テックキャンプにパソコンのスペック指定はある?|レンタルMacも解説

テックキャンプ

こんにちは、リュウスケです。

今日はこんな疑問に答えます↓

プログラミングスクールのテックキャンプを利用しようか迷っています。で「テックキャンプにはパソコンのスペック指定はあるのか?」と「レンタルMacの特徴」などが気になっているので教えてほしい。

リュウスケ
リュウスケ

この記事では「テックキャンプにはパソコンのスペック指定はあるのか?」と「レンタルMacの特徴」を解説していきます。

記事を最後まで読み終えることで、テックキャンプにはパソコンのスペック指定はあるのか?と
レンタルMacの特徴を知ることが可能。

テックキャンプにパソコンのスペック指定はあるのか?や、レンタルMacの特徴を知りたい人は
ぜひ最後までお付き合いください。

1:テックキャンプにパソコンの制限はあるの?

まずは、テックキャンプにパソコンの制限はあるのか?以下の3つのコース別に解説します↓

  • プログラミング教養コース
  • エンジニア転職コース
  • デザイナー転職コース

 

1つずつ順番に見ていきましょう。

1:プログラミング教養コースにパソコン指定はあるの?

 

まず、プログラミング教養コースのパソコン指定から。プログラミング教養コースのパソコンに
関してはWindowsを
使う場合は制限がありますが、Macの場合は制限がありません。

なので、Macのパソコンを使ってプログラミング教養コースを利用する場合は、特に制限なく
自由に利用することが可能。

 

ただ、Windowsの場合はスペックに制限がありまして、詳細は以下のとおり↓

必須スペック

  • Windows 7 以上(64bit必須)
  • Intel Core i3 以上 (Celeron/Pentium/Atom/Core 2 Duoは不可)
  • メモリ4GB以上
  • デバイス空容量50GB以上
  • 購入年数3年以内

推奨スペック

  • Intel Core i7 以上
  • メモリ 8GB以上
  • SSD搭載機種

引用元→(https://tech-camp.in/specs/windows)

 

などなど、Windowsの場合はこれらの条件をクリアしたパソコンを持っている場合のみ、
利用することが可能です。

その他、推奨スペックがありますが、これに関してはクリアしていなくてもOK。ただ、学習を
進めていく上で不自由な面が出てくる可能性もあるのでクリアしているのが望ましいです。

2:エンジニア転職コースにパソコン指定はあるの?

 

次に、エンジニア転職コースのパソコン指定について。エンジニア転職コースでは、学習の際に
利用するパソコンに指定があります。

詳細はテックキャンプの公式ページ内から引用します↓

パソコンは自分で準備する必要がありますか?PCのレンタルは可能ですか?
テックキャンプ エンジニア転職で学習いただく場合は、MacのPCをご用意いただく必要がございます。お持ちでない場合は、ご購入いただくかレンタルをご検討ください。
レンタルはテックキャンプが提携しております企業様よりMacBook Air 13インチを有料で貸出しいたします※19。詳細はこちら (申し込み後にも本URLをお送りいたします。)

※ 19. PCレンタル料は割引や全額返金の対象外になりますのでご注意ください

引用元→(https://tech-camp.in/expert/faq)

 

テックキャンプの中では、エンジニア転職コースが一番パソコンの指定が厳しいですね...

OSはMac指定なのでMacのパソコンを持っていない場合は↓

  • 自分でMacのパソコンを入手する
  • テックキャンプのレンタルMacサービスを利用する

 

の、どちらかの手段でMacを手元に用意する必要があります。自分でMacを入手するのも
良いですが、
レンタルが良い場合はレンタルも可能です。

レンタルMacサービスについては後ほど詳しく解説していきます。

3:デザイナー転職コースにパソコン指定はあるの?

 

最後に、デザイナー転職コースのパソコン指定です。で、デザイナー転職コースにもパソコンの
指定はありますが、エンジニア転職コースほど厳しくはありません。

詳しくはテックキャンプの公式ページ内から引用します↓

Q
パソコンのスペックに指定はありますか?

