TechAcademyのPHP/Laravelコースの特徴や料金・学習内容を解説します

プログラミング

こんにちは、リュウスケです。

今日はこんな疑問に答えます↓

プログラミングスクールのTechAcademyのPHP/Laravelコースを受けようか迷っているんだけど、実際のコースの特徴や料金などを教えてほしい。

リュウスケ
リュウスケ

この記事ではTechAcademyのPHP/Laravelコースの特徴や料金などを、できるだけわかりやすく解説していきます。

 

記事を最後まで読むことでTechAcademyのPHP/Laravelコースの特徴などを知ることが可能。
TechAcademyのPHP/Laravelコースが気になっている人は最後までお付き合いください。

 

1:TechAcademyってどんなプログラミングスクール?

始めに、TechAcademyがどんなプログラミングスクールなのかを書いていきます。

1:TechAcademyの特徴

 

TechAcademyの特徴は以下のとおり↓

  • チャット&メンタリングで初心者でも安心できる
  • コース数が豊富&セットでお得になる
  • 学習形態:オンライン
  • 無料体験を受けられる

 

1つずつ順番にTechAcademyの特徴を見ていきましょう。

 

チャット&メンタリングで初心者でも安心

 

TechAcademyはチャット&メンタリングの2つでわからない点を相談することが可能
なので、初心者でも安心して学習できるサポート体制が整っています。

 

メンタリングは週に2回、1回30分プログラミング学習を進める上でわからない点がある時などに
ビデオチャットでメンターに直接相談することが可能。

ビデオチャットではプログラミング関連で聞きたいことをメンターに聞いたりできます。

 

例えばエンジニア転職の話であったり学習の上での悩みなどなど。
メンターに相談できる環境があることで安心してプログラミング学習を進められますね♪

 

かつ、メンタリング以外にもチャットを使った質問サービスも用意されています

チャットの時間は15:00~23:00まで土日祝は関係なく毎日行われているので、わからない点が
あった時にはすぐに解決することが可能。。

 

リュウスケ
リュウスケ

チャットで質問した場合は時間内だと、すぐに回答が返ってくるので学習で行き詰った時や解決できないエラーが出た時には非常にありがたい機能です♪

 

メンタリングとチャットの両方のサポートがあるので、初心者でも安心してプログラミングを
学習することができるのがTechAcademyのメリット。

初心者が挫折しずらくなるような仕組みが用意されているのは嬉しいですよね♪

 

コース数が豊富&セットでお得になる

 

TechAcademyはプログラミングスクールの中ではコースの数が多い部類に入るので、他の
プログラミングスクールに比べて、自分に合ったコースを見つけやすいのがメリット

コースの種類が多いほど自分に合ったコースが見つかる確率も上がりますからね。

 

そんな、TechAcasemyのコース数の多さは他のプログラミングスクールと比べると一目瞭然↓

  • TechAcademy|27コース
  • Tech Camp|3コース
  • Code Camp|9コース

 

圧倒的にTechAcademyのコース数が多いことがわかります。このことから、TechAcademyの
コースの数の豊富さがわかります。

 

ちなみに、学習したいコースが複数ある場合はセットで受けることも可能。学習したいコースの
組み合わせがセットである場合はセットで受けることで、料金が万単位でお得になります

なので学びたいコースが複数あって、そのセットがある場合はセットで申し込むのがオススメ。

 

学修形態

 

学修形態はオンラインに特化しているのがTechAcademyの特徴です。

なので、わざわざ学習のために移動する必要が無いので、無駄なく学習することが可能。
教室型のスクールだと家から教室までわざわざ通う必要があって面倒ですよね。

 

ですが、オンライン形式の学習だとそうした移動時間は必要なく、家でプログラミングを
学習することができるので無駄がありません。

リュウスケ
リュウスケ

教室型スクールだと移動時間に使う時間も、オンラインだと不要なので、その時間をプログラミング学習に使うことができるのも嬉しい点の1つ。

 

かつ、特に今みたいにコロナが流行している状況の中ではオンラインで受講できるのは非常に
嬉しいメリットの1つです。

なお、オンライン学習の場合は良くも悪くも自由に学べます。なので、サボりがちになることもあったりするので、その点は注意が必要です

 

