Google XML Sitemapsの基礎知識と設定方法を解説

ブログ

こんにちは、ryusukeです。

 

今日はWordPressのプラグイン【Google XML Sitemaps】についての解説と設定のやり方を
WordPress初心者向けに解説していきます。

 

実際の設定画面の画像付きでできるだけわかりやすく解説していくので、初心者でも
わかりやすい内容になっているはずです。

 

 

まずは、「そもそもGoogle XML sitemapsとは?」から解説していきます。

「もう知ってるよ。」って人は次の見出しまで飛ばしてください。

1 Google XML Sitemapsとは?

結論から言うと【Google XML Sitemaps】はGoogleなどの検索エンジンがページを
巡回するクローラにサイトの情報(サイトマップ)を伝えるためのプラグインです

 

なぜ、このプラグインが必要なのか理由を書くと、クローラにサイトの情報を伝えることが
できると記事を公開してから検索に反映されるまでの時間が速くなるからです

 

逆にこのプラグインを使っていないと反映されるまでに時間がかかってしまうので、
これだけでも使わない手はないですよね。

 

ただ、このプラグインを使ってなくてもGoogleサーチコンソールからサイトマップを
送ることはできますが、かなり面倒です。

 

そんな、毎度Googleサーチコンソールからサイトマップを送るのが面倒な人向けに、
サイトマップの送信を自動化してくれるのがこのプラグインです。

 

そのため、このGoogle XML Sitemapsを使うことはSEO面で非常に重要で、プラス作業の
効率化ができるという点で見ても重要です。

 

ここからは、そのGoogle XML Sitemapsの導入方法と設定方法を画像付きで、初心者でも
わかるように解説していきます。

2 Google XML Sitemapsの導入&設定方法

では、次にGoogle XML Sitemapsの使い方を解説していきます。

 

Google XML Sitemapsを使う流れは以下の手順です。

  1. プラグインをインストールする
  2. Google XML Sitemapsの設定をする

 

では、順番に解説していきます。

なお、「もうインストールしているから設定のやり方だけ知りたい」って人は次の手順2の
見出しまで進めてください。

 

1:Google XML Sitemapsをインストールする

 

当然のことですが、プラグインはインストールしないと使えないので、まずはプラグインの
インストールを行います。

 

インストールの手順は他のプラグインと同じですが、以下のとおり。↓

  1. 左のメニューバーの[プラグイン]→[新規追加]をクリック
  2. プラグインの検索枠に【Google XML Sitemaps】と入力してインストールする

 

順番に詳しく解説していきます。

  1:左のメニューバーの[プラグイン]→[新規追加]をクリック

 

まず、プラグインをインストールするにはWordPressの左側に表示されているメニューバーの
[プラグイン]にカーソルを乗せて上から2番目の[新規追加]をクリックしてください。

 

画像だとわかりやすいと思います。↓

 

プラグインの新規追加画面に移動出来たらこんな感じの画面が表示されるはずです。

 

この画面に移動出来たら次の手順2に行きます。

  2:プラグインの検索枠に[Google XML Sitemaps]と入力

 

次に、画面の左上の方にあるプラグインの検索枠に【Google XML Sitemaps】と入力して
プラグインを検索してください。

こっちも、画像付きだとわかりやすいですね。↓

 

検索するとたぶん、こんな感じでGoogle XML Sitemapsが表示されると思います。

 

もし、表示されなければ誤字が無いか確認したり下までスクロールを進めていくと
見つかるはずです。

 

で、僕の場合はもう有効化して使っているので表示されていないですが、インストールしていないと[今すぐインストール]と表示されるのでそれをクリックしてください。

 

その後、インストールが終わったら[有効化]をクリックしてプラグインを有効化することで
Google XML Sitemapsを使うことができるようになります。

 

では、次に設定をやっていきましょう。

 

2:Google XML Sitemapsの設定

 

