プログラミング学習に本はいらない?←用意するなら1冊だけでOKです

プログラミング

こんにちは、リュウスケです。

今日はこんな疑問に答えます↓

プログラミングを学習しようと思っているんだけど、学習に本って必要なのかな?ネット上では「必要無い」って意見もよく見るので、実際のところを教えてほしい。

リュウスケ
リュウスケ

この記事では「プログラミング学習に本はいらない?」←答えは「あっても無くても良いけど用意するなら1冊でOK」な理由を解説しつつ、プログラミングを学習する際のオススメ本を紹介していきます。

 

記事を最後まで読み終えることで「プログラミング学習に本は要らない?」←答えは1冊だけ
用意しておけばOKな理由と、プログラミングを学習する際にオススメの本を知ることが可能。

プログラミングを学習する際に本は必要なのか疑問に思っている人などは是非最後まで
お付き合いください。

1:プログラミング学習に本は要らない?←結論:あっても無くても良いけど用意するなら1冊でOK

結論から書くと、プログラミング学習に本はあっても無くてもOKです。

なぜなら、プログラミングの学習本で得られる情報はネット上のプログラミング学習サイトで
得られる知識がほとんどだから。

 

なので、プログラミングを学ぶ際に本は無くてもOKなんですよね...。

ただ、本無しでプログラミングを学ぶ場合はネット上のプログラミング学習サイトで学習の
基礎を調べつつ学ぶ感じになるので、サイトによって表記の違いがあったりして、初心者の頃は
学習していく上で混乱しがちなのがデメリット。

 

ですが、本の場合は1冊の中で書き方はほぼ同じなので学習する際に混乱することが少なく、
プログラミングを学ぶ際の行き詰まりにくくなるメリットがあります。

 

そのため、プログラミング初心者の人の中ではサイトによる表記の違いによって混乱して結果、
挫折する人も割と多いので、そうしたリスクを避けたい人は本を使って学ぶのが良いかなと。

リュウスケ
リュウスケ

そうした理由から、プログラミングを学習する際に本はあっても無くてもOKと書きました。

 

で、ここからは本を用意して学ぶ際に意識しておく点を書いていきます。
まず↓

本を用意して学ぶ場合は1冊用意しておけばOK

 

ここまで書いたように本はあっても無くても良いのが現実ですが、プログラミングを学ぶ際に
本を用意する場合は1冊だけ用意するようにしましょう。

 

なぜなら、プログラミングを学ぶ際に本が複数あると本によって表現が違うことがあるので、
その場合は本でプログラミングを学ぶメリットが削がれるから。

  • 複数本を用意する=本によって書き方が違って混乱する
  • 複数サイトを見る=サイトによって書き方が違って混乱する

 

複数サイトを見なくても1つのサイトだけで学習が完結する場合も無くはないですが、サイトが
サービス終了するリスクもありますし、中には基礎の重要な部分が抜け落ちているサイトも
あるので、その場合に複数のサイトを見て表現の違いなどで混乱することも多い印象。

 

ですが、本は1度入手すれば手元に残りますし、学習の基礎が抜け落ちている本は基本的に
存在しないので、1通りの学習は可能です。

リュウスケ
リュウスケ

そもそも、プログラミングを本で学ぶメリットは「表現の違いが少なくて混乱しずらいから。」←でしたよね。このメリットを自ら手放すことに繋がるので本は1冊だけにするのがオススメ。

基本的に本で学べるのは基礎だけです

 

もう一つ意識すべき点なのは、本で学習することが出来るのは基礎の部分だけで実践的な
開発の部分はほとんど学べないことが多いです。

 

ただ、「基礎の部分だけ」←と聞いてもピンとこない人もいると思うので解説しておきます。
基礎の部分とは以下のとおり↓

  • 言語のプロフィール
  • 変数
  • 関数
  • 自作関数
  • if文
  • for文
  • コメントアウト

 

これらの部分は主に本で学習することが出来ます。

リュウスケ
リュウスケ

ただ、これらを使ってどんなサービスを開発するかがプログラミング学習では重要になってくる部分ですが、その点は本にはあまり載ってないのが現実...。

 

なので、本でプログラミングを学べるのは基礎の部分だけ。応用や基礎を活用した本格的な
サービスの開発方法は本では学べないと思っておきましょう。

 

サービスの開発に関しては、ひたすら開発のやり方をググって出てきたコードを参考にしつつ
自分のサービスの処理の流れを考えてプログラミングしていく感じです。

詳しくは↓の記事で解説しているので気になった方はご覧ください。

プログラミングは独学できる?独学で学習する詳細な手順を解説します
独学でプログラミングは学習できるのか?や具体的なプログラミング学習の手順を知りたい人向け。この記事では独学でのプログラミング学習は可能なのか?と具体的なプログラミング学習の手順を解説していきます。プログラミングの独学が気になる人はぜひお読みください。

