中学生でもネットで稼げる6つの方法をまとめました【初心者向け】

未分類

こんにちは、リュウスケです。

今日はこんな疑問に答えます↓

今中学生なんだけど、色々あってお金を稼ぎたいと思っています。で、中学生でもネットで稼ぐ方法が色々あると聞いたんだけど、具体的になどんな方法があるのか教えてほしい。

リュウスケ
リュウスケ

この記事では、中学生でもネットで稼げる6つの方法を解説しつつ、6つの方法の中でも中学生がネットで稼ぐ際には何から始めればよいかを紹介していきます。

 

記事を最後まで読み終えることで中学生でもネットで稼げる6つの方法と、中学生がネットで
稼ぐ際に何から始めれば良いのかを知ることが可能。

中学生でもネットで稼ぐ方法を知りたいと思っている人は、ぜひ最後までお付き合いください。

1 中学生でもネットで稼げる6つの方法

以下の6つですね↓

  • ブログ
  • プログラミング
  • ライティング
  • 株式投資
  • ポイントサイト
  • メルカリやヤフオクで転売

 

1つずつ深掘りしていきます。

1:ブログ

 

1つ目に中学生でもネットで稼げる方法はブログです。

ブログは、中学生でも稼げる方法としてよく名前が挙がっていますが実際に中学生でブログを
収益化させている人もいるので、割と取り組みやすいかなと。

 

ブログを収益化させる具体例としては、読者がブログ内にあるアフィリエイトリンクを経由して
商品を紹介したり、何らかの案件などに登録することで自分に紹介料が入ってくる感じ。

リュウスケ
リュウスケ

ブログで稼いでいる人の中には毎月1000万円程の金額を稼いでいる人もいるので、なかなか夢のある世界ですよね♪

ただ、現実のところブログは初めて3ヶ月~半年は収益やアクセスがほとんど出ないので、
多くの人が結果がなかなか出ないことに絶望して挫折する感じです。

なので、短期的に稼ぐのは難しいですが長期的に見るとかなりの額を稼ぐことが可能です。
その点を考えると、ブログは短期ではなく長期的な視点で見ることが大事。

 

実際、ブログで月に100万円以上を稼いでいる人もいるので収益の面でも夢がありますし、独自ドメインを使っているブログの場合はドメインを売却できるのがメリット。

 

もちろん、売却するのはそれなりのアクセスが来ていてドメインパワーが高いことが条件ですが
ありえない話では無いので頭の片隅にでも入れておくと良いかなと。

ブログは中学生で始めている人もいるので、割とオススメです。

 

ちなみに、ブログの始め方にはいろいろ種類がありますが、個人的には有料のWordPressを
選んでブログを運営していくのがオススメ

なお、WordPressブログの始め方は↓の記事で解説しているので、WordPressを使ったブログの
始めたいと思った人は、ぜひご覧ください。

WordPressでブログアフィリエイトを始める方法を解説【中学生OK】
WordPressでブログアフィリエイトを始めたい人向け。この記事ではWordPressでブログアフィリエイトを始める方法を中学生でもわかるように、できるだけわかりやすく解説していきます。WordPressでブログを始めたいと思っている人なら必読の内容です。

2:プログラミング

 

次に中学生がネットで稼ぐ方法で挙げられるのがプログラミングです。

プログラミングを学んで、ネット上にある案件を受注してコードを書いて納品することで、
お金を貰う感じですね。

 

かつ、プログラミングの知識を持っておくと、これからの時代ほぼ確実に役立つので将来を
考えるとプログラミングを学んでみるのもオススメ。

ただ、少し悲報なんですが中学生がプログラミングでお金を稼ぎたいと思っている場合に
登録できるクラウドソーシングサービスが↓

  • ココナラ
  • 自分でサービスを作って売る

 

の2つしか存在しないのが残念な点の1つ。

なぜなら、プログラミングの案件を獲得ることが出来る大手クラウドソーシングサービスの
クラウドワークスなどは未成年の登録がNGだから。

リュウスケ
リュウスケ

当然ですが、登録できないと案件を受けることができないので未成年がプログラミングで稼ぐのは少し難しいのが本音ですね...。

まず、1つ目のココナラに関しては自分のスキルを売る感じなので、買ってくれる人が居ないと
収益化ができないので常に稼げるとは言えないのが事実。

かつ、2つ目の自分でサービスを作って売るのも初心者にはハードルが高いですよね。

ただ、ココナラをやる場合にオリジナルサービスがあると役に立つのは事実。理由は、、ココナラのプロフィールページで「自分はこんなサービスを開発しました。」
みたいな感じで書いておくと信頼性に繋がるから。

