TechAcademy(テックアカデミー)のAIコースの特徴や料金を徹底解説

TechAcademy

こんにちは、リュウスケです。

今日はこんな疑問に答えます↓

TechAcademyのAIコースを利用しようか迷っているので、具体的なTechAcademyのAIコースの特徴や料金を教えてほしい。

リュウスケ
リュウスケ

この記事では、TechAcademyのAIコースの特徴や料金を中心に解説していきます。

記事を最後まで読み終えることで、TechAcademyのAIコースの特徴や料金を知ることが可能。

TechAcademyのAIコースの特徴や料金を知りたい人は、ぜひ最後までお付き合いください。

1:TechAcademyの特徴

始めに、TechAcademyがどんなプログラミングスクールなのかを書いていきます。

TechAcademyの特徴は以下のとおり↓

  • チャット&メンタリングで初心者でも安心できる
  • コース数が豊富&セットでお得になる
  • 学習形態:オンライン
  • 無料体験を受けられる

 

1つずつ順番にTechAcademyの特徴を見ていきましょう。

チャット&メンタリングで初心者でも安心

 

TechAcademyはチャット&メンタリングの2つでわからない点を相談することが可能
なので、初心者でも安心して学習できるサポート体制が整っています。

 

メンタリングは週に2回、1回30分プログラミング学習を進める上でわからない点がある時などに
ビデオチャットでメンターに直接相談することが可能。

ビデオチャットではプログラミング関連で聞きたいことをメンターに聞いたりできます。

 

例えばエンジニア転職の話であったり学習の上での悩みなどなど。
メンターに相談できる環境があることで安心してプログラミング学習を進められますね♪

 

かつ、メンタリング以外にもチャットを使った質問サービスも用意されています

チャットの時間は15:00~23:00まで土日祝は関係なく毎日行われているので、わからない点が
あった時にはすぐに解決することが可能。。

リュウスケ
リュウスケ

チャットで質問した場合は時間内だと、すぐに回答が返ってくるので学習で行き詰った時や解決できないエラーが出た時には非常にありがたい機能です♪

 

メンタリングとチャットの両方のサポートがあるので、初心者でも安心してプログラミングを
学習することができるのがTechAcademyのメリット。

初心者が挫折しずらくなるような仕組みが用意されているのは嬉しいですよね♪

コース数が豊富&セットでお得になる

 

TechAcademyはプログラミングスクールの中ではコースの数が多い部類に入るので、他の
プログラミングスクールに比べて、自分に合ったコースを見つけやすいのがメリット

コースの種類が多いほど自分に合ったコースが見つかる確率も上がりますからね♪

 

そんな、TechAcasemyのコース数の多さは他のプログラミングスクールと比べると一目瞭然↓

  • TechAcademy|27コース
  • Tech Camp|3コース
  • Code Camp|9コース

 

圧倒的にTechAcademyのコース数が多いことがわかります。このことから、TechAcademyの
コースの数の豊富さがわかります。

 

ちなみに、学習したいコースが複数ある場合はセットで受けることも可能。学習したいコースの
組み合わせがセットである場合はセットで受けることで、料金が万単位でお得になります

なので学びたいコースが複数あって、そのセットがある場合はセットで申し込むのがオススメ。

学修形態

 

学修形態はオンラインに特化しているのがTechAcademyの特徴です。

なので、わざわざ学習のために移動する必要が無いので、無駄なく学習することが可能。
教室型のスクールだと家から教室までわざわざ通う必要があって面倒ですよね。

 

ですが、オンライン形式の学習だとそうした移動時間は必要なく、家でプログラミングを
学習することができるので無駄がありません。

リュウスケ
リュウスケ

教室型スクールだと移動時間に使う時間も、オンラインだと不要なので、その時間をプログラミング学習に使うことができるのも嬉しい点の1つ。

 

かつ、特に今みたいにコロナが流行している状況の中ではオンラインで受講できるのは非常に
嬉しいメリットの1つです。

なお、オンライン学習の場合は良くも悪くも自由に学べます。なので、サボりがちになることもあったりするので、その点は注意が必要です。

無料体験を受けられる

 