無料体験を受けられる

 

なんと、TechAcademyでは1週間の無料体験を受けることが可能です

無料体験を受けられると、お金を払う前にスクールの雰囲気やどんな感じで学習するのかを
知ることができるので無料体験があるのは嬉しい点の1つ。

 

そんなTechAcademyの無料体験では以下の内容を学習することができるみたいです↓

  • Webサイトの仕組み
  • HTMLとは
  • CSSとは
  • JavaScriptとは
  • 変数
  • 数値計算
  • 条件分岐

 

などなど、主にWEB系のプログラミングを学ぶことが可能。これらはすべて無料体験なので、
当然ですが料金は一切かかりません。

普通に有料でもおかしくない内容なので、気になっているなら受けてみるのが良いかなと。

リュウスケ
リュウスケ

実際、全く何も知らない状態から、いきなりお金を払って申し込むよりも無料体験を受けてからの方が安心して申し込めますよね♪

 

なので、TechAcademyを申し込もうか迷っているなら無料体験だけでも受けるのがオススメ。
無料で受けてみて良いと思ったら申し込めばOKです↓

 

2:PHP/Laravelコースの特徴まとめ

次にPHP/Laravelコースの特徴について解説していきます。

ですが、特徴と言っても幅広く種類があると思うので以下の5つの点に分けて見ていきましょう。

  • PHP/Laravelコースの学習内容
  • PHP/Laravelコースで身に付くスキル
  • PHP/Laravelコースの料金
  • PHP/Laravelコースの向き不向き
  • PHP/Laravelコースの利用条件

 

1つずつ順番にそれぞれ深掘りしていきます。

1:PHP/Laravelコースの学習内容

 

PHP/Laravelコースの学習内容は以下のとおり↓

  • HTML/CSS
  • PHP/Laravel
  • SQL
  • Git/Github
  • Bootstrap
  • Heroku

 

などなど、主にPHPを使う上で学ぶスキルが中心の学習内容になっています。

 

ですが、HTML,CSSなどフロントエンドに関する知識も同時に学べる内容になっているので、
本当に充実したカリキュラムです。

フロントエンドのHTML,CSS+サーバーサイドのPHP/Laravelみたいな感じですね。

 

特に上3つの「HTML/CSS,PHP/Laravel,SQL」←はWordPressを使う上で重要になってくる
スキルなので、PHPの魅力を生かすためにもぜひとも身に着けておきたいところ。

 

PHPを学んでいれば、自然とWordPressも理解できるようになってくるのがPHPのメリットの
1つでもあるのでここは本当に重要です。

RubyだとWordPressを扱うことが出来ませんからね。

2:PHP/Laravelコースで身に付くスキル

 

次にPHP/Laravelコースで身に付くスキルは以下のとおり↓

  • HTML/CSSの理解とコーディングスキル
  • Bootstrapを利用した効率的なレイアウト
  • Git/GitHubを利用したソースコードのバージョン管理
  • PHPの理解とプログラミングスキル
  • Laravelの理解とオリジナルWebサービスの構築

 

基本的にPHPを学んで身に付くスキルは主にはWEB開発をする上で役に立つスキルが中心。

TechAcademyではこれらのスキルを身に付けて学習の期間内に以下の3つのサービスを
開発することを目標にしています。

  • メッセージボード:メッセージのやりとりが出来る掲示板アプリ
  • Twitterクローン:Twitterと同じ機能を持たせたクローンサイト
  • オリジナルサービス:自分のアイデアをカタチにしたWebサービス

 

などなど、実際に成果物を作成しつつ学ぶのはプログラミング学習の上でも非常に効果的な
学習法なのでTechAcademyの良さが伝わるかなと。

成果物を作成していれば転職する際などにポートフォリオとして役立てることもできるので、
本当に素晴らしい内容になっていると思います。

3:PHP/Laravelコースの料金

 

