じです。
ただ、料金だけ異なります。以下のとおり↓

プラン ベーシックプラン スタンダートプラン プレミアムプラン
月額|12ヶ月契約R3年/2月時点(税込み) 891円/月 2145円/月 4290円/月

 

WINGパックの方が通常プランに比べて月額が少し安いですが、実は通常プランよりも
WINGパックの方がお得にサーバーを使うことが可能です。

 

なぜなら、通常プランとサーバーの性能が変わらない上に独自ドメインの無料プレゼントを
受けることができるから

リュウスケ
リュウスケ

かつ、詳細は次の見出しで解説していきますが、WINGパックとWordPressかんたんセットアップを組み合わせて使うことで簡単にWordPressをスタートすることが出来ます。

 

なので、ConoHa WINGを使う場合はWINGパックのベーシックプランを申し込んだ方が
独自ドメインが貰えて+月額も少しお得になるのでオススメです。

 

3:ロリポップの特徴

ロリポップサーバーの特徴はサーバーを安く使えることかと思います。

実際、安いプランであれば月110円からサーバーを使うことが出来るので、手ごろな価格で
サーバーを使いたい人向けのサーバーです。

 

それでいて、後ほど詳しく解説しますが、選べるプランの数も5つとレンタルサーバーの中では
多い部類に入るのでその点でも初心者に向いている印象。

選べるプランが多い方が自分に合ったプランを見つけやすいので嬉しい点の1つですよね♪

 

かつ、ロリポップサーバーにはConoHa WINGと違って無料体験を受けられるメリットが
あるので、お金を払う前にサーバーを試してみたい人に強くオススメできます。

 

ロリポップサーバーの料金・プラン

比較 エコノミープラン ライトプラン スタンダートプラン ハイスピードプラン エンタープライズプラン
月額(税込み) 110円 275円~ 550円~ 550円~ 2200円~
容量 20GB 100GB 150GB 250GB 1TB
転送量 50GB/日 100GB/日 200GB/日 600GB/日 800GB/日
独自ドメイン 50 100 200 無制限 無制限
サブドメイン ドメインごとに20 ドメインごとに300 ドメインごとに500 無制限 無制限
データベース 不可 1個 50個 無制限 無制限
WEBサーバー Apache Apache Apache Lite Speed Lite Speed
電話サポート なし なし あり あり あり

 

こんな感じでプランが数多くあるのがロリポップサーバーの大きなメリット。
幅広いプランの中から自分に合ったプランを選んで契約するのがオススメです。

 

以上がConoHa WINGとロリポップサーバーの比較でした。

この記事がConoHa WINGとロリポップサーバーのどっちを選べば良いか迷っていた人の参考に
なったら嬉しいです。

 

おわり。

オススメ記事↓

WordPressでブログアフィリエイトを始める方法を解説【中学生OK】
WordPressでブログアフィリエイトを始めたい人向け。この記事ではWordPressでブログアフィリエイトを始める方法を中学生でもわかるように、できるだけわかりやすく解説していきます。WordPressでブログを始めたいと思っている人なら必読の内容です。

 

おすすめのプログラミングスクールを徹底解説|無料体験あり
プログラミングスクール選びで迷っている人向け。この記事では13歳からプログラミングをやっている筆者が、沢山あるプログラミングスクールの中でも特にオススメのプログラミングスクールを紹介していきます。プログラミングスクール選びで迷っているなら必読です。
タイトルとURLをコピーしました