子供の頃からプログラミングを学ぶことに意味あるのか?【微妙です】

プログラミング

こんにちは、リュウスケです。

今日はこんな疑問に答えます↓

最近、子供にプログラミングを教えている親をよく見るんだけど、子供の頃からプログラミングを学ぶことに意味ってあるのかな?意味があるなら学ばせようか迷っているので教えてほしい...

リュウスケ
リュウスケ

この記事では、13歳の時にプログラミングを学んで習得した筆者が、「子供の頃からプログラミングを学んでも意味あるのか?」や「子供がプログラミングを学ぶ際の注意点」を解説していきます。

 

記事を最後まで読み終えることで「子供の頃からプログラミングを学んでも意味あるのか?」や
「子供がプログラミングを学ぶ際の注意点」を知ることが可能。

「子供の頃からプログラミングを学んでも意味あるのか?」や「子供がプログラミングを学ぶ
際の注意点」を知りたい人は、ぜひ最後までお付き合いください。

 

1:子供の頃からプログラミングを学んでも意味あるのか?

答えから言うと、記事のタイトルにも書いてあるように微妙です。

結論:意味あるかは微妙です

 

なぜなら、子供の頃からプログラミングを学習しても、将来プログラミングを学ぶことで得た
プログラミングスキルを活用することになるとは限らないから。

実際に、子供の頃にプログラミングを学んでも大人になった時にプログラミングの知識が必要な
職業に就くかは不明ですよね。

リュウスケ
リュウスケ

かつ、世の中プログラミングの知識を必要とする職業より、プログラミングの知識が無くても問題ない職業の方が圧倒的に多いのが事実。

その点を考えてもあえて子供の頃に学ぶメリットも薄いのが現実です...。

それに加えて、IT業界は日々技術がアップデートされていく世界なので「子供の頃に少しだけプログラミングを学んでみる」的な感じで学んでも大人になってから、子供の頃に学んだ知識が約に立たなくなっていることもあるかなと。

 

その場合に、子供の頃に学んだ知識が邪魔をして新しい技術の定着が遅れるリスクもあります。

なので、「なんとなく将来役に立ちそうだから、子供にプログラミングを教えてみよう...」的な
感じで思っている場合は、そこまで意味がありません。

 

というか、プログラミングスキルは大人になってからでも身に付くので、プログラミング自体を
子供の頃に、あえて学ぶ必要も無いのが現実です。

なお、この点だけ聞くと「子供の頃にプログラミングを学んでも意味ない」と思うかもですが、
もちろん意味がある場合もあります。

ただ、意味ある場合も一応あります

 

ただ、一応注意点としてプログラミングを子供の頃から学んでも意味ある場合もあります。

具体的には以下のとおり↓

  • 子供がエンジニアになりたいと希望している場合
  • 子供プログラミングを学びたいと希望する場合
  • WEBやアプリ、AI、ゲームの開発に興味を持っている場合

 

などなど、こんな感じでプログラミング学習に興味を持っている場合は、プログラミングを
学んでも十分意味があります。

なぜなら、プログラミングを学びたいと思っている子供がプログラミングを学ぶと、普通に
身に付きやすいですし将来役に立つ可能性が高いから。

リュウスケ
リュウスケ

実際、プログラミングを学びたいと思ってプログラミングを学び習得した際は、エンジニアなどの職業に就く可能性も高いと思いますし、オリジナルサービスを開発してサービスがヒットする可能性もあります。

 

なので、子供がプログラミングに興味を持っている場合はプログラミングを学ぶことで、
得られるメリットもかなり大きいのが事実。

将来の選択肢も広がりますし、好きで学んだプログラミングを生かした仕事などの選択肢が
出てくると子供にとっても嬉しいはず♪

 

そのため、子供がプログラミングに興味を持っている場合は、プログラミングを学んでも意味が
無いことはありませんし、むしろ十分意味があります。

それを考えると、子供がプログラミングに興味を持っている場合は学ばせるのが良いかなと。

基本的に、上のどれかに該当しない限り意味無いです

 