PHP/Laravelコースの料金は主に学習期間によって異なります。
その、学習期間は下の4つから選ぶことが可能↓

プラン名 4週間プラン 8週間プラン 12週間プラン 16週間プラン
料金(税込)
  • 社会人|174,900円
  • 学生|163,900円
  • 社会人|229,900円
  • 学生|196,900円
  • 社会人|284,900円
  • 学生|229,900円
  • 社会人|339,900円
  • 学生|262,900円
メンタリング 7回 15回 23回 31回
チャットサポート 15:00~23:00(8時間) 15:00~23:00(8時間) 15:00~23:00(8時間) 15:00~23:00(8時間)
学習期間の目安(1週間) 40~50時間 20~25時間 14~18時間 10~13時間

 

学習期間は上記の4種類が選べますが、個人的には12週プランを推奨です。

なぜなら、独学で学ぶ場合でもスクールで学ぶ場合でもプログラミングに慣れるには最低でも
大体3ヶ月ほど時間が掛かるから。

 

実際に、学習の期間が4週や8週だと学習が詰め込み気味になるので挫折しやすいですし、
理解しきれない部分も出てくるので、学習期間は余裕を持っておくのがオススメ。

 

なので、その点を考えた結果12週がベストかなと。12週だと大体3ヶ月ぐらいの学習期間に
なりますし、スクールで学ぶことを加味すると丁度良いぐらいの学習期間になりますので。

リュウスケ
リュウスケ

ちなみに、料金が高いと感じるなら下の記事で料金を安くする方法についても解説しています。この記事を読んだ後にでも料金を安くする方法をチェックしておくのがオススメです。

 

TechAcademy(テックアカデミー)の料金は高いの?安くする方法を解説
TechAcademy(テックアカデミー)の料金や料金を安くする方法を知りたい人向け。この記事ではプログラミングスクールのTechAcademyの料金と料金を安くする方法を解説していきます。TechAcademyの料金や、料金を安くする方法を知りたい人はぜひ記事をご覧ください。

4:PHP/Laravelコースの向き不向き

 

次にPHP/Laravelコースの向き不向きについて解説していきます。

PHP/Laravelコースにも当然向き不向きはあるので、その辺を考えつつ決めるのが良いかなと。

 

まずは向いている人のタイプから、以下のとおり↓

  • PHPを学習したいと思っている人
  • WEB開発に興味がある人
  • リモートワークで稼ぎたいと思っている人
  • PHPエンジニアとして転職・独立したい人
  • プログラミングで稼ぎたいと思っている人
  • 学びたいプログラミング言語が決まっていない初心者
  • 開発したい物が決まっていない初心者

 

などなど、主に「WEB開発に興味がある」人や「プログラミングで稼ぎたいと思っている人」に
適した学習コースです。

あとは、開発したいものや学びたい言語が決まっていない人にとっても、PHPは非常に適した
言語なので、そうした人向けなコースでもあります。

 

一方のPHP/Laravelコースに向いていない人は以下のとおり↓

  • スマホアプリやAIなどの開発をやりたい人
  • WEB開発にはそこまで興味がない人
  • オンライン学習より教室などで学びたい人

 

などなど、主に「WEB系の開発には興味がない人」や「アプリの開発などの別ジャンルに興味が
ある人」などはこのコースを受けるメリットはそこまで大きくないのが本音

PHP自体がWEB以外の分野には不向きなので、そうした人は別なコースを選びましょう。

 

あと「オンライン学習ではなく教室で対面学習したい」と思っている人には完全オンラインの
TechAcademyは向いてない印象です。

5:PHP/Laravelコースの利用条件

 

PHP/Laravelコースの利用条件は以下のとおり↓

  • 必要なメンタリング回数をこなすことが出来る
  • 期間内に必要な学習時間を確保出来る
  • MacかWindowsのPCを持っている
  • Google Chrome を利用できる
  • PCの基本的な操作が問題なくできる

 

基本的にはPCを持っていて、基本的なパソコンの操作が出来ていれば問題はありません。

かつ、メンタリングの回数と学習時間を確保できるのが条件なので、その点を考えて学習時間を
確保できるように調整するのが条件です。

 

ちなみに、年齢制限などは無いので、その点は未成年でも受けられるのはメリットですね。

まぁ、利用条件はそこまで難しいものでは無いのであまり気にする必要は無いですが、忙しくて
学習時間を確保できるか微妙な人は要注意です。

 

以上がTechAcademyのPHP/Laravelコースの特徴の解説でした。

TechAcademyのPHP/Laravelコースは学習内容が充実していて、サポートも充実している
プログラミングを学ぶ上で挫折したくない初心者に最適なコースです。

 

3:WEBアプリケーションコースとの違いは?

