WordPressでバックアップを取る方法を解説します|割と簡単

ブログ

こんにちは、ryusukeです。

 

今日はWordPressでバックアップを取ってPCに保存する方法を初心者向けにできるだけ
わかりやすく解説していきます。

 

バックアップと聞くと難しく感じると思いますがプラグインを使えばかんたんに
できるのでこの記事を読んでバックアップに挑戦してみてください。

 

1 WordPressのバックアップを取る方法

それじゃ、早速WordPressのバックアップを取る方法を解説します。

 

なお、一部のレンタルサーバー会社のプランにはWordPressのバックアップ機能が
ついている場合があります。

 

ただし、サーバー会社を過信するのも良くないと思うので個人でもしっかりバックアップを
とっておくのがおすすめです。

 

WordPressのバックアップを取る方法は以下の3つの手順で行います。

  1. BackWPupをダウンロードする
  2. BAckWPupの設定をする
  3. バックアップされたファイルを保存する

 

早速1番のBackWPupをダウンロードする方法から解説します。

 

1:BackWPupをダウンロードする

まず、WordPressのバックアップを取るにはプラグインのBackWPupを
ダウンロードする必要があります。

 

BackWPupのダウンロードは以下の手順で行ってください。

  1. WordPressの左のメニューバーの[プラグイン]にカーソルを乗せる
  2. [新規追加]をクリックする
  3. プラグインの検索枠にBackWPupと入力

 

上の手順を行うとプラグインのBackWPupが下の画像のような感じで
表示されるはずです。

 

 

上の画像のように表示されていたら[今すぐインストール]をクリックして
[プラグインの有効化]をクリックしてください。

 

そうすれば、BackWPupのダウンロードは完了です。
次にBackWPupの設定に入ります。

 

2:BackWPupの設定

ここからはBackWPupの設定をしていきます。

 

ここがBackWPupの中では一番むずかしい部分になりますが実際にこのブログの設定を
画像で貼っておくので同じように設定すればOKです。

 

まず、[BackWPup]と左のメニューバーに表示されているはずなのでそれにカーソルを
乗せてください。

 

カーソルを乗せたら次に[ジョブ]をクリックしてください。

 

ジョブをクリックしたら上部にある[新規追加]と書かれている部分をクリックしてください。

 

なお、作るファイルは2つあります。

  1. File backup
  2. Database backup

 

[新規追加]をクリックしたらまずは、1つ目のFile backupのファイルの設定を
していきます。

 

この設定をすることでテーマプラグイン画像のバックアップの設定が完了します。

 1:File backupの設定

 

はじめに、File backupの一般設定から行います。

 

File backupの一般設定は以下の画像のように設定しておいてください。

 

 

下のバックアップファイルの作成は初期設定のままでもOKです。

 

 

 

なお、アーカイブ形式が郵便番号と書かれていますがこれは「ZIP形式で保存する」の
翻訳ミスなので郵便番号で設定しておいてください。

 

 

 

以上でFile backupの一般設定は終わりです。

 

次にFile backupのスケジュールの設定をしていきます。

 

ファイルのバックアップの内容はテーマ画像プラグインのバックアップなので
週に1回バックアップを取っておけばOKなので週に1回で設定をします。

 

 

 

実行時間はあまりユーザーがサイトを見ない時間にした方が良いので深夜の3時に
指定
しておきます。  

 

上記の設定の内訳は毎週日曜日の午前(深夜)3時にテーマ、プラグイン、画像
バックアップを取るといった意味です。  

 

次にファイルのバックアップの設定をしていきます。

 

ファイルのバックアップの説明は少しややこしいので割愛します。

 

下の画像の設定のようにしておけば問題ないです。

 

 

 

ファイルのバックアップの設定は以上です。

 

ファイルのバックアップの設定が終わったら最後にバックアップを保存するフォルダーの
設定を行います。

 

ちなみに、バックアップを保存するフォルダーの設定は初期設定を変更せずに
そのままでOKです。

 

一応画像を貼っておきますね。

 

 

もう一度念のため書いておきますがバックアップを保存するフォルダーの設定は
初期設定のまま変更しないでOKです。

 

ファイルを削除と書かれている部分の意味はバックアップしたファイルの数が15
超えないようにするといった意味です。

 

バックアップしたファイルの数は15以上にすることもできますがサーバーの容量を
圧迫するので15に設定しておけばOKです。

 

バックアップを保存するフォルダーの設定が終わったらFile backupの設定は終わりです。

 

もう一回、左サイドメニューの[BackWPup]にカーソルを乗せて[ジョブ]をクリックして
File backupのジョブがあればFile backupの設定は完了です。