ですが、基本的に上の条件に一致していない子供にプログラミングを教えてもほとんど意味は
無いですし、むしろ逆効果になることもあるかなと。

なぜなら、プログラミングにほとんど興味ないのに学んでも、あまり知識は身に付きにくい上に
学んだ知識が将来役に立つとは限らないから。

 

実際に、さっきも書いたようにIT業界は技術が日々進歩していく世界なので、子供の頃に
学んだ知識が大人になった頃にはほとんど役に立たない可能性も大いにあります。

リュウスケ
リュウスケ

かつ、興味が無いのにプログラミングを学んで難しくて挫折した場合はITへのアレルギー的な先入観を持ってしまう結果になりかねないのが事実。

 

なので、子供がプログラミングに興味を持っていない場合は、将来役に立たない可能性が高い
分野に対してお金をかけるよりも、他の部分にお金を使った方が良いかなと。

その方が、最終的には子供の為になるとも思いますし、プログラミングの知識が必要無い仕事も
沢山あるので、無理にプログラミングを学ぶ必要はありません。

なので、子供の頃から学んでも微妙です

 

その点を考えると、繰り返しですが「子供の頃からプログラミングを学んで意味あるか?」と
聞かれると「微妙」という結論に至ります。

子供がプログラミングに対して興味を持ってないのに「何となく将来役立ちそうだから今の
内に学んでおくと良いのかな?」と思ってプログラミングを学んでも意味は無いのが事実。

 

ただ、子供がプログラミングに興味があってプログラミングを学ぶのは、将来の選択肢を広く
する為にも十分意味があります。

リュウスケ
リュウスケ

かつ、オリジナルサービスがヒットすると一攫千金も夢では無いですからね♪

その結果、基本的には子供の頃からプログラミングを学んでも意味は無いと思いますが、子供が
プログラミングに興味を持っている場合は大いに意味あるので「微妙」と書きました。

基本的には、プログラミングを学んでも意味ありませんが、子供が興味を持っている場合は
学ばせてみるのも良いかと思います。

2:子供がプログラミングを学ぶ際の注意点

ここからは、子供がプログラミングを学ぶ際の注意点を解説していきます。

この点を意識して、学んでいないと子供の頃からプログラミングを学んでいても、結局将来の
役に立つとは限らないので要注意。

 

子供がプログラミングに興味を持っている場合は、この部分を意識して学んでもらうように
意識しておくのがオススメ。で、その注意点は以下のとおり↓

  • 子供向けサービスを利用しない
  • 目標を持ったうえで学習する
  • ネットの使用に制限を掛けない

 

1つずつ順番に見ていきましょう♪

1:子供向けサービスを利用しない

 

まず、意外に思う人が多いかもですが子供の頃からプログラミングを学ぶ場合に、子供向けの
プログラミングサービスを利用しないことが重要。

なぜなら、子供向けのプログラミングサービスでプログラミングを学んで、何らかのサービスを
開発しても、大人になってそのサービスを使うことはほとんど無いから。

 

なので、子供向けプログラミングサービスで大人になってから役に立つようなプログラミングの
スキルはほとんど身に付かないのが事実。

リュウスケ
リュウスケ

その点を考えると、子供向けのプログラミング学習サービスでプログラミングを学習するのはオススメしません。

でも、ここで↓

子供向けのプログラミングサービスでプログラミングを学ばない方が良いのはわかりました。だったら、具体的にはどんな形で学ぶのが良いのかな?年齢的に難しくないのが良いと思うんだけど...