なんと、TechAcademyでは1週間の無料体験を受けることが可能です

無料体験を受けられると、お金を払う前にスクールの雰囲気やどんな感じで学習するのかを
知ることができるので無料体験があるのは嬉しい点の1つ。

 

そんなTechAcademyの無料体験では以下の内容を学習することができるみたいです↓

  • Webサイトの仕組み
  • HTMLとは
  • CSSとは
  • JavaScriptとは
  • 変数
  • 数値計算
  • 条件分岐

 

などなど、主にWEB系のプログラミングを学ぶことが可能。これらはすべて無料体験なので、
当然ですが料金は一切かかりません。

普通に有料でもおかしくない内容なので、気になっているなら受けてみるのが良いかなと。

リュウスケ
リュウスケ

実際、全く何も知らない状態から、いきなりお金を払って申し込むよりも無料体験を受けてからの方が安心して申し込めますよね♪

なので、TechAcademyを申し込もうか迷っているなら無料体験だけでも受けるのがオススメ。
無料で受けてみて良いと思ったら申し込めばOKです↓

2:AIコースの特徴

ここからは、TechAcademyのAIコースの特徴を紹介していきます。

ただ、特徴と言っても幅広いので今回は以下の5点に分けて見ていきましょう。以下のとおり↓

  • AIコースの学習内容
  • AIコースで身に付くスキル
  • AIコースの料金
  • AIコースの向き・不向き
  • AIコースの利用条件

 

では、1つずつ順に深掘りしていきます。

1:AIコースの学習内容

 

まずは、AIコースの学習内容を紹介していきます。

AIコースの学習内容は以下のとおり↓

  • Python
  • Pandas
  • scikit-learn
  • Keras
  • TensorFlow

 

こんな感じで、AIの開発で利用されているプログラミング言語のPythonを学びつつ、その他の
Pandasやscikit-learm、keras、TensorFlorなどのAI関連のスキルを一通り学べる感じ。

なので、AIに興味がある人にとっては非常に嬉しい学習内容になっているのがメリット。

リュウスケ
リュウスケ

ちなみに、AIコースで学習するプログラミング言語のPythonはAIの開発以外にもWEBの開発で利用されている汎用性の高い言語です。かつ、難易度も低いので初心者向け。

 

Pythonは人気が高いプログラミング言語ですし、AIの発展によってこれから更にシェアが
増えていくことが予想されているので、今のうちに学んでおくと大きな強みになるかなと。

2:AIコースで身に付くスキル

 

次にAIコースで身に付くスキルを解説していきます。

AIコースでは以下のAIを実際に開発しつつ学習していくことで、さっき書いた学習内容を
習得していく感じになっています↓

  • 回帰モデルの作成
  • Amazonレビューを評価分析
  • 手書き数字の画像認識
  • オリジナルのAIの構築

 

実際にAIを開発しつつ学習することで「成果物を作成できた」という自信にもなりますし、
プログラミングを学習する上で何かを開発しつつ学ぶのは非常に効果的な学習法です。

 

なぜなら、プログラミングは目的では無く、何か目標を開発するための手段だから。

リュウスケ
リュウスケ

TechAcademyではAIの開発を目標に設定して、それを開発するための手段としてPythonを学んでAIを学んでいく感じになっているので身に付きやすいのがメリット。

 

このことからも、TechAcademyの学習内容が充実していることがわかりますよね♪

3:AIコースの料金

 

次に、多くの人が気になっているであろうAIコースの料金を紹介していきます。

AIコースの料金は学習期間によって異なっていて、詳しくは以下のとおり↓

学習期間 4週間 8週間 12週間 16週間
料金(税込)
  • 社会人174,900円
  • 学生163,900円
  • 社会人229,900円
  • 学生196,900円
  • 社会人284,900円
  • 学生229,900円
  • 社会人339,900円
  • 学生262,900円
メンタリング回数 7回 15回 23回 31回
チャットサポート 15:00~23:00(8時間) 15:00~23:00(8時間) 15:00~23:00(8時間) 15:00~23:00(8時間)
学習時間(/週) 40~50時間 20~25時間 14~18時間 10~13時間

 

