【未成年OK】オススメのアフィリエイトサービス(ASP)まとめ

ブログ

こんにちは、ryusuke(リュウスケ)です。

今日はこんな疑問に答えます。

アフィリエイトをやりたいんだけど未成年でも登録することが出来るアフィリエイトサービス(ASP)はあるのかな?

リュウスケ
リュウスケ

結論から書くと未成年でも登録することが出来るアフィリエイトサービスはあります。この記事では、そのアフィリエイトサービスの紹介と登録する上での注意点を書いていきます。

 

1:未成年OKのアフィリエイトサービスはあるの?

結論から書くと、さっきも書いたように未成年でもOKのアフィリエイトサービス(ASP)は
4つ存在していて名前を挙げると以下の4つです↓

  • 楽天アフィリエイト
  • もしもアフィリエイト
  • 忍者アドマックス
  • Amazonアフィリエイト

 

それぞれ特徴が異なるので組み合わせてブログを運用していくのがオススメ。
1つずつ特徴やメリット・デメリットなどを解説していきます。

1:楽天アフィリエイト

 

楽天アフィリエイトは未成年OKな数少ないASPなので、未成年でアフィリエイトをするなら
ぜひ登録しておきたいところ。

 

楽天アフィリエイトは主に楽天の商品のみのアフィリエイトに特化しているのが特徴で、
基本的に楽天で売られている商品の多くをアフィリエイトすることができます。

なので、本や日用品などいろんなジャンルの商品を紹介できるので利用している人が多く、
商品紹介の記事でよく見ることがあるはず。

 

ただ、単価が少し安いのはデメリットですが、その分審査が無く手軽に始めることが出来るので
初心者向けのASPの1つと言っても良いと思います。

なお、楽天アフィリエイトは後で紹介するもしもアフィリエイトに申し込むことで登録が勝手に完了するので、もしもアフィリエイトを使う予定ならわざわざ別で登録しなくてもOK

 

もしもアフィリエイトを使う予定が無い時だけ登録すれば良いです。

リュウスケ
リュウスケ

ちなみに、ボクはもしもアフィリエイトに登録しているので楽天アフィリエイトには登録していません。

デメリット

  • 単価が安い
  • 商品が楽天にある商品のみ

 

メリット

  • 審査が不要
  • 商品数が非常に多い
  • 楽天が運営しているので信頼度が高い

 

一応楽天アフィリエイトはここから登録が可能です↓

楽天アフィリエイト

 

2:もしもアフィリエイト

 

もしもアフィリエイトは特別な事情が無い限り登録しておきましょう

 

なぜなら、もしもアフィリエイトに登録するだけで楽天アフィリエイトの登録が完了に
なる上に、もしも経由でAmazonアフィリエイトに申し込むと審査に通りやすいから。

 

かつ、もしもアフィリエイトは未成年OKのASPの中では商品数が一番多いのもメリットです。

実際、ボクも最初は電脳卸(2020年でサービス終了)というASPにも登録していましたが、
商品数が多いもしもアフィリエイトだけで良いと思ったので今は使っていません。

 

そんな感じで商品数が多い+楽天アフィリエイトの登録をする必要が無い点をあわせて見ても
初心者が登録しない理由が無いですね。

未成年が登録できるASPの中では一番もしもアフィリエイトが大手なので、その点で見ても
もしもアフィリエイトには登録しておくのがオススメ。

 

なお、もしもアフィリエイトには審査が一応ありますが、ボクの経験では10記事以上書いて
申し込めば基本的には審査に合格するはず

アフィリエイトサービスの中ではそこまで審査は厳しくないので

 

デメリット

  • 審査がある
  • A8netなど他のASPと比べると商品数が少ない

 

メリット

  • 未成年OKのASPの中では商品数が多い
  • 審査に通りやすい
  • 楽天アフィリエイトの登録手続きが必要無い
  • Amazonアフィリエイトの審査が通りやすい

 

登録は下からできます↓

もしもアフィリエイト

 

3:忍者アドマックス

 

忍者アドマックスは唯一の未成年OKなクリック型のアフィリエイト広告サービスです。

Googleアドセンスは18歳以下は使用できないので未成年でも使うことが出来るクリック型の
広告は忍者アドマックスのみになります。

 

忍者アドマックスの特徴は何といってもクリック型のアフィリエイト広告サービスなので、
広告がクリックされただけで収益が発生します。

その分単価は安いですが、収益発生の条件が広告がクリックされるだけなので収益が出やすいのはブログ初心者にとってモチベUPに繋がるはず

 

