RaiseTech(レイズテック)の料金は高いのか?【割引についても解説】

RaiseTech

こんにちは、リュウスケです。

今日はこんな疑問に答えます↓

RaiseTechを利用してプログラミングを学びたいと思っています。で、1つ気になっているのがRaiseTechの料金。あまり高いと困るのでRaiseTechの料金を知りたいです。あと、割引で安くする方法もあったら教えてほしい...。

リュウスケ
リュウスケ

この記事では、RaiseTechの料金や割引で安くする方法を解説していきます。

記事を最後まで読み終えることで、RaiseTechの料金や割引で安くする方法を知ることが可能。

RaiseTechの料金や割引で安くする方法を知りたい人は、ぜひ最後までお付き合いください。

1:RaiseTechの特徴

まずは、簡単にRaiseTechの特徴を解説していきます。

1:RaiseTechの特徴

 

RaiseTechの特徴は大きく分けて以下の5つ↓

  • 講師の質が高い
  • サポート体制が充実している
  • オンラインでの学習なので場所を問わず学べる
  • 転職・就職サポートが用意されている
  • 無料体験を受けられる

 

1つずつ順に解説していきます。

1:講師の質が高い

 

まず、1つ目の特徴としてRaiseTechは講師の質が高いことが挙げられます。

RaiseTechの講師陣は全員が現役エンジニア、デザイナー、マーケッターで月単価80万円以上の
現役の人が採用されています。

 

なので、現場の最前線で活躍している講師から今求められている技術や知識を学ぶことが可能に
なっているのがRaiseTechの学習です。

リュウスケ
リュウスケ

現場の最前線で活躍している人から直接学べるのは本当に嬉しいですよね。

教えてもらえる講師の質が高いと、学習の質も非常に充実したものになるでしょうから、現役の
エンジニア、デザイナー、マーケッターから学べるのは非常に大きなメリットです。

2:学習のサポートが充実している

 

学習のサポートが充実しているのも、RaiseTechの特徴の1つに入ってます。

RaiseTechでは受講期間中はもちろん、受講終了後も半永久的に学習のサポートを受けることが
可能になっているのがメリットの1つ。

 

具体的な学習のサポートは以下のとおり↓

  • チャットや面談での相談は無制限
  • 状況に応じて補講の実施や動画教材が提供される
  • 個人面談で代表に直接相談が可能
  • コミュニティに参加できる

 

などなど、こんな感じで学習を進めていく上で挫折することが無いように、しっかりとした
サポート体制が用意されています。

リュウスケ
リュウスケ

なので、これからプログラミングを学ぶ初心者でも安心して学習に取り組むことが可能です。

学習する際には、ぜひこうしたサポートを利用しつつ学んでいくのがオススメ。

3:オンラインでの学習なので無駄なく学べる

 

RaiseTechはオンライン特化型のプログラミングスクールなので、無駄なくプログラミングを
学ぶことができるのが特徴の1つ。

なぜなら、オンラインでプログラミングを学ぶ場合は通学での学習と違って、通学の費用や
時間が掛からなくて済むから。

 

なので、オンラインで学習する場合は「教室受講の際の通学に掛かる時間」をそのまま学習に
使うことができるので学習のペースも速くなるのがメリット。

リュウスケ
リュウスケ

移動時間での学習は、落ち着いて学習することが難しいと思いますが、自宅などで学ぶ場合は落ち着いて学習することが可能。

かつ、当たり前ですが通学の際の交通費なども掛からなくて済むので、料金を安く抑えることが
できるのも嬉しい点の1つ。

この点を考えても、オンラインでの学習は無駄なく学ぶことが出来ますよね♪

4:転職・就職サポートが用意されている

 

RaiseTechは転職・就職サポートが用意されているのも特徴の1つ。

RaiseTechでは転職・就職サポートが用意されているので「プログラミングを学んで転職や
就職したい」と思っている人向けでもあります。

 

内容的にはポートフォリオを作るための学習の支援や履歴書の添削、面談のコツなど転職や
就職する際の対策を全て無料でサポートしてくれます。

リュウスケ
リュウスケ

かつ、RaiseTechの転職・就職サポートは「自社からの紹介しか受けてはいけない」みたいなルールも無いので、他社との併用も可能なのがメリット。

転職・就職サポートは無料なので「プログラミングを学んで転職・就職したい」と思う場合は、
ぜひ利用して見るのがオススメ。

サポートは、利用者に「転職や就職する意思」がある限りは半永久的に続きます。

5:無料説明会を受けられる

 

最後に、RaiseTechではお金を払って受講する前に無料説明会を受けることが可能。

なので、お金を払って利用する前に「RaiseTechはどんなプログラミングスクールなのか?」を
知ることができるのがメリット。

 

無料説明会では以下の4つについて知ることが可能になっています↓

  • IT業界の現在の状況について
  • エンジニアになるには?・キャリアの進め方
  • 自分に適したスクールや学習方法の選び方
  • RaiseTechについて(特徴・内容・受講後にどうなるのか)

 

こんな感じで「無料説明会」の名前通りRaiseTechについての説明はもちろん。IT業界の現在の
状況や自分に適したスクールや学習方法の選び方などを知ることが可能。

リュウスケ
リュウスケ

かつ、エンジニアになるには?キャリアの進め方などの説明もあるので、プログラミングに関する分野を全体的に学べる形です。

無料説明会は文字通り無料で参加することが出来るので、RaiseTechが少しでも気になるなら
参加して見るのがオススメです↓

2:RaiseTechのコース

 