学習期間は上記の4種類が選べますが、個人的には12週プランを推奨です。

なぜなら、独学で学ぶ場合でもスクールで学ぶ場合でもプログラミングに慣れるには最低でも
大体3ヶ月ほど時間が掛かるから。

 

実際に、学習の期間が4週や8週だと学習が詰め込み気味になるので挫折しやすいですし、
理解しきれない部分も出てくるので、学習期間は余裕を持っておくのがオススメ。

 

なので、その点を考えた結果12週がベストかなと。12週だと大体3ヶ月ぐらいの学習期間に
なりますし、スクールで学ぶことを加味すると丁度良いぐらいですよね♪

リュウスケ
リュウスケ

ちなみに、料金が高いと感じるなら下の記事で料金を安くする方法についても解説しているので、この記事を読んだ後にでもチェックするのがチェックすることを推奨。

 

404 NOT FOUND | ryusukeblog
このブログはブログやプログラミングに関することを中心に発信していくブログです。

4:AIコースの向き・不向き

 

次にAIコースの向き・不向きを見ていきましょう。

実際、確かにAIコースは良いコースではあるんですが、自分の学習したい分野に合ってないと
AIコースの良さが十分に発揮されません。

 

なので、ここで自分の学習したい分野に合っているかチェックするのがオススメ。

AIコースが向いている人の特徴は以下のとおり↓

  • AIに興味がある人
  • Pythonを学習したい人
  • 機械学習で起業したい人
  • AIの開発を学びたいと思っている人
  • オリジナルAIを開発したい人

 

などなど、こんな感じでAIの開発やPython、機械学習などに興味がある人にとっては非常に
適しているコースになっているかなと。

リュウスケ
リュウスケ

かつ、AIコースではプログラミング言語のPythonを学習するので、Pythonを学びたい人にも向いている印象です。

次にAIコースが向いていない人の特徴を紹介していきます。以下のとおり↓

  • AIにはあまり興味が無い人
  • スマホアプリやWEBの開発を学びたい人

 

などなど、こんな感じでAIの開発に興味が無い人やスマホアプリやWEBの開発を学びたい
人にとってはAIコースが向いているとは言えません。

リュウスケ
リュウスケ

というか、スマホアプリやWEBの開発を学びたい人にはAIコースよりも学習に適したコースがあるので、あえてAIコースを選ぶメリットも薄いのが事実。

 

なので、AIコースを申し込もうと思っていた人の中で「向いていない人の特徴」に当てはまる
部分がある際は、AIコースの学習内容が自分に合っているのか再度考えてみるのがオススメ。

5:AIコースの利用条件

 

次に、AIコースの利用条件を紹介していきます。

  • 必要なメンタリング回数をこなすことが出来る
  • 期間内に必要な学習時間を確保出来る
  • MacかWindowsのPCを持っている
  • Google Chrome を利用できる
  • PCの基本的な操作が問題なくできる

 

こんな感じでAIコースには一応利用条件が用意されていますが、そこまで厳しくは無いので
あまり気にする必要は無いかなと個人的には思います。

 

ただ、条件が用意されているのは事実なので申し込む前に一度は確認しておきましょう。

リュウスケ
リュウスケ

基本的にはGoogle Chromeを使えるWindowsかMacのパソコンがあって、メンタリングや学修にかける時間を十分に確保できて、基本的なパソコンの操作が出来る人であればOKです。

3:他のコースとの違いは?

最後によくある疑問の1つの↓

TechAcademy内にはAIコースに似ているPythonコースやデータサイエンスコースがあります。どれもPythonを学べるみたいですが、具体的な違いを教えてほしい。

 

こんな感じでTechAcademy内にあるPythonコースやデータサイエンスコースとの違いを
知りたいと思う人も
数多くいると思うので、その違いを比較していきます。

実際、これら2つのコースの学習内容も記事で解説したAIコースに似ていて、それぞれの違いが
わかりにくいんですよね...。

 

