TechAcademy(テックアカデミー)の無料体験の内容や申し込み方法を解説

TechAcademy

こんにちは、リュウスケです。

今日はこんな疑問に答えます↓

これからプログラミングを学ぼうと思っているので、プログラミングスクールを調べていたらTechAcademyというスクールが目に留まりました。どうやら無料体験があるらしいので、無料体験の内容や申し込み方法を教えてほしい。

リュウスケ
リュウスケ

この記事では、TechAcademyの無料体験の内容や申し込み方法を、これからTechAcademyの無料体験を受けようか迷っている人向けに解説していきます。

 

記事を最後まで読み終えることでプログラミングスクールのTechAcademyの無料体験の内容や
申し込み方法を知ることが可能。

TechAcademyの無料体験の内容や申し込み方法を知りたいと思っている人は、ぜひ最後まで
お付き合いください。

 

1:TechAcademyってどんなプログラミングスクールなの?

始めに、TechAcademyがどんなプログラミングスクールなのかを書いていきます。

TechAcademyの特徴は以下のとおり↓

  • チャット&メンタリングで初心者でも安心できる
  • コース数が豊富&セットでお得になる
  • 学習形態:オンライン

 

1つずつ順番にTechAcademyの特徴を見ていきましょう。

チャット&メンタリングで初心者でも安心

 

TechAcademyはチャット&メンタリングの2つでわからない点を相談することが可能
なので、初心者でも安心して学習できるサポート体制が整っています。

 

メンタリングは週に2回、1回30分プログラミング学習を進める上でわからない点がある時などに
ビデオチャットでメンターに直接相談することが可能。

ビデオチャットではプログラミング関連で聞きたいことをメンターに聞いたりできます。

 

例えばエンジニア転職の話であったり学習の上での悩みなどなど。
メンターに相談できる環境があることで安心してプログラミング学習を進められますね♪

 

かつ、メンタリング以外にもチャットを使った質問サービスも用意されています

チャットの時間は15:00~23:00まで土日祝は関係なく毎日行われているので、わからない点が
あった時にはすぐに解決することが可能。。

リュウスケ
リュウスケ

チャットで質問した場合は時間内だと、すぐに回答が返ってくるので学習で行き詰った時や解決できないエラーが出た時には非常にありがたい機能です♪

 

メンタリングとチャットの両方のサポートがあるので、初心者でも安心してプログラミングを
学習することができるのがTechAcademyのメリット。

初心者が挫折しずらくなるような仕組みが用意されているのは嬉しいですよね♪

コース数が豊富&セットでお得になる

 

TechAcademyはプログラミングスクールの中ではコースの数が多い部類に入るので、他の
プログラミングスクールに比べて、自分に合ったコースを見つけやすいのがメリット

コースの種類が多いほど自分に合ったコースが見つかる確率も上がりますからね♪

 

そんな、TechAcasemyのコース数の多さは他のプログラミングスクールと比べると一目瞭然↓

  • TechAcademy|27コース
  • Tech Camp|3コース
  • Code Camp|9コース

 

圧倒的にTechAcademyのコース数が多いことがわかります。このことから、TechAcademyの
コースの数の豊富さがわかります。

 

ちなみに、学習したいコースが複数ある場合はセットで受けることも可能。学習したいコースの
組み合わせがセットである場合はセットで受けることで、料金が万単位でお得になります

なので学びたいコースが複数あって、そのセットがある場合はセットで申し込むのがオススメ。

学修形態:オンライン

 

学修形態はオンラインに特化しているのがTechAcademyの特徴です。

なので、わざわざ学習のために移動する必要が無いので、無駄なく学習することが可能。
教室型のスクールだと家から教室までわざわざ通う必要があって面倒ですよね。

 

ですが、オンライン形式の学習だとそうした移動時間は必要なく、家でプログラミングを
学習することができるので無駄がありません。

リュウスケ
リュウスケ

教室型スクールだと移動時間に使う時間も、オンラインだと不要なので、その時間をプログラミング学習に使うことができるのも嬉しい点の1つ。

 

かつ、特に今みたいにコロナが流行している状況の中ではオンラインで受講できるのは非常に
嬉しいメリットの1つ。

なお、オンライン学習の場合は良くも悪くも自由に学べます。なので、サボりがちになることもあったりするので、その点は注意が必要です。

 

 

2:TechAcademyの無料体験の内容は?

TechAmedemyの無料体験の内容は以下のとおり↓

  • 実用的なカリキュラムを学べる
  • ビデオチャットでメンタリング体験
  • 毎日最大8時間のチャットサポート
  • 回数無制限の課題レビュー
  • オンライン教材

 

1つずつ順番に見ていきましょう。

1:実用的なカリキュラムを学べる

 

TechAcademyの無料体験は非常に実用的な内容を学べるカリキュラムになっているのが特徴。

実際のカリキュラムの内容はこんな感じです↓

  • Webサイトの仕組み
  • HTMLとは
  • CSSとは
  • JavaScriptとは
  • 変数
  • 数値計算
  • 条件分岐

 