A
現行から2つ前のバージョンまでのOS、およびメモリが8GB以上、SDD容量が128GB以上のモデルをご用意ください。※古いOSをご利用の場合、ソフトウェアとPCの相性が合わず、解決の難しいエラーが発生する可能性が高くなります。

引用元→(https://tech-camp.in/expert/designer/top)

 

などなど、こんな感じで「Windows」や「Mac」の指定はありませんが、OSバージョンが
2つ前までで、その他の条件を満たしていればWindowsでもMacでもOK。

 

なので、デザイナー転職コースを利用する場合は自分が持っているパソコンが、これらの条件を
満たしているのかチェックしておくのがオススメ。

なお、デザイナー転職コースに関してはMacのレンタルに対応していません。なので、自分でパソコンを用意して受講する形になります。

 

パソコンを持っていない場合はあらかじめ用意していきましょう。

各コースのオンライン説明会や、無料カウンセリングの申し込みは↓から可能です。

2:レンタルMacの特徴を解説

次に、テックキャンプではパソコンを持っていない人向けなどにMacをレンタルできる制度が
用意されているので、それについてを解説していきます。

1:テックキャンプのレンタルMacとは?

 

テックキャンプでは、プログラミング教養コースとエンジニア転職コースに限って、受講の
際にMacをレンタルすることが可能です。

リュウスケ
リュウスケ

特にエンジニア転職コースの場合は、Mac以外のパソコンでは受講することが出来ないので、Macのパソコンを持っていないけどエンジニア転職コースを利用したいと思っている人には嬉しい制度です。

 

そんな、テックキャンプのレンタルMacの特徴などは以下のとおり↓

項目 内容
パソコン名 Mac Book Air 13インチ
シルバー
台数 1台
貸出期間
  • 1ヶ月
  • 3ヶ月
料金(送料込み)
  • 1ヶ月:13,824円(税込)
  • 3ヶ月:32,184円(税込)
支払い方法 クレジットカード1括のみ
OS Mac OS X10.14以降~/CPU:Core i5/メモリ:8G/
SSD 128G/画面サイズ:13.3インチ
付属品 キャリングバック・マウス
注意点等
  • 成人の場合、身分証明書として運転免許証orマイナンバーカードのどちらかが必要
  • 未成年の場合は本人確認書類以外に親権者の同意書と親権者の本人確認書類が必要

 

レンタルMacのスペックや料金、注意点などはこんな感じです。プログラミングを学ぶ際のPCの
スペック的には申し分ないほどの性能ですね。

ちなみに、テックキャンプのレンタルMacは、テックキャンプの提携先の【株式会社タマヤ】という会社からレンタルする形になっています。なので、テックキャンプからMacを借りるわけではありません。

2:レンタルMacの利用方法

 

次に、テックキャンプのレンタルMacを利用する流れを解説していきます。

以下のとおり↓

  • 手順1:予約申し込みページを開く→TECH CAMP参加者様向け 申し込みフォーム|e-タマヤ
  • 手順2:必要事項を記入して申し込む
  • 手順3:受付回答と証明書提出の案内が届く
  • 手順4:証明書を提出する
  • 手順5:証明書が確認され、決済案内が届く
  • 手順6:決済手続きをする
  • 手順7:商品が出荷されて到着する
  • 手順8:レンタルで利用する
  • 手順9:レンタル終了後返却する

 

テックキャンプのレンタルMacの申し込み手順はこんな感じ。テックキャンプとは別ページから
手続きする形になるので、少し複雑ですね...。

 

なお、レンタルMacは在庫状況や申し込み情報などによりレンタルできない場合があります。
その際は、受付回答の時に「レンタルできない」的な回答が届くはずです。

なので、レンタル在庫が無い場合はMacのレンタルはできないと考えておきましょう。

注意点として、レンタルMacは受講料を支払っている場合のみ利用が可能です。かつ、途中でテックキャンプを退会した場合でも受講料は返金の対象外なので要注意。

3:レンタルMacは利用すべきか?

 

答えから言うと「パソコンを持っているけど、パソコンのスペック面の関係でテックキャンプを
利用できない
場合のみ利用すれば良い」が答えかと。

なぜなら、パソコンを持っていない場合は新しく入手すれば良いから。

 

そもそも論として、パソコンを持っていない場合でもプログラミングスクールを卒業した後は、
プログラミングをやる際には自前のパソコンが必要になるのが事実。

リュウスケ
リュウスケ

なので、遅かれ早かれパソコンの購入は必要になってくるので、それなら返却の際のデータの引継ぎが面倒なレンタルMacを使わなくても、初めから自分で入手した方が良いですよね。

 

なので、パソコンを持っていない場合はレンタルMacを使わずに、自前のパソコンを用意して
受講するのがオススメ。

ただ「Windowsのパソコンは持ってはいるけど、エンジニア転職コースのMac縛りなどで
利用できない場合」はレンタルでも良いかなと。

 

受講する間はレンタルMacを利用して、卒業した後は自前のWindowsを使えばOKなので、
その場合に関しては選択肢の1つとしてアリだと思います。

各コースのオンライン説明会や、無料カウンセリングの申し込みは↓から可能です。

3:WindowsとMacのどっちが良いの?