では、比較していきましょう。そんな3つのコースの比較は以下のとおり↓

比較 Pythonコース AIコース データサイエンスコース
料金(税込) 163,900円~ 163,900円~ 163,900円~
チャットの対応時間 15:00~23:00 15:00~23:00 15:00~23:00
主な習得スキル
  • Python
  • 機械学習
  • Python
  • scikit-learn
  • TensorFlow
  • Pandas
  • Keras
  • Python
  • NumPy
  • Pandas
  • scikit-learn

主な開発するプログラム

  • 画像を解析して分類
  • データから花の種類を分類
  • 住宅価格の分析と予想
  • ビットコインの価格変動を予測
  • 回帰モデルの作成
  • Amazonレビューを評価分析
  • 手書き数字の画像認識
  • オリジナルのAIの構築
    • 区間推定、仮説検定による母集団の検証
    • 住宅価格の予測
    • サッカーの勝敗予測
  • オリジナルのデータ解析
プログラミング(Python) 学べる 学べる 学べる
機械学習 学べる 学べる 学べる
ディープラーニング 学べない 学べる 学べない
評判分析 学べない 学べる 学べない
数学・統計学 学べない 学べない 学べる
モデルの構築 学べない 学べない 学べる

 

上の表を見ればわかるようにどのコースも料金は同じですが、学べる分野に違いがあります。

で、この記事で詳しく解説したAIコースは主にディープラーニングと評判分析を学ぶことが
できるのがメリット。

 

ディープラーニングや評判分析はPythonコースやデータサイエンスコースでは学ぶことが
できない分野なので、これらを学びたい人にとっては非常に適している印象。

リュウスケ
リュウスケ

かつ、記事内でも解説した通り他のコースと同じようにPythonや機械学習も学べるので、それぞれのコースの中でどの分野を重視して学びたいかを決めるのが良いかなと。

 

その中でも、ディープラーニングや評判分析を中心に学びたいと思っている人は、AIコースを
選んで学修するのがオススメです。

Pythonコースは?

 

PythonコースはPythonや機械学習に特化しているのが特徴。

他の2つのコースでもPythonや機械学習を学ぶことはできますが、PythonコースはPythonや
機械学習に特化しているのがメリットかと。

 

実際、データサイエンスコースやAIコースはデータサイエンスやAIを開発する為の一環で
Pythonや機械学習を学ぶので、Pythonに特化したPythonコースと比べると少し劣る印象。

リュウスケ
リュウスケ

逆にPythonコースの場合は、Pythonと機械学習をメインで学ぶ感じになっているので、他のコースに比べて学習内容が濃くなっているはず。

 

そのため、「Pythonや機械学習に特化してプログラミングを学びたい」と思っている人は
Pythonコースを選んで学ぶのがオススメ。

その方が学んでいくうえで得られる知識が多いかなと思います。

データサイエンスコースは?

 

データサイエンスコースはモデルの構築や数学・統計学に特化しているのが特徴。

モデルの構築や数学・統計学は他の2つのコースでは学べない、データサイエンスコースに
特化している分野なので、これらを学びたい人に適している印象。

 

なので、モデルの構築や数学・統計学を学びたいと思っている人はデータサイエンスコースを
選んで学習を進めていくのがオススメ。

もちろん、データサイエンスコースでも他のコースと同じようにPythonや機械学習も学べます♪

ただ、データサイエンスコースではディープラーニングや評判分析を学習することはできません。ディープラーニングや評判分析はAIコースのみが対象です。

 

こんな感じで3つのコースは色々と似てますが、それぞれ学習に特化した部分が異なります。

リュウスケ
リュウスケ

なので、学習する上で自分がどの部分を重視するのかを上の表を見比べてコースを選んで決めていくのがオススメ。

なお、繰り返しになりますが、記事で紹介したAIコースに関しては、ディープラーニングや
評判分析を学べるコースなので、それらに興味がある人に向いています。

 

◆まとめ

以上がTechAcademyのAIコースの特徴や料金・学習内容の解説でした。

もし↓

少し気になっているけど、やっぱり申し込もうか迷うなぁ...。

と思っているなら、無料体験だけでも受けてみるのがオススメ。無料体験だけだと、文字通り
無料で受けられるのでお試し感覚で試してみるのが良いですよ♪

無料体験を受けて良かったと思えば申し込めばOKです。

タイトルとURLをコピーしました