かつ、「天気予報を作ってみよう」←という課題を受けることも可能です。

プログラミングを学習する際は目標を設定して学習すると、身に付きやすくなります。

リュウスケ
リュウスケ

学習する言語もHTML,CSS,JavaScriptなどのプログラミング言語の中では割と簡単な分野の言語なので初心者でもつまづきにくいのがメリット。

 

簡単な言語から学べるので初心者でも安心ですね♪

2:ビデオチャットでメンタリング体験

 

次に、無料体験ではビデオチャットでメンタリング体験を受けることが可能です。

メンタリングではプログラミング学習に関するアドバイスなどをメンターから直接聞くことが
できるので、学習に関することで聞きたいことを相談することが可能。

 

実際、プログラミング学習で不明な点があった時や行き詰った時に相談することが出来る環境が
あるのは非常に大きなメリットになるかと思います。

リュウスケ
リュウスケ

TechAcademyのメンターは現役エンジニアとして活躍中の人なので、これからプログラミングを学ぼうと思っている人にとって学べる点も非常に多いはずです。

 

3:毎日最大8時間のチャットサポート

 

あと、毎日最大8時間のチャットサポートを受けられるのも無料体験の嬉しい内容の1つ。

毎日15:00~23:00の間はメンターがオンラインで常に待機しているので、学習を進める上で
わからない点や行き詰った時にはチャットで相談することが可能です。

 

TechAcademyのチャットサポートは時間内であればすぐに回答が返ってくるので、初心者でも
安心して学習することができる印象♪

無料体験の7日間はチェットサポートを受けることが可能なので、8時間×7日の合計56時間
チャットサポートを体験できます。

4:回数無制限の課題レビュー

 

さっきも書いたように、TechAcademyでは無料体験の7日間に課題が出されるんですが、
その
出された課題を提出することで課題レビューをしてもらうことが可能。

これに関しては、合格するまでは回数は無制限でアドバイスを貰えます。

 

課題のレビューをやってくれるのはプログラミングのプロなので、プログラミング初心者に
とっては非常に貴重な機会だと思って良いかなと。

リュウスケ
リュウスケ

普通にプログラミングを学んでいて、プロがレビューしてくれることは滅多に無いですからね...。

オンライン教材に設定されている課題を提出すると、プロの観点でレビューをしてもらえます。合格するまで何度でもアドバイスをもらえます。

5:オンライン教材

 

TechAcademyはオンライン特化型のプログラミングスクールなので、無料体験もオンラインで
学習する感じになっています。

なので、パソコンとインターネット環境が用意されていれば場所を問わず好きな時に教材を
見つつ学習を進めていけるのがメリット。

 

昼間は仕事などで忙しくても、時間を問わないので夜でも問題なく学習することが可能です。

教室型のプログラミングスクールだと時間に縛りがある場合が多いですが、オンラインでは
時間や場所を気にする必要が無いのが良いですよね。

 

 

3:無料体験を受ける時には何が必要?

TechAcademyの無料体験を受ける時には何が必要なのか気になっている人も多い印象なので、
一応これについても解説していきます。

で、答えから書くと無料体験を受ける際に必要な物は以下のとおり↓

  • パソコン(WindowsかMacのどちらか)
  • インターネット

 

TechAcademyは完全オンラインのプログラミングスクールなので、インターネット環境と
パソコンが用意されていればOKです。

必要な物と言ってもほとんどの人は持っていると思うので、そこまで気にしなくて良いかなと。

4:無料体験の感想・口コミ

ここからは、実際にTechAcademyの無料体験を受けた人の感想や口コミを紹介します。

では、順番に順番に見ていきましょう↓

 

 

 

 

 

 

 

 

5:無料体験はどこから申し込んだら良いの?

ここからは、TechAcademyの無料体験に申し込む方法を解説していきます。

まず、TechAcademyの無料体験の申し込みは↓のリンクから無料体験の申し込みページに
移動してください。

TechAcademy無料体験の申し込みページへ

 

移動したらこんな感じのページが表示されます。


画像出典:(https://techacademy.jp/htmlcss-trial)

 

移動したら↓みたいな感じの応募フォームが出てくるまでスクロールを進めてください。


画像出典:(https://techacademy.jp/htmlcss-trial)

応募フォームの[氏名]、[氏名(カナ)]、[メールアドレス]←のそれぞれ項目の中に内容を入力して
[勉強を始める]と書かれている緑のボタンをクリックしてください。

クリックしたら、記入したメールアドレスに無料体験に関するメールが届くはずです。

その後↓

  • メンタリング日時を決める
  • メール内のログイン画面のURLとログイン用メールアドレス、パスワードを確認する
  • ログイン画面で無料体験へログインする

 

的な流れでTechAcademyの無料体験を進めていってください。

 

まとめ

以上がTechAcademyの無料体験の内容や申し込み方法の解説でした。

 

記事内で書いたようにTechAcademyの無料体験は内容が非常に充実しているのが特徴。

これだけの学習内容を7日間無料で受けることができるプログラミングスクールは中々無いので、
無料体験を受けるか迷っているなら是非申し込んでみるのがオススメ。

 

TechAcademyの雰囲気を知ることが出来るので、非常にお得だと思います。

 

おわり。

タイトルとURLをコピーしました