本が役立つのは基礎だけ、実践ではほぼ役に立ちません

 

なので、はっきり言うと本が役立つのは基礎だけで実践ではほぼ役に立ちません。

ですが、逆に言うと基礎はしっかり学ぶことが出来るのが本のメリットとも言えます。
ただ、何度も言うように実践ではほぼ役立たないのが事実。

 

そのため、基礎を学んだ後にいきなり実践で混乱するかもですが、そうやって学習するのが
プログラミングを学ぶ上では一番有効なやり方。

例えばこんな感じです↓

  • PHPの基礎学習が完了→PHPで簡単な掲示板サイトを開発する
  • Javaの基礎学習が完了→Javaで簡単なアプリを作ってみる

 

などなど、実践的なサイトなどを開発してみる感じです。

リュウスケ
リュウスケ

基礎学習を繰り返していると楽ですが、身に付く知識は限られてきますし、本来プログラミングは何かを開発するための手段であって目的ではありません。

 

なので、手段としてプログラミングの基礎を覚えたら目的を達成させるのがオススメ。

大事なのは手を動かしてコードを書くことです

 

この点を考えると本当に大事なのは基礎学習ではなく、実際に手を動かしてコードを書くこと。

なので、本題と逸れますが本やサイトで基礎を学んだ後は実際に手を動かしてコードを書く方が
本を読んだりサイトを見るよりもプログラミングは身に付きやすいです。

 

なぜなら、さっきも少し書いたようにプログラミング言語は目的では無く手段だから。

少しピンとこない人もいるので、わかりやすく書くとイメージ的には刃物と同じです。

リュウスケ
リュウスケ

刃物にもチェーンソーから料理をする際に使うナイフなど色んな種類がありますが、基本的な「物を切ることができる」←という共通点は同じですよね。

 

その点、プログラミング言語の中でもPHPはWEBサービスの開発、SwiftはIOSアプリの開発と
用途は違いますが「変数、関数」などの基礎的な概念は同じですし、プログラミング言語という
共通の概念を持っています。

 

なので、プログラミング言語は目的では無く手段。手段を目的にするとほぼ確実に挫折します。

そのため、何かを開発するのを目的にして、それを開発するための手段としてプログラミングを
学ぶイメージを持っておくと挫折しづらい印象。

 

で、目的にしたものを手段としてプログラミングを使って開発できた段階でプログラミングの
習得はできていると思ってOK。

理由は、手段としてプログラミングを使って目標を完成させることが出来たから♪

リュウスケ
リュウスケ

こんな感じでプログラミングはサイトや本を読んで基礎的な部分が身に付いた後は、手を動かして実践的な開発を進めていくのがオススメです。

結論:あっても無くても良いけど、用意するなら1冊だけでOK

 

繰り返しますが答えは上の通りで、プログラミング学習で本はあっても無くても良いけど、
用意する場合は1冊だけでOKです。

そもそも本で学べるのは基礎学習の部分なので、あまり重点を置く必要が無いのが現実ですが、
サイトによって表現が違うと混乱するタイプの人は本で学ぶのがベスト。

で、本だけではカバーしきれない部分があった際はググって学びましょう。

 

リュウスケ
リュウスケ

ですが、いずれにせよ重要なのは、何かを開発しつつプログラミングを学んでいくことなので、基礎学習を本で学ぶかサイトで学ぶかはそこまで重点を置く問題でもないのが現実ですね...。

なので↓

プログラミングの基礎を学ぶ際にサイトによって表現が違うと混乱しそうだな...。

みたいな感じの人は本を入手して学ぶのがオススメ。

逆に「表現が違っても大して混乱しそうにない人は、本が無くてもネットの情報だけで学べると
思うので、そうした人は本は無くても良いかな」というのが答えです。

 

次にプログラミングを学習していく上でオススメな本を紹介していきます。

とはいえ、本にはそこまで大きな差は無いですが、プログラミングを学ぶことが出来る本の
中でオススメを知りたいと思っている人は是非お付き合いください。

2:オススメのプログラミング学習本を紹介

基本的には自分がどの言語を学びたいと思うかによって選ぶべき本は変わってきます。

なので、どの言語を学ぶか決めていない場合は本を選ぶ前に言語を決めましょう。

 

言語選びのやり方は下の記事で解説しているので、学習したいと思う言語が決まってない人は
下の記事で学習したいと思う言語を決めて下さい。

【初心者向け】プログラミング言語の選び方と注意点を解説します
プログラミング言語選びに迷っている人向け。この記事ではこれからプログラミングを学習しようと思っている人向けにプログラミング言語の選び方や言語を選ぶ上で注意すべき点を解説していきます。プログラミングう言語選びで迷っている人は必読の内容です。

 