的な感じで思う人も多いはず。

で、これに関して答えから書くとPHPやRubyなどのプログラミング言語の中でも難易度が
低いWEB系の
スクリプト言語から学ぶのがオススメ。

 

理由は、WEB系言語は難易度が低い上に「WEBサイトの数だけ需要がある」と言っていいほど
需要が多いのでネット上に情報も充実しているから。

リュウスケ
リュウスケ

難易度的には13歳の筆者でも習得出来たレベルなので、その点を考えると初めからPHPなどの割と簡単なプログラミング言語からプログラミングを学んでいくのが良いかなと。

 

PHPは普通にYAHOOやFaceBookなどの一流のWEBサービスで利用されている言語なので、
子供向けのプログラミングサービスで学習するのとでは学びの質が違います♪

2:目標を持った上で学習する

 

あと、プログラミングを学ぶ上では目標を持った上で学習するようにしましょう。

その理由は、本来プログラミングは「目的」ではなく何かを開発するための「手段」なので、
目標が無いとプログラミング学習では行き詰りがちになるから。

 

具体的なイメージとしては↓みたいな感じです。

  • ○○を開発するためにプログラミング言語のPHPを学ぶ
  • プログラミング言語のRubyを使って○○を開発する

 

こんな感じで、手段として目的のサービスを開発する感じでプログラミングは利用されるので、
手段として実際にプログラミングを使う流れを意識しつつ学んだ方が実践的。

リュウスケ
リュウスケ

もっとわかりやすく書くと、料理をする際のナイフは、料理をするための「手段」として使いますよね。それと同じで、プログラミング言語も「何かのサービス(料理)」を作るための「手段」として使う感じです。

 

その点を考えると、目的を持たずにプログラミングを学ぶのは、料理をやるつもりは無いのに、
料理をする際に使うナイフの使い方を学ぶようなものです。

料理をするつもりが無いのに、学んでも意味ないですよね。

 

なので、そうならない為に子供にあらかじめどんなサービス(WEBサイトかアプリかなど)を
開発したいのかを確認して、どの言語を学ぶか決めるのが良いかと。

個人的なオススメは難易度の低いWEBサービスの開発ですが、自分が開発したいサービスを開発しつつ学んだ方が学習意欲も湧きやすいので、何を開発したいのかによります。

 

かつ、この学習法はWEBサイトなど何らかのサービスを開発しつつ学ぶ感じになるので、
成功すると開発したサービスが成果として残るのがメリット。

実際に成果として開発したサービスが手元に残るのは嬉しいですよね♪

3:ネットの使用に制限を掛けない

 

最後に、プログラミングを学習する場合はネットの使用に制限を掛けないのも重要です。

なぜなら、プログラミング学習はその都度学習する内容を検索しつつ進める感じになるので、
ネットの使用に制限が掛かっていると、スムーズに学習が進まないから。

 

スムーズに学習が進まないと、プログラミングを学んでいく上でのモチベーションや意欲も
下がりがちになるので、子供の芽を潰しかねないので要注意。

リュウスケ
リュウスケ

プログラミングを学習する上でインターネットは必需と言っても良いツールなので、それを制限するのはプログラミングを学ぶことを妨害しているようなものです。

 

なので、普段はインターネットの使用に制限を掛けている場合でもプログラミングに関しては
一種の勉強だと考えて制限を解除するのがオススメ。

その方が最終的には子供の為にもなると思いますし、インターネットに制限が無い方がスキルは
圧倒的に身に付きやすいです。

3:学ぶのは独学が良いの?スクールが良いの?

ここまで記事を読んでいて↓

子供がプログラミングを学ぶ上での注意点は分かりました!ただ、子供がプログラミングを学ぶのは独学で親がサポートする形が良いのか、スクールが良いのかわからないので教えてほしい。

みたいな感じで、疑問を持った人もいるかもなので、この点について解説していきます。

で、答えから書くと独学が良いかスクールが良いかは場合によって変わります。

 

なので、一概に「独学で学ぶべき」とも「プログラミングスクールで学ぶべき」と言えないのが
事実。そのため、それぞれ場合別で解説していきます。

1:独学で学ぶのが良い場合

 

まずは、独学で学ぶのが良い場合から。以下のとおり↓

  • 子供が小さい(10歳未満)
  • オリジナルのサービスを開発したい場合
  • 十分な学習時間を確保できるか微妙な場合
  • 金銭的に余裕がない場合

 

