PHPでPCページとスマホページを切り替える方法を解説します

プログラミング

ホームページを作成する際にPCページを分けて表示したい場合などに利用することが
できるPHPのコードです。

以下のPHPのコードをHTMLのheadタグ内にコピペすることでPCページと
スマホページの切り替えができるようになります。

[no_toc]

で、コードの処理の流れを一応理解しておいた方が良いので、コードの処理の流れを
解説していきます。

そのコードの処理の流れは以下のような流れです。

1  PCページに貼るコードの処理の流れ

  1. ユーザーエージェントを取得する。
  2. 取得した文字と当てはまるか調べる。
  3. 当てはまればスマホページに移動。
  4. 当てはまらなければそのまま。

 

2  スマホページに貼るコードの処理の流れ

  1. ユーザーエージェントを取得する。
  2. 取得した文字と当てはまるか調べる。
  3. 当てはまらなければPCページに移動。
  4. 当てはまればそのまま。

 

ここからはPHPのコードです。

以下のPHPのコードをHTMLのheadタグ内にコピペしてください。

PCページに貼るPHPのコード

<?php 
        $ua = $_SERVER["HTTP_USER_AGENT"];
      if((strpos($ua,"iPhone") !== false)||(strpos($ua,"iPad") !== false)||(strpos($ua,"iPod") !== false)||(strpos($ua,"Android") !== false)||(strpos($ua,"Windows Phone") !== false)||(strpos($ua,"Windows Touch") !== false)){//
             header("location: スマホページのURLをここに記述してください");
               exit();
}

 

上記のコードをPCページに貼ってください。

で、次に以下のコードをスマホページに貼ってください。

スマホページに貼るPHPのコード

<?php 
        $ua = ["HTTP_USER_AGENT"];
      if((strpos($ua,"iPhone") !== false)||(strpos($ua,"iPad") !== false)||(strpos($ua,"iPod") !== false)||(strpos($ua,"Android") !== false)||(strpos($ua,"Windows Phone") !== false)(strpos($ua,"Windows Touch") !== false)){
      }else{
             header("location: PCページのURLをここに記述してください");
             exit();

 

以上のコードを貼ることでPCページとスマホページの切り替えが可能になります。

ぜひ使ってみてください。

もし、プログラミングに興味があってこの記事を見たなら下の記事でプログラミングに
関する本格的な学習をしていってプログラミング
ガチ勢に入るのがおすすめです。

プログラミングをYouTube学習する際に見るべき動画7選まとめ
プログラミングをYouTubeで学習したい人向け。この記事では、プログラミングをYouTubeで学習する際にチェックすべき7本の動画を一気にまとめて紹介していきます。YouTubeでプログラミングを動画学習したいと思っている人は、ぜひ記事をご覧ください。

 

おわり。

タイトルとURLをコピーしました