 

この設定を終えたことでテーマ、プラグイン、画像のバックアップを取ることが可能に
なりました。

 

次にデータベースのバックアップの設定をします。

 

この、データベースのバックアップの設定をすることで記事のデータのバックアップを
取ることが可能になります。

 

 2:Database backup

 

次にDatabase backupの設定をしていきます。

 

最初はFile backupと同じように一般設定から行います。

 

Database backupの一般設定は下の画像のように設定してください。

 

 

下のバックアップファイルの作成はFile backupと同じように初期設定のまま
変更しないでOKです。

 

 

なお、さっきのFile backupと同じようにアーカイブ形式は[郵便番号]に
設定しておいてください。

 

さっきも書きましたが郵便番号はZIP形式で保存するの翻訳ミスなのでZIP形式
保存されます。

 

 

 

以上でDatabase backupの一般設定は終わりです。

 

次にDatebase backupのスケジュールの設定をしていきます。

 

さっきも書いたようにデータベースのバックアップの内容は記事のバックアップなので
バックアップの頻度は記事を書く頻度によって変わります。

 

ただし、データベースのバックアップはあまり容量を使わないので毎日でも問題ないです。  

 

なお、ブログの更新頻度が週1~2の場合は週に1回のバックアップで問題ないです。  

 

ちなみに、このブログのデータベースのバックアップの頻度は毎日に設定しています。  

 

あとは、下の画像のように設定しておけばOKです。  

 

もし、週に一回に設定するならバックアップのスケジューラの部分の毎週と
書かれている部分をクリックして設定します。

 

 

実行時間はあまりユーザーがサイトを見ない時間にした方が良いのでFile backupと
同じ深夜3時に指定しておきます。  

 

上記の設定の内訳は毎日午前(深夜)3時にデータベース(記事)のバックアップを
取るといった意味です。  

 

スケジュールの設定を終えたら次にデータベースのバックアップの設定を行います。  

 

データベースのバックアップの設定は少し複雑でややこしいので割愛しますが
下の画像のように設定すればOKです。

 

 

データベースのバックアップの設定は以上です。

 

データベースのバックアップの設定が終わったら次にプラグインの一覧のファイルの
設定をします。

 

一応、下に画像を貼っておきますが基本的にはすべて初期設定のままで
変更しないでOKです。

 

プラグインの一覧のファイルの設定は以上です。

 

プラグインの一覧のファイルの設定が終わったら最後にバックアップを保存する
フォルダーの設定をします。

 

ちなみに、バックアップを保存するフォルダーの設定は初期設定を変更せずに
そのままでOK
です。

 

一応画像を貼っておきますね。

 

 

 

もう一度念のため書いておきますがバックアップを保存するフォルダーの設定は
初期設定のまま変更しないでOK
です。

 

ファイルを削除と書かれている部分の意味はバックアップしたファイルの数が30を
超えないようにする
といった意味です。

 

バックアップしたファイルの数は30以上にすることもできますがサーバーの容量を
圧迫するので30に設定しておけばOKです。

 

バックアップを保存するフォルダーの設定が終わったらdatabase backupの
設定は終わりです。

 

もう一回、左サイドメニューの[BackWPup]にカーソルを乗せて[ジョブ]をクリックして
database backupのジョブがあればdatabase backupの設定は完了です。

 

この設定を終えたことで記事のバックアップを取ることができるようになりました。

 

以上でBackWPupの設定は終わりです。

 

次にバックアップしたファイルをダウンロードして保存する方法を解説します。

 

3 バックアップしたファイルをダウンロードして保存する

ここからはバックアップしたファイルをダウンロードしてPCに保存する方法を解説します。

 

やっぱり、バックアップしたファイルをサーバーだけに保存しておくのはリスクが高いので
バックアップしたファイルをPCにダウンロードしておくのがおすすめです。

 

まず、バックアップしたファイルをダウンロードして保存するにはファイルの
バックアップを取る方法から解説します。

 

注 今回は手動でバックアップを取ります。その理由はすぐにバックアップのデータを
保存したいので自動バックアップの3時まで待つよりも手動ですぐにデータを
取った方が速いからです。

 

はじめに、手動でバックアップを取る方法から解説します。

 

手動でバックアップを取るには以下の手順で行います。

  1. 左メニューの[BackWPup]にカーソルを乗せる
  2. [ジョブ]をクリックする
  3. File backupにカーソルを乗せて下に表示される[今すぐ実行]をクリックする
  4. Database backupにカーソルを乗せて下に表示される[今すぐ実行]をクリックする

