【必見】プログラミングで挫折する人の特徴5選←当てはまったら危険

プログラミング

こんにちは、リュウスケです。

今日はこんな疑問に答えます↓

プログラミング学習では挫折する人が多いって聞くけど。挫折する人の特徴ってあるのかな...?特徴があるなら学習する前に知っておいた方が良いと思うので教えてほしい。

リュウスケ
リュウスケ

この記事ではプログラミング学習で挫折する人の5つの特徴を解説しつつ、プログラミング学習で挫折する人が多い状況がメリットでもある理由を書いていきます。

 

記事を最後まで読み終えることでプログラミング学習で挫折する人の特徴5選と、挫折する人が
多い状況がメリットでもある理由を知ることが可能。

プログラミングで挫折する人の特徴を知りたいと思っている人は最後までお付き合いください。

 

1:プログラミングで挫折する人の特徴5選

以下のとおり↓

  • プログラミング言語が目的になっている
  • 目標を設定しないで学習している
  • 全てを一度で覚えようとしている
  • 言語を丸暗記しようとしている
  • 基礎学習をループしている

 

1つずつ順番に解説していきます。

 

1:プログラミング言語の習得が目的になっている

 

まず、挫折する人に多いのがプログラミング言語の習得が目的になっていること。

少しわかりにくいかもですが本来プログラミング言語は何かを完成させるための手段であって、
目的では無いのが事実。

↓みたいな感じで書くとわかりやすいはず。

  • サイトを開発する→PHPで開発する
  • アプリを開発する→Javaで開発する

 

などなど、何かを開発するための手段としてプログラミングを使うことを意識して学習しないと
どこかで行き詰って挫折します。

基本的に手段の学習には終わりが無いですからね...。

リュウスケ
リュウスケ

で、ボクが良く使う例えで「プログラミング言語は刃物とよく似ている」というのがあって、刃物も料理を作る際のナイフから木などを切る際に使うチェーンソーまで幅広いですよね。

ですが、これらには「料理を作る」や「木を切る」など目標があって刃物は手段に過ぎません。

 

プログラミングも同じで「WEBサービスを開発する際に使うPHP」や「アプリを開発する際に
使うJava
」など言語によって幅広いですよね。

ただ、プログラミング言語も「サイトを作る」や「アプリを開発する」など目標を実現する為の
手段として利用される感じ。

 

なので、プログラミング言語は刃物と同じように目標ではなく手段です。

そのため、プログラミング言語の学習を目標にして学習を進めていくとどこかで行き詰って
挫折するのでオススメしません。

 

2:目標を設定しないで学習している

 

1と少し被りますが、プログラミング学習では目標設定が大切です。

理由は1番と同じでプログラミング言語は目標ではなく手段なので、目標が設定されていないと
学習を進めていく上でゴールが無いので行き詰るから。

 

なので、目標を設定してプログラミングを学びましょう。目標設定の具体例はこんな感じ↓

  • PHPを学んで掲示板サイトを作る
  • SwiftでIOSアプリを開発する
  • PythonでAI(人工知能)を開発する

 

しっかり「○○を開発する」←という目標を立てて、それを開発するためにプログラミングを
学んで結果習得するという感じですね。

それだと、当然基礎も学びつつ開発する感じになるので学習の効率も良いです。

 

ただ、ここで↓

自分の場合はプログラミングを学んで転職したいと思っているんだけど、その場合の目標設定はどうしたら良いのかな...?

と思うかもですが、この場合は転職したいと思っている会社が業界(WEB系やアプリ系など)が、
しっかり目標を持っているはず。例えば以下のとおり↓

  • WEBサービスの会社はWEBの開発と運営を目標にしている
  • アプリ開発の会社はアプリの開発を目標にしている

 

みたいな感じで、何らかの目標を達成させる手段としてプログラミングを使っているのが事実
なので、結局プログラミング言語が手段であることに変わりはありません。

 

この部分をしっかり理解して目標設定を立てていないと学習のキリが無くなってゴールが
見えてこなくて挫折する結果になりがちです。

なので、目標設定はしっかり立てた上でプログラミングを学習するようにしましょう。

 

3:全てを一度で覚えようとしている

 

全てを一度で覚えようとしている人もプログラミング学習ではほぼ確実に挫折します。

理由は、プログラミング自体が全てを一度で覚えられるほどの物でははない上に、全てを一度で
学習しても基本的には意味が無いから。

 

まぁ、プログラミング学習で全てを一度で覚えたり理解できた人がいたら普通に凄いです。
全てを一度で理解するのは本当に大変なので...。

あと、そもそも全てを理解してもその大半は実際の開発では基本的に使うことが無いので、
全てを理解するメリットもそこまで大きくないのが事実。

 

なので、プログラミングの全てを一度で理解しようとするのはオススメしません。

リュウスケ
リュウスケ

基本的にプログラミング学習は基礎的な部分の概念などを理解したら、後は必要な分を必要な時にその都度学んで身に付けていくような感じ。

 

その点、実際に開発を進めて手を動かしてコードを書きつつ学ぶのが一番のプログラミングの
学習法でもあったりします。

そのため、全てを1度で覚えようとしている人は意味が無い+挫折する可能性大です。

 

4:言語を丸暗記しようとしている

 

3と少し被る部分がありますが、言語を丸暗記しようとしている人も挫折する確率が高いです。

なぜなら、一つのプログラミング言語を丸暗記しようと思うと数千個ある関数などを全て覚える
必要があるので、現実的にはほぼ無理だから。

 

かつ、プログラミング自体目的では無く手段なので手段を丸暗記しても大して意味が無いので、
いざ丸暗記できたとしてもそこまで役に立たないのが事実。

なので、プログラミング言語を丸暗記しようとするとほぼ確実に挫折します。

 