で、言語を決めたら本を決めましょう。オススメ本は以下の言語別で紹介します。

  • HTML/CSS
  • JavaScript
  • PHP
  • Ruby
  • Java
  • Swift
  • Python

 

では、順番に見ていきましょう↓

HTML/CSS|1冊ですべて身につくHTML & CSSとWebデザイン入門講座

 

HTMLとCSSを学ぶ際は↑を読んでおけば問題ないかなと。

HTML/CSSの知識のほとんどは、この本を読むだけで身に付くような内容になっていますし、
この本を読めばWEBデザインの基礎的な知識が身に付く内容はず。

ちなみに、HTML/CSSはプログラミング言語ではなくマークアップ言語です。なんですが、主にPHPを使ってWEBサービスを開発する際は同時に学ぶことが多いので、事実上プログラミング言語みたいな感じで扱われています。

 

なので、PHPやRubyでWEBサービスの開発をする場合は、プログラミング言語では無いので、
例外で2冊用意するのもアリです。

この点は割と複雑なので注意しておきましょう。

JavaScript|3ステップでしっかり学ぶJavaScript入門

 

JavaScriptを学習できる本の中でオススメは↑の本ですね。

JavaScriptの文法や基礎などはこの本を一冊読めば基本的には身に付く感じの内容なので、
これからJavaScriptを学びたいと思っている人はこの本が良いかと思います。

PHP|ゼロからわかるPHP超入門

 

PHPを学ぼうと思っているなら上の本がオススメ。

これ一冊でWEBの仕組みからPHPの言語の仕様などが載っている本なので、PHPの基礎的な
知識はこの本を読めば身に付く感じ。

 

基本的にWEBサービスを開発する場合はPHPを学んでおけば問題ないので、WEBサービスを
開発したいと思っている人向けです。

Ruby|ゼロからわかるRuby超入門 はじめてのプログラミング

 

次にRubyを学びたいと思っている人は↑がオススメ。

この本は実際に読んだ結果、Rubyの文法の基本などが丁寧に書かれていて、初心者向けな
印象を受けたので、ここで紹介しました。

 

RubyはPHPと同じくWEBサービスの開発をメインに使用されている言語なので、PHPと被る点が
多いんですが、初期のTwitterがRubyで開発されていたことで有名です。

なので、Twitterみたいなサービスを開発したいならRubyが良いですね。

Java|ゼロからわかる Java超入門

 

次にJavaを学びたいと思った人は↑の本を読むのが良いかなと。

プログラミングの経験が無い人でも、本を読むことでJavaの基礎的な知識は一通り身に付く
内容になっている印象です。

 

Javaはスマホアプリの開発以外にもWEBサービスの開発など幅広く使われる言語なので、
汎用性が高いのがメリット。

ただ、コードを書く量が多かったりと初心者には少し難しいのがデメリットですね...。

Swift|たった1日で基本が身に付く!Swiftアプリ開発超入門

 

Swiftを学びたいと思っている人は↑の本がオススメ。

この本ではSwiftの基礎を学びつつ、Swiftを利用してiPhoneアプリを作っていくような内容に
なっているのが特徴で、割と実践的な内容になっています。

 

Swiftは、開発されてから時間があまり経っていないこともあってか本が少ない印象ですね...。
ただ、その中でも内容が充実している感じだったので挙げて見ました。

Python|3ステップでしっかり学ぶPython入門

 

Pythonを学習したいと思っているなら↑の本がオススメ。

プログラミングの基礎的な知識やPythonの基礎などはこの本を読めば理解できるような内容に
なっているので初心者向けな印象です。

 

PythonはAI(人工知能)の開発で広く使われている言語なので、これから伸びていくことが
ほぼ確実なので今のうちに学んでおくと良いかもです。

C#|3ステップでしっかり学ぶC#入門

 

最後にC#を学びたいと思っている人は↑の本がオススメ。

C#を学ぶ上での基本的な知識はこの本で身に付く感じの内容になっているので、C#を使って
開発を進めたいと思っている人向け。

 

ちなみに、C#は初心者には少し難しい言語なんですが、PCゲームの開発をする場合に多く
使われている言語の1つとして有名です。

 

まとめ

以上がプログラミング学習で本は必要なのか?←あっても無くても良いけど用意するなら1冊で
OKな理由の解説と、プログラミングを学ぶ際のオススメ本の紹介でした。

 

この記事が、プログラミングを学習する上で本は必要なのか疑問に思っていた人などの参考に
なったら嬉しいです。

おわり。

オススメ記事↓

おすすめのプログラミングスクールを徹底解説|無料体験あり
プログラミングスクール選びで迷っている人向け。この記事では13歳からプログラミングをやっている筆者が、沢山あるプログラミングスクールの中でも特にオススメのプログラミングスクールを紹介していきます。プログラミングスクール選びで迷っているなら必読です。
タイトルとURLをコピーしました