ここまでPHP/Laravelコースの特徴や学習内容を中心に解説していきましたが、感の良い人は↓

WEBアプリケーションコースとPHP/Laravelコースは何が違うんだろう?どっちも同じWEB系の開発を学べるみたいだけど...。

 

と思う人も多いはず。

答えから言うとPHP/LaravelコースとWEBアプリケーションコースの違いは、学習する言語が
PHPかRubyかの違いで、後は大して違いはありません。

 

参考までに学習内容を比較してみましょう↓

各プラン PHP/Laravelコース WEBアプリケーションコース
学習内容
  • HTML/CSS
  • PHP/Laravel
  • SQL
  • Git/Github
  • Bootstrap
  • Heroku
  • HTML/CSS
  • Ruby/ruby on rails
  • SQL
  • Git/Github
  • Bootstrap
  • Heroku
身に付くスキル
  • HTML/CSSの理解とコーディングスキル
  • Bootstrapを利用した効率的なレイアウト
  • Git/GitHubを利用したソースコードのバージョン管理
  • PHPの理解とプログラミングスキル
  • Laravelの理解とオリジナルWebサービスの構築
  • HTML/CSSの理解とコーディングスキル
  • Bootstrapを利用した効率的なレイアウト
  • Git/GitHubを利用したソースコードのバージョン管理
  • Rubyの理解とプログラミングスキル
  • Ruby on Railsの理解とオリジナルWebサービスの構築
開発するもの
  • メッセージボード|メッセージのやりとりが出来る掲示板アプリ
  • Twitterクローン|Twitterと同じ機能を持たせたクローンサイト
  • オリジナルサービス|自分のアイデアをカタチにしたWebサービス
  • メッセージボード|メッセージのやりとりが出来る掲示板アプリ
  • Twitterクローン|Twitterと同じ機能を持たせたクローンサイト
  • オリジナルサービス|自分のアイデアをカタチにしたWebサービス

※料金は2つとも同じです。

 

こんな感じで、基本的には学習する言語がPHPかRubyかの違いです。

なので、PHPを学びたいと思っている人はPHP/Laravelコースを、Rubyを学びたいと思う人は
WEBアプリケーションコースを受けるのがオススメ。

 

この2つの言語はそこまで大きな差が無いので、正直言ってどっちを選んでも良いんですが、
個人的にはWordPressの開発ができる点からPHPを学べるPHP/Laravelコースを推奨。

リュウスケ
リュウスケ

PHPとRubyは難易度がほぼ同じ。なら、開発の幅が広がることを考えてPHPを選ぶのがボクの考えです。

 

以上がTechAcademyのPHP/Laravelコースの特徴や料金・学習内容の解説でした。

もし↓

少し気になっているけど、やっぱり申し込もうか迷うなぁ...。

と思っているなら、無料体験だけでも受けてみるのがオススメ。無料体験だけだと、文字通り
無料で受けられるのでお試し感覚で試してみるのが良いですよ♪

無料体験を受けて良かったと思えば申し込めばOKです。

 

かつ、下の記事でTechAcademyの料金を安くする方法も解説しているので、こっちも合わせて
読んでみるのがオススメです↓

TechAcademy(テックアカデミー)の料金は高いの?安くする方法を解説
TechAcademy(テックアカデミー)の料金や料金を安くする方法を知りたい人向け。この記事ではプログラミングスクールのTechAcademyの料金と料金を安くする方法を解説していきます。TechAcademyの料金や、料金を安くする方法を知りたい人はぜひ記事をご覧ください。

 

おわり。

タイトルとURLをコピーしました