 

上記の手順で手動でバックアップを取ることができます。

 

次に、きちんとバックアップを取ることに成功したのかの確認をしていきます。

 

バックアップができたかの確認は下の手順で行います。

  1. 左メニューの[BackWPup]にカーソルを乗せる
  2. [ログ]をクリックする

 

バックアップのログが1つずつ残っていてステータスの部分に正常終了と表示されていれば
バックアップに成功しています。

 

バックアップに成功したらいよいよバックアップしたデータをPCにダウンロードします。

 

まずは、Database backupのダウンロードから行います。

 

Database backupのダウンロードは以下の手順で行います。

  1. 左メニューの[BackWPup]にカーソルを乗せる
  2. [バックアップ]をクリックする
  3. 容量が少ない方のファイルの方にカーソルを乗せる
  4. 下に表示される[ダウンロード]をクリックする

 

Database backupのダウンロードはファイルの容量が少ないので数秒で終わります。

 

Database backupのダウンロードが終わったらZIP形式でPCに保存されています。

 

次に、File backupのダウンロードをしていきます。

 

ここで、残念なお知らせですがFile backupのダウンロードはファイルの容量が大きすぎて
ダウンロードに失敗することがあります。

 

なぜ、ダウンロードに失敗するのか理由を書くと、たぶんBackWPupの機能に一定時間で
ダウンロードが終わらなければ強制的に終了する設定が付いているんだと思います。

 

やっぱり、ダウンロードするファイルのサイズ大きいと失敗しやすいのでBackWPupから
File backupを直接ダウンロードするのはおすすめしません。

 

なので、このダウンロードの失敗を回避するにはサーバーのFTPから直接ダウンロードを
する必要があります。

 

少し、難しいですがこの記事を読めばある程度の難易度を下げることが可能です。

 

File BackupをサーバーのFTPからダウンロードする手順は以下の流れです。

  1. FTPに入る
  2. サイトのフォルダーに入る
  3. wp-contentフォルダーをクリックする
  4. uploadsフォルダーをクリックする
  5. BackWPupのジョブ→File backup→[宛先:フォルダー]からuploads/以降の設定を調べる
  6. uploads/以降の文字をコピーする
  7. コピーした文字をFTPの検索枠にペーストする
  8. 検索して出てきたフォルダーをクリックする
  9. 容量が多い方のファイルをクリックする
  10. ダウンロードをクリックする

 

上記の手順でFile backupのバックアップを行います。

 

ちなみに、File backupは容量が多いのでダウンロードには大体1分以上はかかると
思っておいた方が良いです。

 

File backupのダウンロードが終わったらZIP形式で保存されています。

 

なお、ここからは余談ですがバックアップしてダウンロードしたファイルを
PCだけに保存するのはおすすめしません。

 

やっぱり、PCが壊れるとダウンロードしたファイルが消えてしまう可能性がありますからね~

 

さらに、運悪くPCの故障とサーバー会社のデータが吹き飛ぶ出来事が同時に重なった場合に
元に戻すことは基本的にはできません。

 

なので、外付けのハードディスクにもダウンロードしたファイルのデータを
保存しておくことをおすすめします。

 

外付けのハードディスクにデータを保存しておけばサーバー、PC、外付けHDDの3重に
データを保存することになる
ので安心ですね。

 

ちなみに、この記事を書いているryusukeはMARSHALのMini SHELTER外付け
ポータブルハードディスクドライブに保存しています。

 

 

もちろん、サーバーとPCにもデータを保存してますよ。

 

そうしておけばさっきも書いたように3重にデータを保存することになるのでデータが
消失してブログを復旧することができなくなるリスクはほぼ無くなります。

 

まとめ

 

WordPressのバックアップとバックアップしたデータをPCに
ダウンロードする方法は以上です。

 

いつもより記事が長くなりましたがこの記事をしっかり読めばWordPressの
バックアップの知識はかなり身についていますよ!

 

ブログのバックアップの設定をしたら下の記事でブログ運営に関する本格的な学習を
していって
ブログガチ勢に入ることをおすすめします!↓

 

ブログアフィリエイトをYouTube学習する際に見るべき動画8選
ブログアフィリエイトをYouTubeで学習したい人向け。この記事ではブログアフィリエイトをYouTubeで学習する際に見るべき8本の動画を、まとめて紹介していきます。ブログアフィリエイトをYouTubeで学習したいなら必読の内容かと。

 

この記事がブログのバックアップのやり方を知りたい人の参考になったら嬉しいです。

 

おわり。

タイトルとURLをコピーしました