答えから言うと、Macの方が良いとは思いますが、どっちでもそこまで変わりません。

結論:Macの方が良いかなと思います

 

見出しの通りなんですが、どっちが良いかと言われるとMacの方がオススメ。

理由は、Macの場合Swiftの開発ができる上に、MacのOSにWindowsのOSを入れることは
できても、WindowsのOSにMacを入れることはできないから。

 

なので、その点を考えるとWindowsよりもMacOSのパソコンを選ぶのが良いかなと。

リュウスケ
リュウスケ

ただ、Windowsでも問題なくプログラミングをやることはできるのでSwiftを使う予定のない限り、今持っているパソコンがWindowsだからと言って買い替えなくてもOK。

 

そのため、Windowsでも問題ないですしパソコンのスペックが低くてもTechAcademyが
出しているパソコンの条件をクリアしていれば問題ありません。

その点を考えるとパソコンのスペックであまり悩むのも良くないのが現実です。

 

で、次にMacとWindowsそれぞれのメリットデメリットを見ていきましょう。

Macのメリット・デメリット

 

では、Macのメリット・デメリットを見ていきます。

ここで紹介していくメリットに魅力を感じた人はMacのパソコンを使ってみるのが良いかと
思うので、ぜひチェックしてみてください。

 

まずはメリットから、以下のとおり↓

  • デザインが格好いい
  • Swiftの開発ができる
  • パソコンの性能が高い
  • Windowsをインストールできる
  • 選べる種類が少ないので優柔不断な人向け

 

次にデメリットを見ていきましょう。以下のとおり↓

  • 価格が高い
  • 選べる種類が少ないので、選択肢が多い人には物足りない可能性アリ
  • ゲームの開発にはあまり向いていない(Windowsの方が良い)

 

主に価格を無視してパソコンを選べる場合や、性能が高いパソコンを使いたいと思っている
場合はWindowsよりもMacを選ぶのがオススメ。

Macの方がWindowsでは開発できないSwiftの開発ができるので、プログラミングをやる上で
自由度が高いのが嬉しい点の1つですね♪

Windowsのメリット・デメリット

 

次にWindowsのメリット・デメリットを見ていきましょう。

ここで紹介するWindowsのメリットに魅力を感じた場合はWindowsを使ってみるのが良いかと
思うので、こっちも是非チェックしてください。

 

まずはメリットから、以下のとおり↓

  • Macに比べて価格が安い
  • 種類が多いので、沢山の選択肢の中から選べる
  • ゲームの開発に適している
  • 種類が多いので、オーバースペックになりづらい

 

次にデメリットは以下のとおり↓

  • デザインでMacに比べると劣る
  • Swiftの開発ができない
  • 選択肢が多いので優柔不断な人には不向き

 

Swiftを利用しない場合は、Windowsのパソコンを使うのもアリだと思います。

リュウスケ
リュウスケ

まぁ、TechAcademyのパソコン指定の条件を満たしていればWindowsでもMacでもSwiftを使わない限りは問題ないですからね。

 

Windowsの方がMacと比べてパソコン自体の値段も安いことが多いのでパソコンに
お金をあまりかけられない場合はWindowsを選ぶのが良いかなと。

かつ、種類もWindowsの方が多いので選択肢が多い方が良い人にも、Windowsがオススメ。

 

Windowsのパソコンのメリットデメリットに関しては以上です。

◆記事のまとめ

以上が、テックキャンプを利用する際にパソコンのスペック指定はあるのか?とレンタルMacに
ついての解説でした。

もし↓

少し気になっているけど、やっぱり申し込もうか迷うなぁ...。

と思っているなら、無料カウンセリングだけでも受けるのがオススメ。無料カウンセリングは
文字通り無料で受けられるのでお試し感覚で試してみるのが良いですね♪

無料カウンセリングを受けて「良かった」と思えば申し込めばOKです。

 

おわり。

タイトルとURLをコピーしました