 

信頼性があるとココナラで収益化しやすくなりますし、可能性は低いと思いますが、もし自分が
開発したサービスを売却できれば、かなりの額のお金を手にすることが可能。

ただ、全体的にはプログラミングで稼ぐことは不可能ではないですが少し難しいです。

3:ライティング

 

ライティングも中学生でも稼ぐ手段の1つとして挙げられます。

ライティングは文字通り、クライアントが望む内容の記事を書いて納品することで対価として
お金を貰う感じです。

 

なので、イメージ的にはさっきのプログラミングと同じようにクラウドソーシングのサービスに
登録して案件を受注して稼ぐ形ですね。

リュウスケ
リュウスケ

ただ、ライティングに関してもプログラミングと同じようにライティングの案件を受けられるクラウドソーシングがほとんど無いのが残念な点の1つ。

 

未成年でも登録することができるライティング案件のあるクラウドソーシングは以下のとおり↓

  • SHINOBIライティング
  • ココナラ

 

こんな感じで、未成年でも利用できるクラウドソーシングサービスはプログラミングと同じく
ほとんど無いので、中学生には少し稼ぎにくい印象。

 

実際、SHINOBIライティングは他のクラウドソーシングサイトに比べて案件の数が少ないので、
常に稼げるとは言えないのが事実ですし、ココナラに関しても申し込みが来ないと収益が
発生しないので、こっちも常に稼げるとは言えないのが現実。

なので、中学生がライティングで稼ぐのは割と難しいんですよね...。

なお、ココナラでライティングをやる場合は同時にブログを始めるのがオススメ。理由はブログを始めているとライティング力があると見なされて案件を受けやすくなる上に、実際にライティング力も上がるから。

 

プログラミングと同じく、ライティングで稼ぐのも選択肢の1つには上がりますが中学生には
少し難しいのが現実としてあります...。

4:株式投資

 

一応株トレードも中学生が稼ぐ選択肢の1つとしては上がります。

実際に株トレードをやっていると経済などの知識も身に付くので、その点はメリットも
大きいですが、今まで上げたものと違って損するリスクもあるので少し難易度が高いかなと。

 

やっぱり、元本割れが起きると「稼ぐ」と逆の方向に進みますし、元手が少ない場合はその点で
打撃を受ける可能性もあるので他の方法とは少しキャラが違いますよね。

リュウスケ
リュウスケ

かつ、株式投資ができる時間帯は【平日の9:00~11:30と12:30~15:30】などと学校の時間と被ってしまうのも中学生には少し不自由な点の1つ。

 

長期投資だと得られるリターンもあまり多くないので、その点ローリスクローリターンな形に
なってしまうのが現実です。

かつ、株式投資は元本を損するリスクも出てくるので、ある程度の資金的な余裕などが無いと
挑戦するにはハードルが高いのは否定できません。

5:ポイントサイト

 

あと、ポイントサイトも中学生がネットで稼ぐ方法の1つとしてよく名前が上がります。

これに関してはポイントサイト内のゲームをプレイしたり、ポイントサイト内の何らかの案件に
申し込むことで報酬が得られる感じです。

 

ポイントサイトの場合はリスク無く稼ぐことができるので、稼ぐ上でのハードルはそこまで
高くないのが現実ですが、その分稼げる収益も少ないのが現実。

リュウスケ
リュウスケ

基本的には、サイト内のゲームをプレイするだけではほとんどポイントが溜まらないので、稼ごうと思っているなら何らかの案件に登録するのがオススメ。

 

案件に登録する具体例としては、さっき書いた株などの口座を開設する際にポイントサイトを
通して解説すればいくらかキャッシュバックを受けることが可能。

 

なので、株を始める場合などにポイントサイトを通して口座を開設すれば、キャッシュバックを
受けられるのでお得です。

キャッシュバックの金額は数千円~1万円ほどと割と高いので良いですよね♪

ほかにも、いろいろ銀行の口座などでもポイントサイトを通して開設すればそこそこの
キャッシュバックが来るのでオススメ。

 

何らかの口座開設などをやる予定があるならポイントサイトを使うのも良いかと思います。

6:メルカリやヤフオク転売

 

最後にメルカリやヤフオクで転売をやるのも1つの方法ではあります。

ただ、仕入れた価格よりも高く売ってその差額を利益にする感じなので、その点仕入れなどで
色んな店舗を回るなどの、それ相応の手間もかかるのが現実。

 