リュウスケ
リュウスケ

そのため、プログラミングを学習する際に言語を丸暗記するのはやめましょう。かつ、丸暗記しても得られるメリットも大きくないですし...。

 

一番良いのは、記事内で何度も書いているように基礎的な部分をしっかり学習した後は実際に
サービスを開発しつつ必要な分を、必要なだけ学んでいくのが良いです。

そうやって学んでいく内に、言語への知識は自然と身に付いてくるので♪

5:基礎学習のループを繰り返している

 

最後に、基礎学習のループを繰り返している人も挫折する人の特徴の1つ。

プログラミングにはある程度どの言語にも共通している部分や概念があります。で、それらの
基礎学習はそこまで難しくないのが事実。

 

プログラミングの基礎学習は主に以下の部分です↓

  • コメントアウト
  • 変数
  • 自作関数
  • 関数
  • if文
  • for文

 

これらを学んで「どんな時に使うか?」や使い方を学習していくのは学ぶのが楽しいと思う人が
多いんですが、これらの基礎学習を繰り返していても上達はしません。

なぜなら、さっきも書いたようにプログラミングは目的では無く手段だから。

 

そして、次第に同じことを何度も学習していることに気が付いて、何を学べば良いのかが
わからなくなって挫折するパターンですね...。

 

これに関しては、基礎学習を終えたらサービスを開発してみることで解決します。

例えば、さっきプログラミング言語は刃物と似たようなものだと書いたので、刃物で例えると↓

リュウスケ
リュウスケ

料理を作る際のナイフの使い方を学んでも、実際に料理を作らないと使い方を学んだ意味が無いですよね。

 

それと同じで、プログラミング言語の共通している概念や使い方を知ったら実際に学んだ言語を
使ってサービスを開発してみましょう。

個人的にはそれが一番のプログラミング上達への近道だと思っています。

 

簡単なまとめ

もう一度まとめておくと、プログラミング学習で挫折する人の特徴は以下のとおり↓

  • プログラミング言語が目的になっている
  • 目標を設定しないで学習している
  • 全てを一度で覚えようとしている
  • 言語を丸暗記しようとしている
  • 基礎学習をループしている

 

などなど、これらの中のどれか1つにでも当てはまった人はプログラミング学習で挫折する
可能性が高いので学習を進めていく上で要注意。

 

ですが、記事を読んで気づけただけでもラッキー。学習する際に挫折する可能性がある部分を
知れたので、それを改善しつつ学習を進めていきましょう。

2:でも、挫折する人が多いのはメリットでもあります

ここまで書いてきたように、プログラミング学習では上で紹介した5つの特徴のいずれかに
当てはまって挫折してしまう人が多いのが事実。

ですが、このプログラミング学習で挫折する人が多いのはメリットにもなります。

挫折する人が多いのがメリットな理由

 

理由は自分がプログラミング学習で挫折することなく、継続していれば周りは勝手に挫折して
結果的に自分が上位にいるような感じになるから。

例えばこんな感じ↓

  • 1月:100人がプログラミングを始めたいと思う
  • 12月:10人が残っている現状

 

こんな感じで、プログラミング学習では挫折する人が多いのが事実。なので、自分が10人の
中に入るためには継続することが大事です。

継続していれば自然と上位に入っている感じになるので、プログラミングを学ぶ上ではとにかく
継続することを第一に考えておくのがオススメ。

 

逆に言うと継続できれば周りは勝手に消えていくと言っても過言では無いので、学習が大変でも
無理のない範囲で続けていくようにしましょう。

そうすると、周りの同時期に始めた人たちはいつしか勝手に消えています...。

勝手に自分の価値が自然と上がっていきます

 

あと、周りが勝手に挫折していくと自分の価値も勝手に上がっていくのも嬉しい点の1つ。

イメージ的にはこんな感じ↓

  • 1月:100人が学習を始める
  • 12月:10人だけが継続して習得に成功←(後の90人が挫折)

 

みたいに挫折する人が多いので「自分は挫折したけど継続した○○さんは凄い」的な感じで
学習を継続しただけで自分の価値が上がります。

自分の価値が上がると嬉しいですし、そもそも自分は継続しただけであって、周りが勝手に
挫折した結果自分の価値が上がるというチート行為だったりもします。

 

裏技みたいな感じで良いですよね♪

こんな感じで、継続している人が自然と勝ち組になっているのがプログラミングの世界。

リュウスケ
リュウスケ

ボクはプログラミングを習得できましたが、ボクが学習していた頃と同じ時期に学習をしていて、よくチェックしていたTwitterユーザーの人も多くが今では挫折して別な世界に行ってますね...。

 

なので、プログラミング学習で挫折する人が多いのはメリットにも働きます。
なぜなら「挫折する人が多い=継続した人が勝てる、なおかつライバルが勝手に消える」から。

プログラミング学習で挫折すること無く継続するのは難しいですが、継続するのが重要です。
継続していれば周りは消えて自ずと自分の価値がいつしか上がっているのがメリットです。

 

まとめ

以上がプログラミング学習で挫折する人の5つの特徴の解説と、プログラミングで挫折する人が
多いことがメリットにもなる理由でした。

この記事がプログラミング学習で挫折する人の特徴が気になっていた人や、プログラミングで
挫折したくないと思っている人の参考になったら嬉しいです。

 

おわり。

オススメ記事↓

おすすめのプログラミングスクールを徹底解説|無料体験あり
プログラミングスクール選びで迷っている人向け。この記事では13歳からプログラミングをやっている筆者が、沢山あるプログラミングスクールの中でも特にオススメのプログラミングスクールを紹介していきます。プログラミングスクール選びで迷っているなら必読です。
タイトルとURLをコピーしました