忍者アドマックス自体は、Googleアドセンスの影響もあってあまり多く使われてはいませんが、
よくアドセンス広告が何らかの理由で停止されてしまった時のために、保険みたいな感じで
登録している人は割と多い印象。

運営している会社も【忍者ツールズ】で有名なので怪しくもありません。

 

デメリット

  • 単価が安い
  • Googleアドセンスよりは劣る

 

メリット

  • クリックされるだけで報酬が発生する
  • 審査が不要

 

未成年でアフィリエイトをやるなら登録しておきたいサービスの1つですね。

忍者アドマックス

 

4:Amazonアフィリエイト

 

Amazonアフィリエイトも条件はありますが未成年でも一応登録はできます。

その条件とは親権者もしくは後見人の署名が必要なことです。

 

今まで書いてきたASPは基本的に親と口頭で許可を得ていれば登録することが可能でしたが、Amazonアフィリエイトは親権者もしくは後見人の文章での承諾が必要なのがデメリット。

文章には以下の項目を書く必要があります↓

  • 親が承諾した日付
  • 参加希望の未成年者の氏名
  • 未成年者がAmazon.co.jpアソシエイトプログラムに参加することを承諾する文章
  • 承諾した親権者または後見人の住所氏名および親権者または後見人と連絡が取れる電話番号
  • 承諾者の署名または捺印
  • 承諾者と未成年者との続柄
  • 登録時に使用のEメールアドレス(※必ず記載)

 

これに加えて割と厳しいと言われている、審査があるので少しハードルが高いかと。

ボクも署名の提出が面倒なのと、提出しても審査に受かるとは限らないと思ったので、
Amazonアフィリエイトに登録していません。

 

ただ、Amazonアフィリエイトは使っている人が多いし、Amazonの広告は読者も見慣れている
ことが多いので審査に合格できれば、非常に便利だと思います。

かつ、、商品数が商品数が楽天アフィリエイトより多いのもメリット。

 

やっぱり、楽天よりも利用ユーザーが多いAmazonパワーは絶大ですね。

 

なお、Amazonアフィリエイトはもしもアフィリエイト経由で申し込むことができるので
楽天アフィリエイトと同じように単体で申し込まなくてもOK。

あと、もしもアフィリエイト経由で申し込んだ方が審査に受かりやすいみたいなので、、。

 

デメリット

  • 親の署名が必要
  • 審査が割と厳しい
  • 商品がAmazonにある商品のみ

 

メリット

  • 利用ユーザーが多いので成果が出やすい
  • 商品数が多い

 

登録はここから↓

Amazonアソシエイト

 

未成年NGのASP

 

ちなみに、おまけとして未成年NGのアフィリエイトサービスに関しても名前だけですが、
一応書いておきますね↓

  • A8net
  • バリューコマース
  • アクセストレード
  • Googleアドセンス

 

割と有名なアフィリエイトサービスも多いですが、これらのアフィリエイトサービスは全て
未成年NGなので、使うことができません、、。

18歳になった後は使うことが可能です。

2:未成年OKのASPが少ない理由

答えから言うと、未成年OKのASPが少ない理由は民法5条の関係が大きいから

その民法5条の条文は以下のとおり↓

民法第5条 ①未成年者が法律行為をするには、その法定代理人の同意を得なければならない。 ただし、単に権利を得、又は義務を免れる法律行為については、この限りでない。 ②未成年者が法定代理人の同意を得ずにした法律行為は取り消すことができる。

 

こんな感じで、未成年者が法定代理人の同意を得ずにした法律行為は取り消すことが出来るように
なっているので、あえて未成年OKにするメリットがASP側にはあまりないんですよね、、。

実際に未成年でアフィリエイトをやっている人も少ないので未成年NGでもASP側にとっては
メリットが少なく、デメリットの方が大きいというのが大きな理由だと思います。

 

なので、基本的に未成年OKのASPでも親権者や後見人の許可を得てから登録する必要に
なっていることが基本で、そうでないASPは確認した範囲では見当たりませんでした。

 

おわり

以上が未成年でも使うことができるアフィリエイトサービスの紹介と、未成年NGのASPが
多い理由についての解説でした。

未成年でアフィリエイトをやりたい人などの参考になれば嬉しいです。

 

おわり。

タイトルとURLをコピーしました