かつ、仕入れた商品が100%売れるとも言えないのが事実なので中学生にはハードルが少し
高いことも否定できません。

リュウスケ
リュウスケ

なので、個人的には仕入れて転売をするのではなく、家にある不用品を出品して収益化するのがオススメ。

それだと、仕入れをやる必要が無いので商品が売れずに在庫が残るリスクは無いですし、家の
片付けにもなるので一石二鳥。

そうすることで、ブログや株を始める際の軍資金にもなりますし、単純に不要なものがお金に
変わるので嬉しいですよね♪

 

なので、転売をする場合はいきなり仕入れるのではなく、まずは家にある不用品を出品して
お金に換えるのが良いかなと思います。

簡単なまとめ

以下の6つですね↓

  • ブログ
  • プログラミング
  • ライティング
  • 株式投資
  • ポイントサイト
  • メルカリやヤフオクで転売

 

これら6つの方法であれば中学生でも稼ぐことができるので、これから何らかの方法で稼ぎたいと
思っている人は参考にしてみてください。

 

で、次に「中学生がネットで稼ぐには具体的に何から始めるべきなのか」迷っている人向けに
中学生がネットで稼ぐには何から始めるのが良いかを解説していきます。

ここを知っておくと、何から始めれば良いかを知ることができるので失敗しづらくなります。
なので、ここからも是非お付き合いください。

2:何からスタートするのが良いですか?

答えから書くと、不用品を売ってブログを始めるのがオススメ。

1:オススメは不用品を売ってブログを始めること

 

個人的なおすすめは不用品を売ってブログを始めるのが良いかなと。

なぜなら、不用品を売ってブログを始めることにはリスクがほとんど無い上に、メリットが他の
方法に比べてかなり大きいから。

 

単純に不用品の売却にはスキルが必要無いですし、家の片付けにもなるので一石二鳥なのが
理由の1つ。かつ、要らないものがお金に変わるのは嬉しいですよね♪

リュウスケ
リュウスケ

もう一つのブログも、初めの頃は稼ぎにくいのが現実ですが稼げるようになった時の爆発力は本当に凄いので、中学生の頃から始めておくと将来かなりの金額をブログから稼げているかもしれません。

 

かつ、収益以外にもブログには以下のメリットがあります↓

  • 文章力が身に付く
  • ITスキルが身に付くこと
  • スタートのハードルが低い
  • ドメインパワーが溜まって資産になる
  • 思考が整理される
  • 継続力が身に付く

 

この辺を考えると、プログラミングやライティングよりもブログの方がメリットが大きいので、
個人的にはブログを始めるのがオススメ。

かつ、リスクが非常に少ない不用品の売却を組合わせるのが、中学生がネットで稼ぐ上では
一番適した方法ですね♪

 

なので、中学生がネットで稼ぐ際は「不用品を売却→ブログを始める」←がオススメです。

2:余裕があるなら株をやるのも良いかなと

 

あと、金銭的に余裕があるなら株式投資に挑戦してみるのもオススメ。

株式投資を学んでおけば経済の勉強にもなるので、中学生の頃から学んでおけば将来大きな
強みに
なるのは間違いないかなと。

 

なので、金銭的に余裕があるなら長期投資をやってみるのも1つの手段。

リュウスケ
リュウスケ

実際に長期投資の場合、銘柄によっては株主優待やインカムゲインを得ることが出来るので、ローリスクローリターンではありますが収益を得られます。

 

かつ、そもそも論として同世代の中学生で株式投資をやってインカムゲインを得ている人も
ほとんどいないと思うので株式投資の経験をすることで周りよりも成長できるはず。

もちろん、それなりの経済などの勉強は必要ですが、学んだことは将来役に立つかと思います。

 

もちろん、株式投資は損するリスクもあるのでその点は要注意ですが、資産に余裕がある場合は
挑戦してみる価値は十分あるのが株式投資です。

なお、記事内でも書きましたが、株式投資の口座の開設はポイントサイトを通して申し込むことで、キャッシュバックを貰えることがあるのがメリット。お得になるので株式投資を始める場合は覚えておきましょう。

 

◆まとめ

以上が中学生でもネットで稼ぐ方法と中学生がネットで稼ぐ際に何から始めれば良いのかに
関しての解説でした。

この記事が中学生でもネットで稼ぐ方法を知りたいと思っていた人や中学生がネットで稼ぐ際に
何から始めればよいか迷っていた人の参考になったら嬉しいです。

 

おわり。

【未成年OK】オススメのアフィリエイトサービス(ASP)まとめ
未成年で登録可能なアフィリエイトサービス(ASP)を知りたい人向け。この記事では未成年でも利用することができて、かつオススメのアフィリエイトサービスを紹介していきます。未成年でアフィリエイトを始めようと思っている人は必読の内容です。
タイトルとURLをコピーしました