次に、RaiseTechのコースを解説していきます。

RaiseTechには6種類のコースが用意されていて以下のとおり↓

  • Javaフルコース
  • AWSフルコース
  • マーケティングコース
  • フロントエンドコース
  • WordPress副業コース
  • デザインコース

 

などなど、こんな感じでプログラミングからマーケティングなど幅広い分野を学ぶことが可能に
なっているのがRaiseTechの特徴。

リュウスケ
リュウスケ

ここまで幅広い分野を学べるプログラミングスクールは少ないので、この点もRaiseTechの大きなメリット。

実際、マーケティングなどの分野までカバーされているプログラミングスクールを見ることは
ほとんどありません。

その点、幅広い分野を学べるRaiseTechの良さが際立ちますね♪

2:RaiseTechの料金

ここからは、RaiseTechの料金を解説していきます。

で、答えから書くとRaiseTechの料金プランは3つに分かれているので順に見ていきましょう♪

料金プラン1

 

まずは、料金プラン1の場合です。以下のとおり↓

適用コース
  • Javaフルコース
  • AWSフルコース
  • マーケティングコース
  • フロントエンドコース
料金 398,000円
レッスン回数 全16回 (週1回/1回あたり120分)
質疑応答時間 10:00~24:00(月曜日~日曜日)

 

料金プラン2

 

次に、料金プラン2を見ていきましょう。以下のとおり↓

適用コース
  • WordPress副業コース
  • デザインコース
料金 298,000円
レッスン回数 全16回 (週1回/1回あたり120分)
質疑応答時間 10:00~24:00(月曜日~日曜日)

 

料金プラン3

 

最後に料金プラン3です。以下のとおり↓

適用コース 受け放題コース(合計3コースを1年間受講可能)
料金 各コースの料金+50,000円
レッスン回数 全16回 (週1回/1回あたり120分)

 

※なお、受け放題のレッスン回数については省略しています。

 

3:RaiseTechの料金を割引で安くする方法

最後に、RaiseTechの料金を割引で安くする方法を解説していきます。

「そんな方法あるの?」←と思うかもですが、答えはYES。

 

RaiseTechの料金を割引で安くする方法は以下のとおり↓

  • 早割を利用する
  • 不定期のキャンペーン時に申し込む
  • 学割を利用する

 

1つずつ順番に見ていきましょう。

1:早割を利用する

 

1つ目のRaiseTechの料金を割引で安くする方法は早割を利用すること。

早割はRaiseTechの各コースを「受講する2ヶ月以上前に申し込む」ことで、料金の10%が
割引される制度になっています。

 

具体的な割引のイメージとしては以下のとおり↓

コース名 金額
  • フロントエンドコース
  • マーケティングコース
  • AWSフルコース
  • Javaフルコース
通常398,000円→358,200円
  • デザインコース
  • WordPress副業コース
通常298,000円→268,200円

 

こんな感じで、金額の10%が割り引かれます。なので、特に受講を急がない場合は「受講の
2か月以上前」に申し込むのがオススメ。

リュウスケ
リュウスケ

早割は年齢や利用するタイミングなどで左右されることのない割引なので、受講する上では知っておきたい割引ですね♪

その方が、安い料金でRaiseTechでプログラミングを学べるので非常にお得です♪

2:不定期のキャンペーン時に申し込む

 

2つ目のRaiseTechの割引は不定期のキャンペーン時に申し込むこと。

RaiseTechは不定期ではありますがキャンペーンが開催されていることがありまして、その際に
受講申し込みをすることでRaiseTechの料金が割安になります。

 

なので、RaiseTechを利用したいと思ったタイミングで割引キャンペーンが行われている場合は
キャンペーンを利用して申し込むのがオススメ。

リュウスケ
リュウスケ

その方が、RaiseTechをお得に利用することが可能になります♪

ただ、割引キャンペーン自体は不定期での開催なので常に行われているわけではありません。
そのため、受講したいタイミングでキャンペーンが行われていない可能性もあります。

割引キャンペーン自体は「あったらラッキー」程度の感覚で見ておくのがオススメです。

3:学割を利用する

 

最後に紹介するRaiseTechの割引は、学割を利用することが挙げられます。

学割は文字通り学生がRaiseTechを利用する際に使える割引でして、学生証を受講する際に
提示することで料金を学生割引価格で受講することが可能。

 

具体的な割引のイメージと金額は以下のとおりです↓

コース名 金額
  • フロントエンドコース
  • マーケティングコース
  • AWSフルコース
  • Javaフルコース
通常398,000円→238,000円
  • デザインコース
  • WordPress副業コース
通常298,000円→198,000円

 

などなど、こんな感じで学割は最低でも10万円料金を安くすることが可能になっているので、
学生にとっては非常にありがたい制度です。

リュウスケ
リュウスケ

ただ、当たり前ですが学割は学生のみが対象になっているので、社会人は利用ができませんが、学生でRaiseTechを利用する場合はぜひ利用するのがオススメ。

 

その方が料金を圧倒的に安くRaiseTechを利用することが可能です。

◆まとめ

以上が、RaiseTechの料金や割引で安くする方法についての解説でした。

もし↓

Raisetechは少しだけ気になっているんだけど、やっぱり申し込もうか迷うなぁ...。

と思っているなら、Raisetechの無料説明会だけでも受けるのがオススメ。無料説明会は
文字通り無料で受けられるのでお試し感覚で試してみるのが良いですよ♪

無料説明会を受けて「良かった」と思えば申し込めばOKです。

 

おわり

タイトルとURLをコピーしました