WP Multibyte Patchの使い方と導入方法を解説【WordPressプラグイン】

WordPress

こんにちは、リュウスケです。

今日はこんな疑問に答えます↓

WordPressでブログを運営しているブログ初心者です。で、聞いた話によると、WordPressでブログを運営する際にはプラグインのWP Multibyte Patchを使った方が良いみたい。ただ、使い方と導入方法がわからないので教えてほしいです。

リュウスケ
リュウスケ

この記事では、WordPressプラグインのWP Multibyte Patchの使い方と導入方法を解説していきます。

記事を最後まで読むことで、WP Multibyte Patchの使い方と導入方法を知ることが可能。

WP Multibyte Patchの使い方と導入方法を知りたい人は、ぜひ最後までお付き合いください。

1:WP Multibyte Patchの特徴

まずは、簡単にWP Multibyte Patchの特徴を解説していきます。

1:WP Multibyte Patchってどんなプラグイン?

 

WP Multibyte PatchはWordPressを日本語対応させてくれるプラグインです。

なぜ、このプラグインを使った方が良いのか?その理由は、そもそもWordPressはアメリカで
開発されたこともあって、基本的に英語で
利用されることを想定して開発されています。

 

なので、日本語でWordPressを利用した場合に全角文字の認識のズレなどによって文字化けが
発生することがあるんですよね...。

リュウスケ
リュウスケ

ただ、WP Multibyte Patchを利用してWordPressを日本語対応させることによって、そうした文字化けを防ぐことが可能になるのがメリット。

全角文字と半角文字のバイト数などによって化けが起きないよう、うまく調整してくれるのが
WP Multibyte Patchです。

なお、もちろんWP Multibyte Patchは無料で利用できます♪

2:WP Multibyte Patchの使い方と導入方法

では、次にWP Multibyte Patchの使い方と導入方法を解説していきます。

1:WP Multibyte Patchの導入方法

 

では、早速WP Multibyte Patchの導入方法を解説していきます。

まず、そもそも論としてWP Multibyte Patchはプラグインなので、インストールしないと
利用することができません。

 

そのため、プラグインのインストールから始めていきましょう。

まずは、WordPressのサイドバーの[プラグイン]→[新規追加]をクリックしてプラグインの
新規追加画面に移動してください。

移動したら↓みたいな感じのページに移動します。

 

右上にあるプラグインの検索窓に「WP Multibyte Patch」と入力すると↓みたいな感じで
WP Multibyte Patchが表示されます。

 

上の画像の場合は、既にプラグインがインストールされ有効化しているので[有効]とありますが、
インストールされていない場合は[今すぐインストール]と表示されています。

なので、それをクリックしてプラグインをインストールしてください。

リュウスケ
リュウスケ

で、インストールしたら[プラグインを有効化]をクリックしてプラグインを有効化したら、WP Multibyte Patchのダウンロードは完了です。

 

本来であれば、有効化した後プラグインの詳細な設定に入るんですが、WP Multibyte Patchは
インストールして有効化するだけでしっかり役目を発揮してくれます。

なので、特に設定は必要ありません。有効化するだけで動いてくれるのは嬉しいですね♪

 

◆まとめ

以上が、WP Multibyte Patchの使い方と導入方法の解説でした。

この記事が「WP Multibyte Patchの使い方と導入方法を知りたい」と思っていた人の参考に
なったら嬉しいです。

 

おわり。

タイトルとURLをコピーしました