これらのどれかに該当した場合はプログラミングスクールでは無く、独学でプログラミングを
学んでいくのがオススメ。

リュウスケ
リュウスケ

記事を書いている筆者も13歳の時にプログラミングを独学で学習して習得したので、その点を考えると子供でもプログラミングを独学で習得することは可能。

 

なので、金銭的に余裕がない場合や学習時間を確保できるか微妙、年齢が小さいなどの理由で
プログラミングスクールを利用できない場合でも、独学で問題なくプログラミングを学べます。

その点を考えるとプログラミングを学びたいと思っている場合で、上のどれかに該当する場合は
独学でプログラミングを学んだ方が良いですね。

なお、年齢が10歳未満など小さい場合は親がサポートした方が良い上に、スクールの場合は学習内容が大人向けになっていることが多いので少し難しい印象です。なので、子供の年齢が低い場合は親がサポートしつつ独学で学んでいくのが良いかなと。

 

プログラミングの基礎自体は普通に独学で理解できるので「子供と一緒に学んでいく」的な
感じで進めていくのがオススメ。

その方が親のスキルアップにも繋がるので良いですよね♪

2:プログラミングスクールで学ぶのが良い場合

 

次に、プログラミングスクールで学ぶのが良い場合です。以下のとおり↓

  • 子供が10歳を超えている
  • 金銭面で余裕がある
  • 充実した環境で学んでほしい場合
  • 将来エンジニアになるのを希望している場合

 

などなど、こんな感じでプログラミングを本気で学びたい場合はプログラミングスクールを
利用するのも1つの手段です。

ただ、プログラミングスクールのカリキュラムは大人向けに設定されていることが多いので、
その点を考えると10歳以上ぐらいでないと利用するのは厳しいのが事実。

 

かつ、プログラミングスクールは料金が10万円を超える場合が多く、少し料金が高いので
ある程度金銭的に余裕がない場合は厳しいかと。

リュウスケ
リュウスケ

なので、金銭的に余裕がある場合のみ検討した方が個人的には良いかなと思います。そもそもプログラミング自体は独学で習得できますからね♪

 

ただ、プログラミングスクールの場合は、しっかりとプログラミングのスキルを身に付けられる
カリキュラムになっているので学習内容は非常に充実しています。

そのため、子供が本気でプログラミングに取り組みたいと思っていて金銭的にもそれなりの
余裕がある場合はプログラミングスクールで学ぶのもオススメ。

3:どちらが良いかは場合によって変わるので、最適だと思った方を選びましょう

 

繰り返しになりますが、どちらを選ぶのが良いかは場合によって変わるのが事実。

なので、上で紹介した「独学が良い場合」と「プログラミングスクールで学ぶのが良い場合」を
見比べてどちらを選ぶか決めるのがオススメ。

 

その方が、子供に合ったプログラミングの学習法を選ぶことができるので「子供がどちらで
学びたいと思っているのか?」など、色んな視点で検討するのが良いかなと。

リュウスケ
リュウスケ

両者をしっかり見比べて決めることで、子供がプログラミングを学ぶ上で失敗するリスクも下がってくるので、よくよく検討して決めましょう。

 

そのため、繰り返しになりますが子供がプログラミングを学ぶ際に独学で学ぶのが良いのか、
プログラミングスクールで学ぶのが良いかは場合によって変わります。

ここは重要な部分なので何度も繰り返しますが、子供がプログラミングを学ぶ上では「独学が
良いか?」、「プログラミングスクールが良いか?」しっかり見比べて決めるのがオススメ。

 

◆まとめ

以上が、子供の頃からプログラミングを学ぶことに意味あるのか?についての解説でした。

この記事が、子供の頃からプログラミングを学ぶことに意味あるのか?気になっていた人などの
参考になったら嬉しいです。

 

おわり。

おすすめのプログラミングスクールを徹底解説|無料体験あり
プログラミングスクール選びで迷っている人向け。この記事では13歳からプログラミングをやっている筆者が、沢山あるプログラミングスクールの中でも特にオススメのプログラミングスクールを紹介していきます。プログラミングスクール選びで迷っているなら必読です。
タイトルとURLをコピーしました