Google XML Sitemapsのインストール&有効化が済んだら次にGoogle XML Sitemapsの
設定に入ります。

設定の流れは以下のとおり。↓

  1. 左のメニューバーの[設定]→[XML-Sitemap]をクリック
  2. Google XML sitemapの各種設定をする

 

では、順番に解説していきます。

 

  1:左のメニューバーの[設定]→[XML-Sitemap]をクリック

 

まず、Google XML Sitemapsの設定をするにはWordPressの左のメニューバーの[設定]に
カーソルを乗せて[XML-sitemap]をクリックしてGoogle XML Sitemapsの
管理画面に移動してください。

 

これも、画像付きだとわかりやすいと思います。

 

移動することができたら次の手順へ進みます。

 

  2:Google XML Sitemapsの各種設定をする

ここからは、Google XML Sitemapsの各種設定をしていきます。

テキストだとわかりにくい部分が多いと思うので、画像付きで初心者でもわかるように
解説していきます。

 

まずは基本的な設定から、といっても以下の画像のとおりに設定しておけば問題ないです。

このブログの設定も同じようにしています。

 

ここは、上の2つにチェックを入れておくとブログを更新するとGoogleなど検索エンジンに、
通知が行くようになります。

 

で、上から3番目の部分にチェックを入れておけばサイトマップの場所を検索エンジンに
しっかりと伝えることができるので、上の3つにチェックが入っているかの確認を
しておいてください。

 

重要な部分なのでここだけ書いておきましたが、あとは画像のとおりに設定しておけば
問題ないです。

 

次に投稿の優先順位の設定。

 

この、投稿の優先順位の設定は1番上の「優先順位を自動的に計算しない」にチェックを
入れておけば問題ないです。

 

次に表示の設定に入ります。

この設定も下の画像と同じようにしておけば問題ないです。

 

表示の設定は「ホームページ」、「投稿」、「カテゴリ」、「最終更新時刻」と設定すると
検索エンジンに最適化された設定になります。

 

上で挙げた4つは検索エンジンにとって重要なページですが、他の4つは重要ではないので
チェックを入れる必要はないですね。

 

次は逆にサイトマップに乗せないカテゴリーと投稿ページの設定ですが基本的にすべてを
チェック無しに設定しておけばOKです。

僕もすべてチェックを入れていません。↓

 

これで、サイトマップの表示に関わる項目の設定は終わりです。

 

次に更新の頻度の設定です。

更新の頻度はサイトのコンテンツを更新する頻度によって設定の仕方が変わってきますが、
基本的には以下のとおりに設定しておけばOKです。

ちなみに、Googleなどの検索エンジンのクローラは、ここの更新頻度の設定を意識して
各サイトを巡回してくれます。

 

最後にURLの優先順位の設定を行います。

他の設定と同じように画像のとおりに設定しておけばOKです。

 

基本的にURLの優先順位は更新の頻度が高ければ優先順位も高くして、逆に更新の頻度が
低い場合は優先順位も低くしておけば問題ないです。

イメージとして、さっきの更新頻度の設定と比例しているような感じですね。

 

URLの優先順位の設定が終わったら、Google XML Sitemmapsの設定は完了です。

お疲れさまでした!

まとめ

以上がGoogle XML Sitemapに関する基礎的な知識と、プラグインの設定のやり方に
ついての解説でした。

 

この記事がWordPress初心者やGoogle XML Sitemapsの設定で行き詰っていた人の参考に
なったら嬉しいです。

 

おわり

 

人気記事↓

ブログアフィリエイトをYouTube学習する際に見るべき動画8選
ブログアフィリエイトをYouTubeで学習したい人向け。この記事では、ブログ歴1年の筆者が実際にブログアフィリエイトをYouTubeで学習する際に役に立ったと思った8本の動画を紹介していきます。ブログアフィリエイトをYouTubeで学習したい方は、ぜひ記事をご覧ください。

 

タイトルとURLをコピーしました